どーもです。

今更といえば今更ですが、ダンロップスポーツ「NEWゼクシオフォージド」アイアンを試打してきました。「今年はゼクシオ9の年ですよね。そろそろ発表ですか~?」なんてダンロップスポーツのスタッフさんと話をしていてふと思い出したのです。「あれっ!? そういえば、ゼクシオフォージド打ってない!!」って。そんなわけで、そのまま「試打クラブ借りられます?」ってな感じで依頼、そして試打となりました。そんなわけでレポいってみましょう。

まずは見た目から。 2014 XXIO FORGED MAIN

先代はちょっとゴテゴテした感じがありましたが、今回のモデルはすっきりした感じですね。構造的にポケキャビですが、おそらくアンダーカットキャビティにもなっていると思います。 2014 XXIO FORGED BACK

フェースはミッドラージかな。ゼクシオよりは小振りですが、先代のゼクシオに比較するとややトゥが立ったような形状に見えて、個人的には今回の顔のほうが好きですね。 2014 XXIO FORGED FACE

ソールも適度に幅が確保されていました。リーディングエッジがスッと削られているので、多少ダフり気味に入っても滑ってくれそうな感じ。 2014 XXIO FORGED SOLE

ネックはセミグースですね。先代はかなり低深重心を意識したモデルのように見えましたが、今回のゼクシオフォージドは若干重心深度が浅くなっているんじゃないかと思います。 2014 XXIO FORGED SIDE

構えてみるとこんな感じ。記憶以上にトップブレードが薄めに見えたりしましたが、自分のブログを見返してみると、シャープさは似た感じでしたわ~! 2014 XXIO FORGED TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO940GH DST」Sフレックス装着モデルの#5。スペックは、ロフト角24度、ライ角61度、長さ38インチ、総重量397g、バランスD1。シャフトスペックは、重量94g、トルク2.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

持ってみた感覚は、まずグリップが細めで重量的にもさすがに軽め。ワッグルしてみても、スチールのわりには結構しなる印象があって、ボクのスイングだとちょっと左がコワイ感じはありました。そんなイメージがありつつもガッツリ打ってみると、弾道的には想定外に問題なし!! ロフト角24度とは思えない高弾道はうれしいですね。フックも思ったほど左にいかず、耐えてくれる感じでした。フィーリング的には、打感がメチャ柔らかい部分とやや弾き感が強めに感じられるエリアがありましたが、多分ちょっと上目に当たると弾く感じだったように思いました。でも、スイートエリアは先代よりも広いかもしれませんね。ミスヒットの許容性がたかいように感じました。GST-3Bの5球平均データはHS40.7m/s、初速57.1m/s、飛距離183y、ミート 率1.40で、ベストは写真の通りでした。 2014 XXIO FORGED DATE

スカイトラックの5球データですが、今回3D画面の写真を撮り忘れていたようです。そんなわけで、各球のデータがこちら。 2014 XXIO FORGED ST DATE

【5球平均】
HS147.4km/h(40.9m/s)、初速195.4km/h(54.3m/s)、打ち出し角13.5度、バックスピン量3492.7rpm、サイドスピン-1068.8rpm、飛距離188.1y
【ベスト】
HS149.2km/h(41.4m/s)、初速199.2km/h(55.3m/s)、打ち出し角13.3度、バックスピン量3386.7rpm、サイドスピン-1208.9rpm、飛距離192.8y

打感は前述していますが、基本的には柔らかめです。でも、ちょっと上目に当たると弾き感がある感じでした。でも、出球的にはあまり影響がないというか、むしろ上目に当たっている時のほうが飛んでいるようにも感じました。

弾道はこんな感じ。

で、動画のスカイトラックデータはこちら。 2014 XXIO FORGED MST3D

弾道的には十分高弾道ですね。ロフト24度で見た目ここまで上がってくれれば安心感があります。スピン量は少なめ。適正スピン量というのが数値的によく分かっていませんが、ロフト角24度3800rpmはロースピンだと思っています。

出球傾向ですが、ボクのスイングではドロー系。基本的にはつかまりがいいですね。でも、ゼクシオほど勝手にドーンとつかまえてしまう感じではなく、気持ちコントロールできるのが最大の差でしょうね。

シャフトですが、これはさすがにちょっと物足りない感じはありました。気になったのは、やはりインパクト時のグニャリ感ですな。

続いて#7ですが、こちらのスペックはロフト角30度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量408g、バランスD1。 2014 XXIO FORGED 7I MAIN

フェース
2014 XXIO FORGED 7I FACE

構えてみるとこんな感じ。 2014 XXIO FORGED 7I TOP

弾道はこんな感じでした。

その弾道のスカイトラックデータはこちら。 2014 XXIO FORGED 7I MST3D

ロフト角30度でもこんなに高弾道!! ボク的には一切球を上げようなんて意識はありませんからね。これはしっかりクラブが球を上げてくれている結果です。これだけ上がってくれると、ロースピンでも高さで球が止まってくれそうですね。今回のゼクシオフォージドは飛距離を意識したモデルのようですが、ボクの個人的な感覚では十分飛ぶモデルだということは実感できましたね。GST-3Bの5球平均データはHS39.3m/s、初速54.6m/s、飛距離164y、ミート率1.39で、ベストは写真の通りでした。
2014 XXIO FORGED 7I DATE

スカイトラック5球データですが、こっちは3D画面アリですわ! ボクの場合、基本はやはりフックですな。 2014 XXIO FORGED 7I ST3D

各球のデータがこちら! 2014 XXIO FORGED 7I ST DATE

【5球平均】
HS145.4km/h(40.4m/s)、初速186.4km/h(51.8m/s)、打ち出し角17度、バックスピン量4620.6pm、サイドスピン-1109.1rpm、飛距離172.5y
【ベスト】
HS149.3km/h(41.5m/s)、初速191.0km/h(53.0m/s)、打ち出し角16.6度、バックスピン量4743.6rpm、サイドスピン-1320.1rpm、飛距離176.4y

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメですね。最もあいそうなのは、払い打ちのスインガーで持ち球がフェード系の方でしょうね。ある程度コントロールできるとはいえ、叩ける人だとさすがに左の不安があるのも事実ですな。実は、ボク的にはスリクソン「Z545」と競合するような感じもありました。でも、シャフトのラインアップを変えることでユーザー層を分けているように感じました。つまり、払い打ちのスインガータイプのフェードヒッターはゼクシオフォージド、ある程度振れるヒッタータイプはZ545をオススメしたい感じでしたね。見た目は別モノの両者ですが、実はかなり似たような性格なんじゃないかな・・・って。クラブの性格的には限りなくオートマチックに近いセミオートマチック系。クラブがしっかり球を上げてくれるし、つかまえてくれます。これは非常に打ちやすいアイアンだと思いますね!!

<ダンロップスポーツ「NEWゼクシオフォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=軟鉄鍛造、フェース=HT1770
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO940GH D.S.T」(S=94g/2.7、R=90g/2.9/中調子) カーボンシャフト「MX5000」(S=65g/3.9、R=62g/3.9/中調子)
■価格:スチールシャフト装着モデル8本(#5~PW、AW、SW)セット14万4000円+税、6本(#5~PW)セット10万8000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本1万8000円+税。カーボンシャフト装着モデル8本セット17万6000円+税、6本セット13万2000円+税、単品各1本2万2000円+税。