どーもです。

グローブライドのニューモデル「オノフドライバー アカ」を試打できましたので、紹介しましょう。オノフといえばクロとアカの2モデルがラインアップされていて、クロはよりアスリートゴルファーテースト、アカはアベレージゴルファーテーストのイメージでしたよね。今回試打したアカはどちらかといえばアベレージテーストモデルですが、ボクの感覚では今までのモデルよりも若干しっかり感が増したように感じました。その辺も含めレポしてみましょう!

まずは見た目から。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR MAIN

デザイン的には、冒険心ある振れるデザインですね。でも、先代もオーマークが大胆に配置されていましたが、先代はクラウンでしたな!! GLOBERIDE ONOFF AKA DR SOLE

ややシャロー気味なフェースですが、先代同様ガッツリシャローでは無いのが「赤」の遺伝子ですかね! GLOBERIDE ONOFF AKA DR FACE

ボディもシャローですね。先代よりもこのAKAは丸みが強くなっているように感じました。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR SIDE

後ろ姿です。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR BACK

構えてみるとこんな感じ。オーマークがソール後部に配置されているので、見た目は一般的な丸形クラウンモデルに見えますね。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Smooth Kick MP-515D」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角60度、長さ45.5インチ、総重量300g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量57g、トルク4.7、先中調子。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると、重量的には軽めかつグリップはやや細めな感じでしたね。ワッグルしてみると、今までのモデルのイメージではSでもかなりシャフトが柔らかめな印象が残っていましたが、今回のモデルは若干シャープさが増しているように感じました。今流行の軽硬系シャフト装着モデルのような印象でしたね。実際に打ってみると、1発でオノフ赤シリーズの遺伝子である「打ちやすさ」はしっかり継承されているのが実感できました。クラブがしっかり球を上げてくれる、球をつかまえてくれるというのは、しっかり実感できると思います。その上で今回のAKAで感じたのは、「しっかり感」ですね。言葉で「しっかり感」といってしまうと、例えば「シャフトが硬くなった」「クラブがハードになった」というようにとらわれるかもしれませんが、これまでの赤オノフのままよりシャープに振り抜けるようになったような感じでした。ボク的には手元のしっかり感があって、従来モデル以上にシャープに振りぬける印象ですね。GST-3Bの5球平均データはHS45.3m/s、初速65.8m/s、飛距離238y、ミート率1.45で、ベストは写真の通り。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR DATE

スカイトラク3Dデータがこちらですが、基本的にボクのスイングだとつかまっていますね。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR ST3D

各球のデータはこちら。 GLOBERIDE ONOFF AKA DR ST DATE

【5球平均】
HS45.7m/s、初速63.4m/s、打ち出し角13.4度、バックスピン量3015rpm、サイドスピン-528.9rpm、飛距離239.3y
【ベスト】
HS45.9m/s、初速63.7m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量2800.2rpm、サイドスピン-567.6rpm、飛距離245.8y

打感はマイルド系ですね。インパクトでボールがフェースに乗っているような分厚い感覚で、これまでの弾き系の印象とは真逆なイメージでした。ヘッド素材は同じだけど、フェースの厚さとかシャフトとの相性ですかね? 音は違和感のない中高音系ですね。

弾道はこんな感じ。

動画弾道のスカイトラックデータがこちらGLOBERIDE ONOFF AKA DR MST3D

感覚的には、まさにボクの持ち球であるハイドロー。5球平均を見てもらってもわかる通り、基本的にはボクのスイングでオートマチックにハイドローが打ちやすいモデルですね。データ的にスピン量もいい感じで、まさに理想的な弾道かもしれませんな!

出球傾向ですが、ボクのスイングでハイドロー。これはもうクラブがガッツリ球を上げてくれるし、球をつかまえてくれますが、今回のAKAで感じたのはこのつかまりのバランス感の良さですね。従来モデルは正直フックが怖かったし、実際腐れフックが出ることもありましたが、今回のAKAは腐れフックが出ないんですわ!!

シャフトですが、ボクの感覚では手元のしっかり感というか、重量感というか、従来モデルに比較すると、手元に安心感があってシャープに振れる印象でした。従来モデルよりもボク的にはシャープに振っていける印象が強かったですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで42~43m/sあたりがドンピシャだと思います。従来の赤オノフ同様打ちやすさをしっかり継承しつつ、振り感としてよりシャープに振り抜けるモデルに進化したように感じました。ボク的には、これまで試打した赤オノフの中でベストフィーリングモデル!! オススメターゲットはボディターンタイプのフェードヒッターがコアだと思いますが、ボクレベルのヒッターなら充分対象の範囲内なんじゃないかと感じました。

<グローブライド「オノフAKA」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811Ti、フェース=6-4Ti、ホーゼル=アルミ合金
■シャフト(重量/トルク/調子):スムースキックMP-515D(S=57g/4.7、SR=52g/5.2、R=47g/5.8、R2=45g/6.2/先中調子)
■価格:1本8万円+税