どーもです。

今日紹介するのは岡山のクラブメーカーURA GOLFのウッド系シリーズ「MASCLE POWER」FWです。昨日紹介したドライバーは、かなりご機嫌なモデルでしたが、そのご機嫌なままFW試打に移行すると、「ん!? やっぱり難しそうだなぁ・・・」って。でも、ドライバーも見た目は難しそうだったので、このFWも「見た目は難しそうでも、実際には打ちやすいモデルなんだろう」ってそんな感じで実際に打ってみると・・・。さぁ、レポいっていましょう。

まずは見た目から。 URA MASCLE POWER FW MAIN

精悍なブラックボディに、赤い炎(?)のような模様はドライバーと同様です。でも、ドライバーはソールのサイド面がツルッとしていましたよね。でも、このFWには凹みが設定されています。ちなみに同社のHPで確認すると、同じく凹みが設定されたドライバーもあって、そちらは「MASCLE SHARP」ドライバーなんです。これはヘッド体積420cm3モデルのようですが、ってことは、このFWは本来この「MASCLE SHARP」ドライバーに対応するモデルなんじゃないかなって。なんで、「MASCLE POWER」FWなんだろう!? URA MASCLE POWER FW SOLE

フェースはディープフェースですね。ドライバーとは印象が全く別モノですな。 URA MASCLE POWER FW FACE

コンパクトなディープボディですが・・・ URA MASCLE POWER FW SIDE

後ろ姿です。 URA MASCLE POWER FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が小さく、かなりシャープな印象です。しかも、結構ディープフェースが目立って見えませんか? 見た目は、やっぱりムズそうっす。 URA MASCLE POWER FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FW-F」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量332g、バランスD2。ヘッド体積は未発表。シャフトスペックは、重量65g、トルク3.6、先中調子でした。 URA MASCLE POWER FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースを使用。

持ってみた感覚は、しっかり重量系です。素振りしてみると、結構手元のしっかり感はありますが、ドライバーほど先が走るような感覚はなく、この辺は自分で操作する必要がありそうな感じ。実際に打ってみると、「アレレっ!?」です。ドライバーは難しそうだったけど、実際にはドーンと大きな弾道を楽しめましたが、このFWはどうやら、ボクにはそうはいかないモデルのようです。というのは、まず球が上がりません。ボクはFWが苦手ですが、最近はそこそこ克服しつつあるような手応えもあったのです。でも、PRGR「iDナブラRSツアー」といい、この「MASCLE POWER」といい、どうやらディープフェース系のFWはダメかもしれませんわ。ムキになってかなりの球数を打ってしまいましたが、それでもダメでした。まぁ、これはボクの力量の問題ですからね。GST-3Bの5球平均データはHS46.0m/s、初速63.8m/s、飛距離223y,ミート率1.38で、ベストは写真の通りでした。 URA MASCLE POWER FW DATE

スカイトラック5球の3Dデータで、 URA MASCLE POWER FW ST3D

こちらが各球のデータです。 URA MASCLE POWER FW ST

【5球平均】
HS44.8m/s、初速60.1m/s、打ち出し角9.3度、バックスピン量2872.7rpm、サイドスピン-379.5rpm、飛距離209.9y
【ベスト】
HS44.7m/s、初速62.1m/s、打ち出し角9.9度、バックスピン量3321.1rpm、サイドスピン-285.4rpm、飛距離224.8y

打感はマイルド系で柔らかめ。フィーリングは的にはドライバーと一緒ですが、いかんせん芯を食う率が低すぎですわ~

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラクデータがこちら。 URA MASCLE POWER FW MST3D

アカンわ~! ボクでは球がしっかり上がりません。低めの中弾道としておきますが、もはや低弾道かな(汗) ボクのスイングの問題でしょうが、とにかく芯を食う確率が異様に低いので、そりゃ~球も上がらないし、スピンも減りますわな~ってな感じ。でも、芯を食った感じでも、上がらないんですよね・・・

出球傾向ですが、もうムキになって振りまくってしまったせいか、ひっちゃかめっちゃか。やっちまった状態です。自分なりに芯を食った感覚で、ほぼストレートでしたが、それ以前の問題ですな。

振り感ですが、別に違和感は無いんです。ドライバーに比較すると、やや先の硬さがあるようには感じましたが、かといって、こんなに芯を食わない理由にはならないと思うんですよね。まぁ、力量不足と相性だって言い切っちゃいます!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sはほしい感じです。見た目に難しさを感じるモデルですが、結果的に、ボクにはそのまま難しいモデルという結果になりました。ん~、ディープフェースのFWに完全に苦手意識ができてしまったのだ。おそらく、ある程度左を気にせずに振っていけるモデルだと思いますが、いかんせんロクに当たっていないのであくまでも想像です。今回は、完敗ですわ・・・

<URA GOLF「MASCLE POWER」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:6▽操作性:8▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:7
■ヘッド:SUS630
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度
■シャフト(重量/トルク/調子):「FW-F」(S=65g、SR=64g/3.6、R=56g/4.6/先中調子)
■価格:1本4万5000円+税