どーもです。

URA GOLFのアイアンですが、今日紹介するのは「FGD-01フォージド」アイアンです。こちらは「タイプ1」と「タイプ2」が用意されていますが、ヘッド的には、どうやら塗装仕上げが違うだけで、スペック的には一緒のようですね。でも、今回両者を違うシャフトで試打できました。結果、シャフトによる違いが検証できましたので、その辺も含めたレポにしたいと思います。

まずは見た目からですが、こちらがタイプ1。 URA FGD01 TYPE1 MAINで、こちらがタイプ2です。 URA FGD01 TYPE2 MAINこれはもう、好みの問題ですね。ボクは無骨な感じですがタイプ2のほうが好きかな!!

以下写真はタイプ1になります。構造的にはキャビティアイアン。フェース下部バックはかなりの厚みが確保されているので、かなり低重心を意識しているようにも見えますし、おそらく打感もかなり柔らかいなんじゃないかと想像できますね。 URA FGD01 TYPE1 BACKフェースは小さ過ぎず、大き過ぎず。人によって違うかもしれませんが、ボク的には安心感とシビアさがちょうどいい感じの同居している感じでした。 URA FGD01 TYPE1 FACEソールですが、フェースの大きさを考えると、気持ち広めに確保しているようにも感じましたね。 URA FGD01 TYPE1 SOLEネックはセミグース。こうやってみると、深重心も意識しているのかなって!? URA FGD01 TYPE1 SIDE構えてみるとこんな感じ。ややトゥ・ヒール方向に長めにも見えますが、いい顔していますわ~!URA FGD01 TYPE1 TOP今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角60.5度、長さ37インチ、総重量419g、バランスD2。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

重量的には、ボクにはやや軽め。ワッグルしてみると、いかにもNSらしいしなり感がありますが、気になるのはインパクトであのグニャリ感があるのかどうかですね。でも、安心感のある顔つきなので、気持ちよく振れそうな印象でした。実際に打ってみると、これはいい感じの高弾道ですわ!! クラブがしっかり球を上げてくれるし、いい感じに球もつかまえてくれる感じでした。つかまりに関して、決してオートマチックにつかまりすぎない印象が、フッカーのボクには好印象でしたね。かといってフェードヒッターやスライサーにとってつかまらないという感じもないと思います。感覚的には払い打ちでも球が上がって、いい感じにつかまる感じだと思います。昨日紹介したMG01と性格的には似ていますが、フィーリングが全くの別モノですね。GST-3Bの5球平均データはHS37.6m/s、初速52.3m/s、飛距離157y、ミート率1.39でベストは写真の通りでした。 URA FGD01 TYPE1 DATEスカイトラック5球のデータで、 URA FGD01 TYPE1 ST3Dこちらが各球のデータ。 URA FGD01 TYPE1 ST【5球平均】
HS40.2m/s、初速51.5m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量5151.0rpm、サイドスピン-963.9rpm、飛距離167.7y。
【データ】
HS40.6m/s、初速52.0m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量5302.6rpm、サイドスピン量-963.9rpm、飛距離170.2y

ちなみに、タイプ2には「プロジェクトX 5.5」が挿入されていました。スペックは、長さが36.75インチ、総重量434g、バランスD2。シャフトスペックは、重量107 g、トルク未確認、元調子。

こちらを実際に打ってみると、NSPRO950GHのタイプ1よりもわずかに弾道の高さが抑えられ、スピン量も少ないような弾道に見えましたね。フィーリング的にもシャフトのフィーリングの違いで、ボクはNSのほうが全体的にしなるように感じました。その辺が打ち出し角の違いでも出たんじゃにないかと思います。GST-3Bの5球平均データはHS38.1m/s、初速53.6m/s、飛距離161y、ミート率1.40で、ベストは写真の通りでした。 URA FGD01 TYPE2 DATEそしてスカイトラックの5球データですが、 URA FGD01 TYPE2 ST3Dこちらが各球のデータです。 URA FGD01 TYPE2 ST【5球平均】
HS40.2m/s、初速51.6m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量4395.7rpm、サイドスピン-1712rpm、飛距離167.1y
【ベスト】
HS40.2m/s、初速51.5m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量4482.4rpm、サイドスピン-1528,2rpm、飛距離169.2y

データを見る限りですが、プロジェクトX5.5装着のタイプ2のほうが弾道は気持ち低め、そしてバックスピン量も少なめだけど、サイドスピンが多めの結果になっていました。

打感は共に柔らかく、フェースに吸い付くような感じでした。ただし、NSPRO950GH装着のタイプ1のほうがやはりインパクトで若干グニャリとしてあの感覚が・・・

タイプ1の弾道はこんな感じ。
そのスカイトラックデータがこちら。 URA FGD01 TYPE1 MST3Dそしてタイプ2の弾道がこちら。
そのスカイトラックデータです。 URA FGD01 TYPE2 MST3D弾道は共に何球か打ったベストボールですが、ベストボールを選択するとほぼ一緒になるもんですな!! って、自分の頭の中にある弾道を追いかけるから、そういう結果になるんでしょうね。弾道的には高弾道で、スピン量はやや少なめな傾向でしょうね。

出球傾向ですが、ボクのスイングではいずれのシャフトでもドロー系。でも、平均値を取ってみると、ライフルのほうが曲がりは大きめという結果でした。この辺は重量の総重量の違いも関係していそうですけど。

今回ボクが試打した限りでは、ヘッド自体は低深重心を意識してオートマチック系で打ちやすいモデルだと思います。その上でNSPRO950GHを合わせてモデルでHS40~42m/sあたり、プロジェクトX5.5を合わせたモデルとHS43~45m/sあたりにオススメですね。基本的には打ちやすさを意識したモデルで、払い打ちでもしっかり球が上がるモデルですね。操作性というよりは、どちらかといえば扱いやすさを意識したモデルなので、使い手を選ばないオールラウンダーなアイアンだと思います。

<URA GOLF「FGD-01フォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■価格:「タイプ1」ヘッド単体セット(#5~PW)7万7760円、単品(#4)1万2960円。「タイプ2」ヘッド単体セット(#5~PW)9万720円、単品(#4)1万5120円 ※価格は税込