どーもです。

今日紹介するのは、URA GOLFのプロトタイプアイアンで、その名も「プロト」アイアン!! 名匠・千葉文雄氏監修によるプロトアイアンのようですが、もう見た目の第一印象は「無骨」そのもの!! 荒削りなブラスト仕上げが、なんともいえないカッコ良さを演出しています。個人的にはこういう無骨さも好きなんだねぇ~。というわけで、果たしてボクに打てるか? レポしていましょう。

まずは見た目から。 URA PROTO MAIN構造的にはキャビティアイアンです。バックフェースは結構厚みがキープされているので、これはもうマイルドな打感なんでしょうね!! URA PROTO BACKフェースはこれまでのモデルよりもひとまわりコンパクトなモデルになっていました。そして、フェースまでブラスト加工されているとは・・・ URA PROTO FACEソール幅はこのコンパクトフェースにしてはやや広めかな。URA GOLFのアイアンは、傾向としてソール幅がやや広めの傾向が強いですね。 URA PROTO SOLEネックはセミグースですね。これもURA GOLFの傾向ですかね!? URA PROTO SIDE構えてみるとこんな感じです。いや~、なかなかのコンパクトフェースですが、いい顔していますわなぁ~! 問題は打てるかどうかですが・・・ URA PROTO TOP今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200装着モデルの#7。スペックは、ロフト角33度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量443g、バランスD2。シャフトスペックは、重量118g、トルク未確認、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

重量的には、まずまずの重量級ですね。素振りしてみても、いい感じにヘッドの重みを感じます。実際に打ってみると、さすがにややシビアさもあるかなぁ・・・って。見た感じでは低重心を意識したモデルのようにも見えますが、思ったほどクラブが勝手に球を上げてくれる訳ではなさそうにも感じました。やっぱり「シビアさもあるな・・・」ってのは本音ですね。スピン量が少なめなイメージですが、決してガッツリ球が上がるわけではないということは、単純に低重心化だけを意識したモデルではないということかもしれませんね。それともボクが軽くトップ気味だったのか? もし軽くトップ気味に入っているとしたら、それはそれで、このコンパクトヘッドのわりにはミスヒットの寛容性が高いということにもなります。でも、ボクの手応え的にはまずまずの感じだったのですが・・・。GST-3Bの5球平均データはHS38.7m/s、初速52.8m/s、飛距離158y、ミート率1.36で、ベストは写真の通りでした。 URA PROTO DATEスカイトラックの5球データで、URA PROTO ST3D各球のデータはこちらです。 URA PROTO ST【5球平均】
HS39.9m/s、初速51.1m/s、打ち出し角16度、バックスピン量4585.4rpm、サイドスピン-1474.3rpm、飛距離165.5y
【ベスト】
HS40.5m/s、初速51.9m/s、打ち出し角16度、バックスピン量4616.8rpm、サイドスピン-1356.2rpm、飛距離170.4y

ん~、スカイトラックのデータ的にはミート率1.28かぁ・・・。やっぱり、トップ気味に入っていたのかな!?

打感は、想像通りのマイルド系。フェースに吸い付くような分厚い打感がメチャ気持ちいいですね。音もパシャっと軽快なシャッター音!! フィーリングはかなりいいっすね!

弾道はこんな感じ。
そのスカイトラックデータです。 URA PROTO MST3D高さ的にはやや高めの中弾道かな。想像以上にドーンと上がる感じでは無かったように思います。スピン量もやや少なめな強弾道イメージですね。

出球傾向ですが、ボクのスイングだとやや強めのドロー。多分、重心距離が短めなので、ボクのスイングだとフェースの開閉が大きめになって、サイドスピンが多めにかかっちゃっているのだと思います。このフェースコントロールができたら、楽しそうなアイアンですね!!

振り感は、重量級のわりには振り遅れることなくシャープに振れるような感じですね。やはりダイナミックゴールドは切り返しでクッと手元がしなる感じが独特ですね。ある程度パワーは必要かもしれませんが、ボクはこのクッから先でシャフトのしなやかなしなりを感じつつシャープに振れるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS45m/sは欲しい感じですかね。これまでに紹介した「FGD-01」「FGD-02」に比較すると、この「プロト」アイアンは確実に操作性が高いモデルだと思います。見た目通りのシビアさはあるかもしれませんが、かといって、「こりゃ~シビア過ぎてムリ!!」といった感じは無かったです。多少芯を外しても、それなりにクラブがミスをカバーしてくれる安心感があります。そういう意味では、例えば「80台を出したい!!」などステップアップを目指すウェポンとして選びたいですね。これは、使い手を育ててくれるアイアンかもしれません。あとは、その希少性から「所有欲」を満たしてくれそうなので、人と違うクラブを持ちたいというこだわりゴルファーにもオススメですね!

<URA GOLF「プロト」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■価格:ヘッド単体セット(#5~PW)12万3120円、単品(#4)2万520円 ※価格は税込