どーもです。

PINGの注目ニューモデル「GMAX」「iアイアン」のモデルを試打できました。「GMAX」はすでに赤羽ゴルフ倶楽部のラウンドでも実践投入で使用。熱中症気味で上がり4Hボロボロでしたが、それまではなかなかの攻撃力を実感しています。その辺も踏まえ、スカイトラックのデータ計測も含めいつも通りの試打をしてきましたので早速いってみましょう!

まずは見た目から。PING GMAX MAINバックフェースの丸い形状が確認できると思いますが、これがGMAXのポイント。「コア・アイ・テクノロジー」と命名された新技術で、GMAXはPING史上初のフェースがたわむぶっ飛びアイアンとして誕生したようです。PING GMAX BACKフェースはミッドラージですが、トゥ・ヒールに長めな顔つきです。これは払い打ちでも球が上がりそうな顔つきかな!PING GMAX FACEソールはセミワイドですね。リーディングエッジトレーリングエッジあたりが微妙に削られているので、実際の接地面積はそれほど広くなく抜けは良さそうかな。PING GMAX SOLEネックはグースネック。この辺はPINGの遺伝子ですかね。形状的にも低深重心モデルだって視認できます。PING GMAX SIDE構えてみるとこんな感じ。見た目的にもロフトが立っているのがわかると思いますが、それでもトップラインの厚さやフトコロの深さなどもあって、打ちやすさを演出していますね。PING GMAX TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「CFS J50」Sフレックス装着モデル#5のブラック。スペックは、ロフト角24度、ライ角60度、長さ38.25インチ、総重量355.5g、バランスC8。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.5度、中調子。PING GMAX SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

これまではスチールシャフトモデルを試打してきたので、今回カーボンシャフトモデルを試打してみましたが、重量的には軽め。でもワッグルしてみると、思った以上にしっかり感というか、シャープに振れる印象でした。実際に打ってみると、かなりの弾き感でいかにも初速が速くスピン量も少なめな感じです。前回実践試打したのはNSPRO MODUS3 TOUR 105Sだったと記憶していますが、さすがにしなり感はそれよりも強めですね。でも、クセがなくしなる感じ。弾き感はシャフトの相性かもしれませんが、少なくともスチールのほうがもっと粘り感があったかな。今回試打したカーボンの方が、若干球離れが速いイメージでした。GST-3Bの5球平均データはHS41.6m/s、初速57.6m/s、飛距離185y、ミート率1.38で、ベストは写真の通りでした。PING GMAX DATEスカイトラックの弾道データはこんな感じで、PING GMAX ST3Dこちらが各球のデータです。PING GMAX ST【5球平均】
HS41.3m/s、初速55.2m/s、打ち出し角12.3度、バックスピン量3835.9rpm、サイドスピン-1248.8rpm、飛距離186.7y
【ベスト】
HS41.6m/s、初速55.6m/s、打ち出し角12.9度、バックスピン量3683.9rpm、サイドスピン-1315rpm、飛距離190.8y

打感は前述通りなのでここでは割愛。

弾道はこんな感じ。
そのスカイトラックデータはこんな感じでした。PING GMAX MST3D弾道的には、高弾道ですね。バックスピンは少なめですが、サイドスピンはちょっと多め。ボクのスイングはフェースの開閉が大きめということも要因だと思いますが、でも、他のクラブと比較してもつかまりがよくなっているということかなぁ~とか思ったりしています。

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドローというかフックというか(汗) 実際の見た目では、そんなに曲がっているように感じていない自分がコワイですわ~!

振り感ですが、さすがにスチールよりはしなり感がありますね。でも、結構シャープに振れる感じ。しかも、パチンと弾き感が強いので、印象的にぶっ飛んでいるように感じさせてくれるアイアンでしたね。

続いて#7ですが、こちらはスチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR 105」Sフレックス装着モデルです。スペックはロフト角30.5度、ライ角61.88度、長さ37インチ、総重量413.5g、バランスD0。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、手元調子です。PING GMAX 7I MAINフェースPING GMAX 7I FACE構えてみるとこんな感じ。PING GMAX 7I TOP

弾道はこんな感じで
そのスカイトラックデータがこちらでした。PING GMAX 7I MST3D

打感などフィーリングは、カーボン同様やや弾き感強めなイメージですが、気持ちスチールのほうが粘ってくれそうな感じもありました。#5を打つ限り、結構つかまりがいいモデルに感じましたが、この#7はさらにつかまりのよさが強調された感じですね。ボク的には若干カットするようなイメージでいい感じでした。GST-3Bの5球平均データはHS38.4m/s、初速53.9m/s、飛距離162y、ミート率1.40で、ベストは写真の通り。PING GMAX 7I DATEスカイトラック計測弾道データはこちらで、PING GMAX 7I ST3Dその各球データはこんな感じでした。PING GMAX 7I ST

今回ボクが試打した限りでは、カーボンシャフト装着モデルHS40~42m/sあたり、スチールシャフト装着モデルで42~43m/sあたりにオススメですね。基本的性格的にはオートマチック系モデルで、最もオススメしたいのはボディターンタイプのスライサーですね。セットとしてもオススメですが、個人的には#4、#5あたりをUT代わりの単品で仕込んでもおもしろいと思います。ビギナーやアベレージゴルファーにとってはもちろんですが、中・上級者にとっても使い勝手がいいので、もしかしてあらゆるゴルファーのかゆいところに手が届くアイアンなんじゃないかな!?

<ピン「GMAX」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:17-4ステンレススチール
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.9、R=95g/2.0/中調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR105」(X=112g/1.6、S=106.5g/1.7、R=103g/1.9/手元調子)、「同120」(X=120g/1.6、S=114g/1.7、R=111g/1.8/中・手元調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=118g/1.6/手元調子)。カーボンシャフト「CFS J50」(S=50g/4.5/中調子、SR=48g4.6/先中調子、R=44g/4.0/先調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル1本1万6000円+税。カーボンシャフト装着モデル1本1万9000円+税。
■発売予定日:2015年9月4日