どーもです。

今日紹介するのは、ツアーエッジ「EXOTICS E8」シリーズのFWです。昨日紹介したドライバーはなぜかイマイチ芯を食わず、ボクの力量不足を露呈しましたが、ぶっちゃけ今日紹介するFWのほうがさらにヤバイ結果となりました。元々FWがヘタクソという要因が強いのでしょうが、このFWはホント情けないくらいに芯を食わなかったっす。そんなレポですが・・・

まずは見た目から。TOUR EDGE E8 FW MAINデザイン的にはドライバーと一緒ですね。ソール中央部の「X」ウエートが可変式なのも一緒でした。TOUR EDGE E8 FW SOLEフェースはいい感じかな。シャローでも、ディープでもなく、ちょうど中間ってな感じ。TOUR EDGE E8 FW FACEボディはシャロー気味ですよね。なんで、これで打てなかったのだろう・・・TOUR EDGE E8 FW SIDE後ろ姿です。TOUR EDGE E8 FW BACK構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめなので、見た目では決して難しいイメージはないんですけどね。TOUR EDGE E8 FW TOP今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUJIKURA EXOTICS PRO62」Sフレックス装着モデルの3W。スペックはロフト角15度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量329g、バランスD2。ヘッド体積は不明。シャフトスペックは、重量62g、トルク4.5、先中調子です。TOUR EDGE E8 FW SHAFT試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

重量的には、ドライバー同様なぜか重量よりも軽いようなイメージでしたね。素振りしてみた感じでは、別に違和感があるわけでも、変な動きをするような気配は無いんですけど・・・。実際に打ってみると、あくまでもボクの場合ですが、ドライバー以上に芯を外すことが多かったんですよね。これもムキになって球数を打ってしまいました。しかも、打球シールを貼って打点を確認しましたが、やはりドライバー同様フェース下目に当たっているのですが、ドライバーはほぼセンター下部だったのに対し、FWはもうトゥ側もヒール側もなんでもアリの無法地帯状態。ここまで来ると、これはクラブとの相性問題ではなく、ボクの腕の問題ですな。ぶっちゃけへこみましたわ。GST-3Bの5球平均データはHS41.0m/s、初速63.1m/s、飛距離220y、ミート率1.54で、ベスト写真の通り。GST-3Bのデータは決して悪くないのですが・・・TOUR EDGE E8 FW DATEスカイトッラクの5球データはバッラバラ!!TOUR EDGE E8 FW ST3D各球データも芯を食っていないので全然飛距離ででていませんわ~!!TOUR EDGE E8 FW ST【5球平均】
HS43.5m/s、初速58.5m/s、打ち出し角10.9度、バックスピン量3066.6rpm、サイドスピン-354.2rpm、飛距離208.6y
【ベスト】
HS43.4m/s、初速60.4m/s、打ち出し角11.7度、バックスピン量3324.8rpm、サイドスピン-237.9rpm、飛距離221.0y

打感は弾き系で、感覚的に昨日紹介したドライバーと一緒ですね。

弾道はこんな感じ。
そのスカイトラックデータです。TOUR EDGE E8 FW MST3D結構ムキになってこのFWだけで20~30球は打ってしまったのですが、その中でもよかった1球でもこんな感じ。そこそこの手応えですが、それでもミート率1.39ですからね・・・。基本的にはドライバー同様ロースピンモデルだと思いますが、下目にヒットしているから余計にスピン量が少ないのかな。

出球傾向ですが、ボクのスイングで右にドーン!! サイドスピンも少ないので、曲がりは少なそうですが、右にドーンを意識してフックってな感じはドライバーよりもあったかも。

シャフトですが、これもドライバー同様違和感はないのに、なんで芯を食わないのかが不思議なんです。打ち出し角が低いってコトは、アッパー気味に入っているのかな!?

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sあたりにあうと思います。ボク的には全然打てなかった屈辱のモデルでもあり、果たしてこれがどんな人にあうのかがハッキリわからん状態です。敢えて自分の腕前を棚に上げて「あう」「あわない」だけでいっちゃえば、ボクは「あわない」としかいいようがない結果になってしまいました。ぜひ、このEXOTICS E8のドライバー&FWを試打した人は、感想をきかせて欲しいですね。僕自身参考にしたいので、ぜひコメントをお願いします!!

<ツアーエッジ「EXOTICS E8」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:7▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=450スチール
■ロフトバリエーション:#3=13度/15度、#4=16.5度、#5=18度、#7=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):FUJIKARA EXOTICS PRO62(S=62g/4.5/先中調子)、同57(R=57g/4.0/先中調子)
■価格:1本4万4000円+税
■備考:#3(15度)、#5は左用あり