どーもです。

PRGRのニューモデル「スーパーegg」(以下金egg)シリーズを試打できました。既成概念を打ち破るということで誕生したeggシリーズですが、今回のニューモデルは「高反発」という形で既成概念を破ってきました。ちなみに、ルール適合モデルもありますが、そちらは後日紹介しますのでしばしお待ちを!! というわけで、まずはドライバーから紹介してみましょう。

まずは見た目から。PRGR GOLD EGG DR MAINブラックボディが精悍ですね。トゥ側バックに金色のエンブレムが配置されていますが、この金色のエンブレムが高反発の印になっています。PRGR GOLD EGG DR SOLEフェースはラージフェースですね。センタートップのラウンドが強めなのが特徴かな。ちなみに、限界薄肉にすることで高反発フェースになっているようです。PRGR GOLD EGG DR FACE結構ディープなボディですね。クラウンに段差がありますが、「パワーフランジ構造」と命名されています。このパワーフランジ構造によってフェース全体が大きくたわむようになっていました。PRGR GOLD EGG DR SIDE後ろ姿です。PRGR GOLD EGG DR BACK構えてみるとこんな感じ。意外とクラウンの投影面積が小振りになっているように感じました。PRGR GOLD EGG DR TOP 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-40」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.75インチ、総重量284g、バランスD0。ヘッド体積は460cm3。シャフトスペックは、重量45g、トルク6.6、元調子。PRGR GOLD EGG DR SHAFT試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

重量的にはさすがに軽めですが、まぁ、狙いはHS40m/sあたりでとにかく飛ばしたいという人向けでしょうから、高反発設定も含めその辺は割り切ったスペックだと思います。ワッグルしてみると、意外と手元剛性があったように感じました。いつも通り打っても仕方が無いので、今回はHS40m/sを意識して試打してみました。感覚的には、やはり弾き感が強いような手応えはありましたね。でも、シャフトが粘ってボールを前に出してくれるようなイメージでした。ボク的には、むしろゆっくり振るほうが難しく、若干ミート率が悪かったような印象も正直ありましたが、GST-3Bの5球平均データはHS39.0m/s、初速55.6m/s、飛距離193y、ミート率1.42で、ベストは写真の通りでした。PRGR GOLD EGG DR DATEスカイトラックの弾道は以下の通りで、PRGR GOLD EGG DRIVER ST3D各球のデータは以下の通りでした。PRGR GOLD EGG DR ST
【5球平均】
HS40.4m/s、初速53.6m/s、打ち出し角13.7度、バックスピン量2997.5rpm、サイドスピン量-116.8rpm、飛距離191.1y
【ベスト】
HS41.4m/s、初速55.3m/s、打ち出し角13.4度、バックスピン量2595.6rpm、サイドスピン-111.3rpm、飛距離199.1y

打感は弾き系ですね。球離れが速いイメージですが、ゆっくり振っている限りでは、フェースがポ~ンとボールを前に運んでくれる感じですね。

弾道はこんな感じ。 そのスカイトラックデータがこちらです。PRGR GOLD EGG DR MST3D SLOW弾道的には中弾道イメージ。出球的にもややフェードしているように見えますが、これはゆっくり調整しているからかもしれませんね。 そんなわけで、この際ドーンと打ってみました!! その弾道がこちらで、 そのスカイトラックデータがこちら。PRGR GOLD EGG DR MST3D FAST

ヤベェ~!! メチャ、飛んでる!!!!!

超高弾道イメージでしたが、それでも14度なんだ・・・。スピン量少なめで、メチャ直進性が高いっすね。これぞ、高反発の実力か!?

出球傾向ですが、ボクのスイングだとゆっくりめはややプッシュアウト気味でした。高反発の効果なのかは不明ですが、とにかくサイドスピンが減って直進性が高いっすね。

シャフトですが、前述通り意外と手元のしっかり感があって、ムチのように全体がしなる感じ。ガッツリ振ってみて思ったのですが、実はボクのスイングタイミングにあっているのか、もうメチャクチャムチのようにヘッドが走る感じでしたね。意外と先端の捻れ感もないので、多少芯を外しても前に持って行ってくれそうなのもいいですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにオススメ。正直このスペックが振れれば、ルール適合モデルでも充分カバーできそうな気配はありました。スペック的には、「M-35」「M-37」あたりが必要とされるターゲットのボリュームゾーンになるんじゃないかと思いました。でも、ガッツリ振ってみて感じたのは、やはり飛距離的メリットはありそうかな・・・と。

もちろん、スイングによって必ずしも「高反発=飛ぶ」ではないかもしれませんが、「高反発=飛ぶ」の公式が成り立つ可能性は高いと思います。ぜひ使って欲しいのは、高反発を使うことで飛距離を取り戻し「またゴルフやってみようかな!!」と思える人ですね。

<PRGR「スーパーegg」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点) ▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1Mo)、フェース=チタン(DAT55G)
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-40」(SR=45g/6.6/元調子)、「M-37」(R=44gg/6.8/元調子)、「M-35」(R2=42g/6.7/元調子)、「M-30」(L=41g/6.7/元調子)。
■価格:1本10万円+税
■発売予定:2015年10月上旬