どーもです。

PRGRのニューモデル「NEW egg(赤エッグ)」シリーズを試打できました。試打できたのは、ドライバー、FW、UT、アイアンと一応すべてのモデルを打ちましたので、順番に紹介していきたいと思います。昨日まで紹介した「金エッグ」はルール適合外の高反発モデルでしたが、今日から紹介する「赤エッグ」は適合モデルです。では、まずはドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。PRGR RED EGG DR MAIN

ソールデザインはスッキリ系ですね。トゥ・ヒール側の後部がスッキリした感じになっていました。PRGR RED EGG DR SOLE

フェースはかなりのラージフェース。特にトップラインがギュンと盛り上がった感じが特徴的ですね。ちなみに、「BIG FACE設計」と命名されていましたが、顔がデカいボクとしては他人とは思えないシンパシーが・・・wPRGR RED EGG DR FACE

「金エッグ」ドライバー同様クラウンの段差(パワーフランジ構造)が設定されていますが、その幅が広く設定されていました。また、段差角もより緩やかになっていて、フランジが広くたわむことで高打ち出しを実現しているようです。PRGR RED EGG DR SIDE

後ろ姿です。PRGR RED EGG DR BACK

構えてみるとこんな感じ。ややコンパクトな印象を受けますね!!PRGR RED EGG DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-43」装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59度、長さ45インチ、総重量302g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは重量54.0g、トルク6.4、中調子です。PRGR RED EGG DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

重量的には軽めですね。構えてみて、「おっ!? 短っ!!」って! 「金エッグ」を打ったあとだったいうこともありますが、45インチって久し振りに振ったような気がします。 後で確認してわかりましたが、どうやらこれは重ヘッドを振り切れるようにするために、45インチ設定でカウンターバランスにしているようです。何はともあれ実際に打ってみると、いいっすねぇ~!! 高弾道で、メチャ直進性が高いっす。そもそも歴代エッグはスピン量少なめで直進性が高いのがその魅力でしたが、その遺伝子はしっかり踏襲されているようですね。GST-3Bの5球平均データはHS44.8m/s、初速65.8m/s、飛距離238y、ミート率1.46で、ベストは写真の通りでした。PRGR RED EGG DR DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、PRGR RED EGG DR ST3D

各球のデータはこちら。PRGR RED EGG DR ST

【5球平均】
HS45.9m/s、初速63.6m/s、打ち出し角11.1度、バックスピン量3243.4rpm、サイドスピンー291.5rpm、飛距離235.8y
【ベスト】
HS45.8m/s、初速63.5m/s、打ち出し角12.2度、バックスピン量3446.7rpm、サイドスピンー197.2rpm、飛距離237.6y

打感は弾き系です。でも、「金エッグ」のような軽快かつ球離れが速い感じではなく、より打ち抜き感がしっかり感じられるような印象でしたね。

弾道はこんな感じ。

スカイトラックのデータはこんな感じでした。PRGR RED EGG DR MST3D

ボク的にはかなり高弾道に見えますが、これでも打ち出し角11度なんですね。見た目的に は、高弾道かつロースピンの強弾道イメージ。何より、サイドスピンが少なめで直進性が高いのはいいですわ~!

出球傾向は、ボクのスイングでもほぼストレート!! 前述通り、とにかくサイドスピンが少なく直進性が高いモデルですね。

振り感ですが、原稿を書くにあたってリリースを確認するまで、重ヘッドだということに一切気付きませんでした。それくらい振り感的には、なんの違和感もなく振れました。ニュートラルなしなりで、かなりシャープに振り切れると思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。クラブ性格的には、ニュートラルな動きかつかなり直進性が高いので受け入れ間口の広いクラブだと思います。飛ばすための方法論として、いくつかの選択肢があると思いますが、この赤エッグドライバーは、重ヘッドをカウンターバランスで振り切るというコンセプトで具現化してきたわけですが、45インチ設定にしていることを考えると、実はこのスペックでもHS的には40m/sあたりを意識したモデルなのかなとも思ったりしたのでした。

<PRGR「ニューエッグ(赤エッグ)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1Mo)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-43」(S=54.0g/6.4/中調子)、「M-40」(SR=49.5g/6.5/中調子)、「M-37」(R=48g/7.1/中調子)、「M-35」(R2=47g/7.2/中調子)。
■価格:1本8万円+税