どーもです。

今日紹介するのは、PRGR「NEW egg(赤エッグ)」シリーズのFWですが、そう、エッグの3Wはかつて一世を風靡(ふうび)したあの「エッグスプーン」ですね!! ぶっ飛びスプーンの歴史を紐解けば、実はこの「エッグスプーン」がルーツなんじゃないかって、ボクは記憶しているほどですからね。勝手に興奮した試打ですが、実際に打ってみると・・・。さて、どんな事態になったのか!? 早速いってみましょう。

まずが見た目から。PRGR RED EGG FW MAIN

先代「エッグスプーン」に比較すると、なんか普通になった感じじゃん!PRGR RED EGG FW SOLE

フェースはややディープ気味ですね。先代とほぼ同じような形状なんじゃないかなって思います。PRGR RED EGG FW FACE

クラウンをカパッっと取っちゃったようなこの形状こそ、エッグスプーンのアイデンティティですよね。PRGR RED EGG FW SIDE

唯一無二の後ろ姿ですわ!PRGR RED EGG FW BACK

構えてみるとこんな感じ。なんか、先代よりは丸みを帯びた形状になっていますね。PRGR RED EGG FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-43」装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角60度、長さ43インチ、総重量309g、バランスD1。ヘッド体積118cm3。シャフトスペックは、重量56.0g、トルク5.3、中調子。PRGR RED EGG FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

重量ですが、ボクには軽めですね。素振りしてみた感覚では、ドライバー同様ニュートラルな感じでしたが、やや先が走るかな・・・ってな印象でした。ボク自身注目のモデルだったので、期待を込めた第1打目は、

スカッ!!

ま、マジか!! あわや空振りってくらいにボールの頭にかろうじてかすったようなチョロ。気を取り直して放った第2打目は、

スカッ!!

な、なぜ、なぜ当たらないのだ!!!!!

気を落ち着かせるために、座席でドリンクを飲んで「これは、幻だ。今打ったのはオレじゃない!!」な~んて、アホはことを考えつつ再挑戦。その1球目はやっと来ましたバチコーン!!!! でも、悲しい事実を公表しますが、このバチコーンが最初で最後でした。なぜか、芯を食いません。何度打ってもミスの傾向としてはボールの頭をぶっ叩くか、ヒール側低めのヒットしか出ません。実はこのエッグスプーンだけで50球ほど打ってしまいましたが、そのほとんどがヒール下目のヒット。ある種一定といえば一定ではありますが・・・、GST-3Bの5球平均データはHS41.6m/s、初速61.9m/s、飛距離216y、ミート率1.49で、ベストは写真の通りでした。PRGR RED EGG FW DATE

スカイトラックの弾道データがこちらで、PRGR RED EGG FW ST3D

各球のデータがこちら。PRGR RED EGG FW ST

【5球平均】
HS43.8m/s、初速58.8m/s、打ち出し角10.1度、バックスピン量3188.8rpm、サイドスピンー125.6rpm、飛距離207.9y
【ベスト】
HS44.4m/s、初速61.8m/s、打ち出し角9.4度、バックスピン量3459.5rpm、サイドスピンー297.3rpm、飛距離221.1y

打感ですが、1球のみのジャストミートは弾き系でしたね。やや球離れが速い感じでしたが、結構乾いた感じの軽快な音が印象的でした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。PRGR RED EGG FW MST3D

動画をまわしてからのベストがこのショットですが、あまりに芯を食わず、最後はギブアップって(涙) ヒールヒット気味のせいもあって、球は上がり切っていません。唯一のバチコーンショットは、いわゆる弾丸ライナー系。でも、やっぱり球が上がりきっていない感じでしたわ・・・

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。ヒール下目のヒットでも曲がりは少ないのですが、やっぱり球が上がらんのです。まぁ、とにかく芯を食わなければ、レポもできませんよね。それにしても、なんでこんなに芯を食わなかったのだろうか、自分でわからないのが重傷かもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sにオススメだと思います。今回、ボクはとにかく芯を食わなかったので、クラブの本当の実力を体験できませんでした。前述通りそれがなぜかがわからんのです。いろいろ試したけど、何をやってもダメ。敢えて自分主体でいってしまえば、「ボクには合わなかった」としかいいようがありません。期待していただけに、ボク自身悔しさと屈辱感でいっぱいですが、それもゴルフ。こんな結果で、ホント、すみませんです。

<PRGR「ニューエッグ(赤エッグ)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:6▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:6
■ヘッド:ボディ=ステンレス(SUS630)、フェース=マレージング鋼(ES235)、クラウン=カーボン(CFRP)
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=20度
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-43」(S=56.0g/5.3/中調子)、「M-40」(SR=52.0g/5.6/中調子)、「M-37」(R=50.5g/5.8/中調子)、「M-35」(R2=47g/5.9/中調子)。
■価格:1本4万円+税