どーもです。

千葉・太平洋クラブ市原コースのラウンドレポ後編です。前半はここ最近のスランプを吹き飛ばしてくれそうな、自分では久し振りに手応えのあるゴルフ内容でした。今回GPSナビアプリ「スマートゴルフナビ」(以下スマゴル)を利用しつつ、「日本すまごる選手権」なるオンラインオープンコンペにも参加すべく奮闘!! 後半はいかに!?

今回のラウンドは昼食付きだったので、「四季御膳」を選択。実はうなぎに惹かれたのでした!!TAIHEIYO C ICHIHARA LUNCH

出汁があればサイコーでしたが、まぁ、それはねぇ!! 量的にもそれほど多くなく、かといって少なくもなくいい感じ。このお腹感なら後半も・・・(笑)

10番は真っ直ぐでやや打ち上げていく488yミドル。TAIHEIYO C ICHIHARA NO10-1

でも、G30ティショットが痛恨のチョロ(汗) 残り362yからX HOT 3Wも頭をぶっ叩くミスで残り245yラフ(ピンマイナス3y。以下残り距離はピンまでの計算値。グリーン上は歩測距離)。TAIHEIYO C ICHIHARA NO10-2

ロマロUTショットはまずまずで残り47y。58度ショットはピン右8yにオン。2パットでボギー。

11番は左ドッグレッグの408yミドル。TAIHEIYO C ICHIHARA NO11-1

X HOT 3Wティショットは無事FWキープ。TAIHEIYO C ICHIHARA NO11-2

残り169y打ち下ろしは#8でしたが、これが乗ったけどピン手前13y。でも、この日投入したスコッティキャメロン「スタジオ・セレクト ニューポート2.6」がいい感じで、2パットのパーセーブ。

12番は157yショート。TAIHEIYO C ICHIHARA NO12-1

当日はティグランドが前ですがピン奥で145y。#9ティショットは当たりが薄い上にアゲの風に負けて、乗ったけど奥のピンに対して20y手前。でも、これもタッチがあって、2パットのパー!!

13番は真っ直ぐですが左右OBの505yロング。TAIHEIYO C ICHIHARA NO13-1

200~220y地点の左右にバンカー、その先はホールがギュッと絞られて左右OB。ここは割り切って#4ティショットでしたが、薄い当たり。FWキープも残り316y。セカンドは広めですが左OB。今度はX HOT 3Wでバチコーン!! これはいい感じで、残り147y。#8ショットはグリーン右のバンカー。12y58度バンカーショットはピンを4yオーバー。ここは2パットでボギー。

14番は打ち下ろしから打ち上げの384yミドル。TAIHEIYO C ICHIHARA NO14-1

220yで池。ロマロUTでしたが、これが予想以上に転がってしまい・・・TAIHEIYO C ICHIHARA NO14-2

残り147yですが、左足は石垣の上。しかも、ボールのすぐ後ろが斜面。PW気合いのショットでしたが、池ポチャ。後方に下がって155y#8ショットはグリーン右ラフ。18y58度寄せはピンを2yオーバー。なんとか1パットでダボ。

15番は再び打ち下ろしから打ち上げの366yミドル。TAIHEIYO C ICHIHARA NO15-1

G30ティショットはわずかに左ラフ。残り85y58度ショットは打ちすぎでピン奥18y。1stパットを打ちすぎで4yオーバー。これを外して3パットのボギー。

16番は150yショートですが、当日はフロントティ使用で133y。ここ、写真取り忘れました。PWショットはピン奥30cmに着弾から戻ってピン手前50cmの、絶好のバーディチャンス。しかしこれを外し、同伴者から「ナイスといえない・・・」といわれたパーセーブ。

17番はセンターに木が立つ306yミドル。TAIHEIYO C ICHIHARA NO17-1

G30バチコーンも左ラフ。TAIHEIYO C ICHIHARA NO17-2

残り62y58度ショットは、痛恨のだるま落とし。でも、残り21y52度寄せがピンに絡んで、1パットのパーセーブ。

最終18番は左ドッグレッグで池が絡む378yミドル。TAIHEIYO C ICHIHARA NO18-1

右は220yで池なので、ティショットは#4。でも、これは変な当たりのミス。TAIHEIYO C ICHIHARA NO18-2

残り217yですが、いかんせん池が絡むので、ここはPWで刻み。残り65y池越え58度ショットはピン手前5y。気合いのパーパットはあとひと転がり足りず、2パットでボギー。

というわけで、後半ジャッジミスもありましたが、なんとか6オーバーの「42」。パットは3パットが1回ありましたが、1パット2回で17パット。トータル「83」の33パットは、この夏大スランプの中、内容的にもまずまずの手応えでした。距離が短ければ何とかなるのかな!?

今回ラウンドした太平洋クラブ市原コースは、以前1度ラウンド経験があり、記録を紐解くと2013年9月にレギュラーティ使用で「82」の32パットを記録していました。しかも、アウトは「37」って!! ここ最近、30台なんか出る気がしないっす。コースもインは意外と記憶に残っていましたが、「こんなにもドッグレッグ多かったっけ!?」ってな感じもありました。

そんなドッグレッグでも狙いをガッツリ定められたのは、今回使用した「スマゴル」のおかげかもしれませんね。ナビについては、ボク自身残り距離を告げてくれる「EAGLE VISION VOICEⅡ」の使用でコースレイアウトが表示されるタイプを使用していないので、他のモノとの比較はできません。でも、やはりハザードまでの距離がわかって、見えないレイアウトでも狙って行ける拠り所を作ってくれるのはいいかもしれませんね。

ボク的には、シンプルで使いやすさがあるので、まだナビを持ってない人にはいいかもしれませんね。なんといっても、現段階では「無料」!! 収録コースのOB情報などが確認できるプレミアムコースもいずれ増えてくるといいですね。

そうそう、肝心な「日本すまごる選手権」ですが、スコア入力が個人なのでプレーヤーの良心にまかされた形での運営になっています。ボク的には、一応同伴者にアテストしてもらいスコアを入力しましたけどねwTAIHEIYO C ICHIHARA SG5

「日本すまごる選手権」は10月31日まで応募可能で、1人6回まで参加可能となっていました。参加費も無料。優勝賞品にはタイトリスト「716 T-MB」アイアン6本セットをはじめ上位20位や飛び賞で豪華賞品も用意されています。アプリダウンロードも現時点では無料なので、メーカー的にどうやって商売にしているのか余計な心配をしてしまいますが、まだナビを持っていないライトゴルファーやカジュアルゴルファーにオススメかな!!

いずれにせよ、久し振りにゴルフをした感じ。このまま、スランプを脱出できればいいのですが・・・!!