どーもです。

連日紹介してきたPRGR「NEW egg(赤エッグ)」シリーズですが、いよいよ今日紹介するアイアンが最後です。このアイアンのレポを終えたところで、赤エッグシリーズの総括もしたいと思います。では、早速いってみましょう。

まずは見た目から。PRGR RED EGG IR MAIN

このアイアンもかなりの深重心を意識したモデルですね。大別すればポケキャビでしょうが、もはやその域をかなり超えたモデルのようにも思います。UT同様ウエート装着ですね。PRGR RED EGG IR BACK

フェースはセミラージですが、形状的にはオーソドックスで精悍な顔付きになっていました。PRGR RED EGG IR FACE

ソールは超ワイドソール。このソールの幅を見ても、超深重心なのが視認できますよね。PRGR RED EGG IR SOLE

ネックはストレートでした。PRGR RED EGG IR SIDE

構えてみるとこんな感じ。思った以上にアイアンしていますw バックフェースの厚みがもっと視界に入るかと思いましたが、意外にアイアンチックで正直ビックリ!?PRGR RED EGG IR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-43CB」装着モデルの#7。スペックは、ロフト角27度、ライ角62度、長さ38インチ、総重量354g、バランスD0.5。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.0、中調子。PRGR RED EGG IR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

重量的には軽めで、グリップがやや太め。これは、この赤エッグシリーズのコンセプトなんでしょうね。ワッグルしてみると、さすがにしなり感が大きいので、「フック、出ちゃうかな・・・」・なんて感じちゃいます。でも、実際に打ってみると、そんな心配は不要。思った以上に素直な挙動で、むしろいい感じにつかまえてくれる感じ。ボクが打ってもハイドローだったりします。アイアンとは思えない大きな弾道が魅力的ですね。GST-3Bの5球平均データはHS39.6m/s、初速52.9m/s、飛距離159y、ミート率1.33で、ベストは写真の通りでした。PRGR RED EGG IR DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、PRGR RED EGG IR ST3D

その各球データがこちら。PRGR RED EGG IR ST

【5球平均】
HS39.5m/s、初速50.5m/s、打ち出し角14.5度、バックスピン量4575.2rpm、サイドスピン-1126.6rpm、飛距離167y
【ベスト】
HS40.5m/s、初速52.0m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量5106.9rpm、サイドスピン-734.6rpm、飛距離169.7y

打感は弾き系。やや球離れが速いようの印象ですが、感覚的には昨日紹介したUTと同じような感触でした。音も「パカン!」と軽快で弾いている感じでした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータはこんな感じ。PRGR RED EGG IR MST3D

弾道的には文句なしの高弾道。スピン量はやや少なめな印象もありますが、これなら高さでも止まってくれそうな感じですね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでハイドロー。クラブがいい感じにつかまえてくれるけど、決してつかまえ過ぎないのがいいですね。これはシャフトとのマッチングもいいんでしょうね。

そのシャフトを含めた振り感ですが、いい感じにニュートラル。軽量で飛距離を意識したモデルは、結構先が妙に走ったりするモデルもありますが、このアイアンはかなりクセのないニュートラルな感じがいいですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。性格的にはオートマチックアイアンですが、つかまり過ぎや変なクセがなくニュートラルに振れるのが好印象。そういう意味では、UTよりもクセがなく受け入れ間口の広いモデルのように感じました。もちろん、払い打ちのスライサーでもいい感じの弾道が得られそうですし、ボクのようなフッカーでも意外といい感じに打てちゃうから不思議。なかなか実戦的なアイアンだと思います。

今回赤エッグシリーズを全て試打できましたが、ホントに悔しいのがFW。なぜ、FWだけ打てなかったのか? これは、未だに理由がわかりません。ただただヘタクソなだけといわれれば、それまでですが(汗) この赤エッグは軽量で飛距離を意識したモデルで、ちゃんと打てなかったFWについてボクは語れる立場にありませんが、どうもUTだけ妙につかまるような感じだったかなというのが正直な感想です。ドライバー&アイアンはかなりいい感じで、とにかく飛距離が欲しいというプレーヤーにはオススメですね!!

<PRGR「NEW egg(赤エッグ)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:6▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ&フェース=マレージング綱(Custom450)、ウエート=タングステン合金(Ni、W、Fe)
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「M-43CB」(S=50g/4.0/中調子)」「M-40CB」(SR=45.5gg/4.2/中調子)、「M-37CB」(R=44.5g/4.4/中調子)、「M-35CB」(R2=43g/4.4/中調子)。スチールシャフト「NSPRO ZELOS7」(R=72g/4.0/未発表)
■価格:4本(#7~PW)セット11万2000円+税、単品(#6)1本2万8000円+税、単品(AW、AS、SW)各1 本2万5000円+税