どーもです。

ミズノの新製品発表試打会が東京・ザ・ゴルフガーデン高島平で開催されました。今回発表されたのは、「MP-5」「MP-55」の2アイアン、「MP R5-L」「MP R5-W」の2ウエッジ、「MP CLK-F」「MP CLK-H」「MP FLY-HI」の7モデル。軽く試打もできましたので、速報的に紹介しておきましょう。

まずは、「MP-5」ですが、これは先代「MP-4」の流れを汲むマッスルバックですね。かなり流麗なフォルムですね。ミズノ独自のネックとフェースを一体成形「グレインフローフォージド製法」を採用しているんだとか。PC MIZUNO MP5 MAIN

フェースは当然小顔っす。「MP-4」に比較するとトゥ・ヒールが短くなったように見えました。PC MIZUNO MP5 FACE

構えてみるとこんな感じ。「MP-4」よりもコンパクトにみえるんだけど、リリースによると#7はMP-4のほうがコンパクトらしいです。PC MIZUNO MP5 TOP

写真の通り#7を軽く打ってみましたが、こんな見た目でも意外と打てるからビックリ。球の上がりやすさを考えると、若干低重心化しているのかもしれません。まぁ、芯の狭さはさすがマッスルバックだし、操作性の高さもマッスルバックならではでした。ボクの感覚では、見た目は先代「MP-4」以上にコンパクトなマッスルバックですが、打ちやすはこの「MP-5」のほうがあるようにも感じました。MPマッスルバックの入門編ってな感じかもしれませんね。

<ミズノ「MP-5」アイアン>
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「NSPRO950GH」装着モデル6本(#5~PW)セット11万4000円+税、単品(#4)1本1万9000円+税。「MODUS3 SYSTEM3 TOUR125」装着モデル6本セット12万円+税、単品(#4)1本2万円+税 ※#3は別注対応
■発売予定日:2015年9月18日

続いて「MP-55」ですが、こちらは「MP-54」の流れを汲むモデルですね。「MP-53」 MP-54」とアンダーカットキャビティモデルでしたが、この「MP-55」はスリットこそ入っていましたが、かなり浅め。いわゆるアンダーカットキャビティではなかったですね。バックフェースのスイートエリアですが、「MP-54」はスリットが入っていましたが、「MP-55」は肉厚になっているようです。PC MIZUNO MP55 MAIN

フェースは小顔ですが、「MP-55」はより角張ったような印象でした。トゥトップの位置が「MP-54」よりもネック側に寄ったように感じました。PC MIZUNO MP55 FACE

構えてみるとこんな感じ。でも見た目は「MP-54」かな!?PC MIZUNO MP55 TOP

こちらも#7を実際に打ってみましたが、先代「MP-54」でも感じたとおり、「ホントにMPかいな!?」です。ぶっちゃけちゃえば、「これをMPでやる必要があるのかな?」って思っちゃうほどですが、位置付け的にはMPの入門編だと思います。ボク的には、「JPXフォージド」で出してもいいんじゃないかなって思っちゃったほど、打ちやすさがありました。打感ですが、やはりスリットが入っているとちょっと弾き感は出るモノかもしれません。バックフェースの厚さで打感の良さを意識していると思いますが、やはり気持ち弾き感が出ていたように感じました。

<ミズノ「MP-55」アイアン>
■価格:スチールシャフト「NSPRO950GH」装着モデル6本(#5~PW)セット11万4000円+税、単品(#4)1本1万9000円+税。カーボンシャフト「ツアースピリットMP-i」装着モデル6本セット13万8000円+税、単品1本2万3000円+税 ※#4は別注対応 ○別注対応モデル「フジクラMCI80S」装着モデル6本セット14万4000円+税、単品2万4000円+税。同「三菱レイヨンOTイアン」装着モデル6本セット15万6000円+税、単品1本2万6000円+税
■発売予定日:2015年9月18日

続いてはウエッジ2モデルのウエッジですが、こちらは写真左が「MP R5-L」、右が「MP R5-W」 です。ちなみに、左の「MP R5-L」のLはLUKEのLなんだとか!!PC MIZUNO MP RS-L_W MAIN

フェースはこんな感じPC MIZUNO MP RS-L_W FACE

構えてみるとこんな感じでした。PC MIZUNO MP RS-L_W TOP

こちらも両方打ってみましたが、その前に驚いたのは、「MP」の名を冠したウエッジにワイドソールが登場していること。タケ小山さん風にいえば、「これは事件です」って思っちゃったのはボクだけかな? 「MP R5-L」は見た目通り技巧派向けって感じ。「MP R5-W」はある程度扱いやすさを意識したモデルだと思うのですが、そのわりにはペタペタ感があって見た目で難しそうな印象だったかな。この辺は1度ラウンドで使ってみたいですね。

<ミズノ「MP R5-L」「MP R5-W」ウエッジ>
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「NSPRO850GH」装着モデル各1本1万9000円+税
■発売予定日:2015年9月18日

次はウッド系ですが、まずは「MP CLK-F」FW。ソールのフェース後部がじゃばら状になっていますが(ウエーブテクノロジーソール)、これはどうやら浅重心を意識した結果のようです。やや大きめのクラウンですが、セミディープフェース。なんか、難しいのか、簡単なのか・・・PC MIZUNO CLK-F

実際に打ってみると、簡単じゃ~ないかな。弾道的な弾丸ライナー系の強弾道でしたが、球を上げるのにややパワーが必要かなって感じました。

<ミズノ「MP CLK-F」FW>
■価格:カーボンシャフト「オロチF」装着モデル3W/5W 各1本4万2000円+税。7W1本3万7000円+税。
■発売予定日:2015年9月18日

同シリーズのUT「MP CLK-H」はこんな感じ。このUTも浅重心を意識してモデルってことですよね。PC MIZUNO CLK-H

実際に打ってみると、フッカーのボクにはいいかも。UT特有のつかまりはかなり抑えられているように感じましたね。この辺はスイングでしっかりつかまえられるタイプ向けかなって。FW同様、ややある程度パワーがある人向けのモデルですかね。

<ミズノ「MP CLK-H」UT>
■価格:カーボンシャフト「オロチH」装着モデル1本3万円+税。スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「NSPRO950GH」装着モデル1本2万8000円+税 ※ダイナミックゴールドは別注対応
■発売予定日:2015年9月18日

最後は「MP FLY-HI」ですが、こちらは打てなかったので見た目だけになります。名称未設定 1

<ミズノ「MP FLY-HI」UT>
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「NSPRO950GH」「NSPRO950GH」装着モデル1本2万3000円+税 ※NSPRO950GH」は別注対応、「MODUS3 SYSTEM3 TOUR125」装着モデル1本2万4000円+税
■発売予定日:2015年9月18日

ちなみに、ザ・ゴルフガーデン高島平にはミズノフィッティングセンターが開設されていました。PC MIZUO GARDEN FITTING

というわけで、こちらも速めにガッツリ試打してレポしたいですね!!