どーもです。

今日はロイヤルコレクションのニューモデル「SFD X7」シリーズのFWを紹介しましょう。同シリーズのFWはステンレスとチタンの2タイプが用意されていました。まず今日紹介するのは、ステンレス素材の「SFD X7」FWです。最近、ゴルフ体験主義のレポでも、FWがロクに打てていないというていたらく振りを披露していましたが、果たして腕の問題なのか? それとも相性なのか? 今回のクラブで打つことができれば。何となくその答えも見えそうな気もしますね。では、いってみましょう!

まずは見た目から。RC SFDX7 FW MAIN

デザイン的にはドライバー同様ですね。RC SFDX7 FW SOLE

フェースはシャローフェース。これなら、なんか球も上がってくれそうな雰囲気かな!RC SFDX7 FW FACE

ボディもシャローですが、流麗なフォルムになっていました。RC SFDX7 FW SIDE

後ろ姿です。RC SFDX7 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。やや小振りに見える形状ですが、トゥ・ヒール側に気持ち長めな感じに見えましたね。フェースがストレートでいいかも!RC SFDX7 FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ATTAS RC W50」Sフレックス装着モデルの3W。スペックはロフト角15度、ライ角58.5度、長さ43インチ、総重量315g、バランスD1。ヘッド体積168cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.2、中調子。RC SFDX7 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ボール使用です。

持ってみると、重量的にはやや軽め。ワッグルしてみると、結構シャフトはしなりそうな気配ですが、素振りをした限りではドライバーの時ほど動くような感じでは無かったですね。冒頭書いた通り、このゴルフ体験主義の試打で最近ロクにFWを打てていない感じなので、今回はかなり気合いを入れての試打となりました。実際に打ってみると、まずはそれなりの手応えのあるショットが打ててひと安心っす!! ボクのスイングのクセで右に出してしまう傾向はありましたが、まずしっかり芯を食った手応えを得ているのが重要要素ですな! ドライバーほどシャフトが動く感じがなく、スペックのわりにシャープに振れる感じでしたね。GST-3Bの5球平均データは、HS42.3m/s、初速62.9m/s、飛距離221y、ミート率1.48で、ベストは写真の通りでした。RC SFDX7 FW DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、RC SFDX7 FW ST3D

その各球データはこちらです。RC SFDX7 FW ST

【5球平均】
HS44.1m/s、初速60.3m/s、打ち出し角11.2度、バックスピン量3914.6pm、サイドスピン-122.1rpm、飛距離215.1y
【ベスト】
HS44.7m/s、初速62.1m/s、打ち出し角11.4度、バックスピン量3744.7rpm、サイドスピン-214.2rpm、飛距離226.4y

打感はマイルド系だけどやや弾き感というか、打ち抜き感がある感じでした。音は中音系の落ちついた感じでした。

弾道はこんな感じ。

動画のスカイトラックデータがこちらでした。RC SFDX7 FW MST3D

ボク的には高弾道だと思ったのですが、それでも打ち出し角12度か・・・・。やはりフッカーはロフトが立って入るので、球が上がりにくいってことでしょうね。でも、そんなボクでもこれだけ上がるというのは、かなり球が上がりやすいってことでしょうね。ドライバー同様スピン量は少なめ。サイドスピンも少なめってのがいいですね。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート。前述通りサイドスピン量が少なめな影響か、曲がりが少ないのが好印象でした。

シャフト含む振り感ですが、ドライバーは先が走る感じで振っていくとしなり戻りが遅れるような感じだったのが、FWではいつもの感覚で振っていける感じです。チップカットしているのかもしれませんが、ドライバーよりもかなり先の動きが抑えられているように感じました。それでも、イメージ的には先中調子っぽいイメージでしたね。高弾道の要因は、このシャフトの動きも大きな要因だと感じましたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメですかね。ドライバーよりは振っていけるイメージでした。スイング的には、払い打ちでもしっかり球を上げてくれるイメージ。もちろん、ヒッタータイプでもボクくらいなら普通に打てます。ヘッド的にはシャローで、どうやら前作よりは7%浅重心化しているようですが、それでもこれだけ球が上がってくれるなら安心感がありますね!! いや~、打ちやすかったっす!! さすが、FWのロイコレってな感じかな!!

<ロイヤルコレクション「SFD X7」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=SUS630ステンレス、フェース=カスタム455ステンレス
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ATTAS RC W50」(S=53 g/4.2、SR=52g/4.5、R=49g/4.7/中調子)
■価格:オープン価格