どーもです。

ミズノのニューモデル「MP CLK(2015)」シリーズを試打できました。「MP CLK」シリーズは、FW、ウッド型UT、アイアン型UTの3モデルをラインアップしていますが、今回全てのモデルを試打できました。今日紹介するのはFWですが、最近MPが扱いやすくなりつつあるとはいいながらも、MIZUNO PROの名を冠するモデルですからね。FWが苦手なボクでも扱えるのか? 早速、レポしてみましょう。

本題の前にちょっとだけご報告。昨日急告しましたが、マーク金井さんのインターネットラジオ「マーク金井の喋らずにいられない」にゲスト参加させていただました。話題はあっちこっちに飛びましたが、楽しくも貴重な経験をさせていただきました。過去の放送が聴けるどうかはわかりませんが、ボクは怖くて聞き直せないので喋りっぱなしにしておきます(笑) でも、ホントに楽しかったっす!! マークさんに感謝です。
12049446_10203895396185191_8017360363011363062_n

というわけで本題です。

まずは見た目から。MIZUNO MP CLK-F 2015 MAIN

フェース後部の波形の部分が目に入りますよね。「ウェーブテクノロジーソール」と命名されているようですが、これによりフェース下部のミスヒットに強くなっているようです。MIZUNO MP CLK-F 2015 SOLE

フェースはディープフェース。この厚さを見ると「球上がるんかいな!?」って感じですが・・・MIZUNO MP CLK-F 2015 FACE

ボディは意外とシャロー気味だったりします。MIZUNO MP CLK-F 2015 SIDE

後ろ姿です。MIZUNO MP CLK-F 2015 BACK

構えてみるとこんな感じ。やや小振りなヘッドにちょっと難しさを感じるかもしれませんが、形状的にはオーソドックスで安心感のある見た目がいいですね。MIZUNO MP CLK-F 2015 TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Orochi F」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58.5度、長さ42.75インチ、総重量331g、バランスD1。ヘッド体積185cm3。シャフトスペックは、重量63g、トルク3.6、中調子。MIZUNO MP CLK-F 2015 SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

重量的にはしっかり重量級。しかもグリップも太めなので、これはやはりある程度パワーのある人が左を気にせず振っていけることを想定しているのではないかと思いましたね。素振りしてみても、ボクが感じたのは手元のしっかり感でしたね。なんか、自分のスイングできっちりタメを作って、スイングでシャフトをしならせる必要がありそうに感じました。そんなハードそうな印象でしたが、実際に打ってみると、思った以上に球が上がるのはうれしいですね。ぶっちゃけ、上がりづらそうな印象を受けますが、実際には思った以上に上がってくれます。これはソールのミゾ「ウエーブテクノロジー」の影響かもしれませんね。GST-3Bの3球平均データはHS43.2m/s、初速63.2m/s、飛距離221y、ミート率1.46で、ベストは写真の通りでした。2015MIZUNO MP CLK-F DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、2015MIZUNO MP CLK-F ST3D

各球のデータはこんな感じでした。2015MIZUNO MP CLK-F ST

詳細はしかるべきタイミングで理由を明かしますが、個人的な都合がありまして、今後3球データに変更させていただきますので、ご了承下さいね!!

【3球平均】
HS44.2m/s、初速61.5m/s、打ち出し角11.6度、バックスピン量3544.3rpm、サイドスピン-164.3rpm、飛距離222.5y
【ベスト】
HS44.9m/s、初速62.4m/s、打ち出し角10.8度、バックスピン量3799.8rpm、サイドスピン-279.1rpm、飛距離226.2y

打感はマイルド系ですが、音が低めなのでその打感以上になんか飛距離が出ていないような印象を受けてしまいます。傾向として、音が高いと飛んでいる印象を受けるし、音が低いと実際に距離が出ていても飛んでいないような印象を受ける傾向が強いと思います。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータはこちらです。2015MIZUNO MP CLK-F MST3D

弾道的には、高弾道ですね。ボク的には、スペックや素振りの印象よりもかなりラクに球が上がるように感じました。スピン量少なめで単純にバックスピンだけではなく、サイドスピン量もいい感じに抑えられているので、イメージとしては直進性が高い印象でした。これ、低浅重心かな!?

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。かなりしっかり叩いていっても、左の心配がないモデルだと思います。

シャフトおよび振り感について、これはもう典型的な中調子の動きだと思いますが、前述通り手元のしっかり感があって先端もしっかりしているので、やはりある程度のパワーは必要だし、スイングでしっかり球をつかまえられるゴルファー向けだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sは欲しいように感じました。スイングタイプ的には、ある程度叩ける人、スイングで球をつかまえられる人向けで、いわゆるボディターンで払い打ちのスインガータイプにはちょっと厳しいかもしれません。ボク的にはヒッター向けだと思います。思った以上に球は上がってくれるし、ある程度のミスヒットの寛容性も確保されていると思いますが、それでも払い打ちのスインガーにはちょっと厳しいんじゃないかな・・・って、思ったのでした。

<ミズノ「MP CLK-F(2015)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=マイルドステンレススチール(SUS431) フェース=チタン合金(Ti-15V-3Cr-3Sn-3Al)
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Orochi F」(S=63g/3.6、SR=61g/4.2/中調子)
■価格:1本4万2000円+税