どーもです。

今日から紹介するのは、テーラーメイドのニューモデル「グローレG」シリーズです。現行モデルは女子プロやシニアプロの間で圧倒的な人気を誇る「グローレF」ですが、今回紹介する「グローレG」は「グローレF」の後継モデルではなく、あくまでも追加モデルという位置づけのモデルのようです。メーカーいわく、「グローレFよりもHSがゆっくりめのプレーヤーを対象にしたモデル」というポジションでした。というわけで、まずはドライバーから紹介してみましょう!

まずは見た目から。TM GLOIRE G DR MAIN

ソール後部に刻まれた「スピードチャンネル」は、もはやテーラーメイドの代名詞。しかし、今回の「グローレG」のスピードチャンネルがとにかく幅が広く、そして深く確保されていました。しかもネック側にウエートが配置されているので、ドローバイアスということも視認できます。TM GLOIRE G DR SOLE

フェースはラージフェース。見た目はディープフェースっぽいですが、これはシャローフェースですね!! なお、フェースはαβチタン製フォージドフェースになっていました。TM GLOIRE G DR FACE

ボディはディープっぽいですね。なにより、スピードチャンネルの深さがスゴイっすよね!!TM GLOIRE G DR SIDE

後ろ姿です。TM GLOIRE G DR BACK

構えてみるとこんな感じ。形状的にはオーソドックスな形状で、クラウンの投影面積も大きめで安心感のあるモデルでしょうね。TM GLOIRE G DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「GL5000」Rフレックス装着モデル(写真はSです)。スペックは、ロフト角11.5度、ライ角60度、長さ45.75インチ、総重量263g、バランスD3.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量40g、トルク5.4、先調子。TM GLOIRE G DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

重量的には、ゴルフ体験主義史上屈指の軽量級で、グリップも細め。ワッグルしてみると、シャフトはかなり柔らかめで、もう先がガッツリしなる感じですね。これはヘッドが重めのいわゆる重ヘッドだと思いますが、ヘッドがかなりきいている感じ。しかも先が走る感じなので、メチャクチャつかまりが良さそうな印象を受けますね。新製品発表試打会では「S」フレックス装着モデルでしたが、今回試打したのは「R」フレックス。このクラブのコンセプト的には、おそらくこのRシャフト装着モデルなんじゃないかと勝手に想像しつつ試打。HS40m/sを意識して試打してみましたが、しっかり球が上がってポーンと自然に打ち出してくれる感じがいいですね。おそらく、メーカー的にはこのスペックでHS35m/sあたりを意識しているんじゃないかと思いますが、さすがにHS35m/sでの試打が難しくて・・・。軽量かつヘッドが走る感じなので、ゆっくり振っているつもりでもそれなりのHSになってしまうように感じましたが、まさにこれがHSアップの秘密かもしれませんね!! GST-3Bの3球平均データはHS39.2m/s、初速56.3m/s、飛距離196y、ミート率1.43で、ベストは写真の通りでした。TM GLOIRE G DR DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、TM GLOIRE G DR ST3D

その各球のデータがこちら。TM GLOIRE G DR ST

【3球平均】
HS40.0m/s、初速51.3m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量3547.5rpm、サイドスピン-164.3rpm。飛距離180.7y
【ベスト】
HS40.3m/s、初速51.7m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3468.9rpm、サイドスピン-549.6rpm、飛距離182.7y

ミート率1.28って・・・(汗)

打感は柔らかめですね。新製品試打ラウンドで打ったときも柔らかめに感じましたが、今回の試打でも、やはり打感は柔らかめに感じました。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータはこんな感じでした。TM GLOIRE G DR MST3D

弾道的には高弾道ですね。クラブがポーンと球を上げてくれる感じです。ロフト角11.5度で球が上がりやすくなっていますが、そのわりはスピン量が少なめでいわゆる棒球が打てるイメージでした。

いつも通りだとメチャつかまってしまうので、ややアウトからカット気味に意識して打ってみたのがこちらです。さすがに、当たり負け感は否めませんが・・・

スカイトラックデータはこちらです。TM GLOIRE G DR MST3D FAST

出球傾向的にはボクが普通に打ったらフックですが、これはもうアンチスライスなんじゃないかってくらいつかまりがいいですね。ボクがアウトサイドインで若干カットを意識しても軽いドロー系でした。イメージ的には、どう打ってもスライスが出ないような感じでしたね!

シャフトを含めた振り感ですが、これはもう先端がガッツリ走ってくれる感じですね。これが高弾道とつかまりを実現してくれると思います。ボディターンの払い打ちタイプが距離を稼ぐためのセッティングといっていいでしょうね。新製品試打ラウンドで使用したSフレックスモデルは、もうちょっと先のしっかり感があったように感じました。でも、このRフレックスモデルは、先がムチのように走る感じだったかなと思います。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS35~38m/sあたりにオススメ。スイングタイプ的には、誰がなんといおうとゆったりボディターンの払い打ちタイプ向け。持ち球はスライサー向けです。このクラブはスイングで余計なコトをせず、振り上げたクラブを振り下ろしだけで、後はクラブが仕事をしてくれる感じのオートマチック系ですね。

デザイン的に女性がどう感じるかはわかりませんが、スペック的には女性にもおススメのモデルかもしれませんね!!

<テーラーメイド「グローレG」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、フェース=αβチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「GL-5000」(S=45g/5.0、SR=42g/5.2、R=40g/5.4/先調子)
■価格:1本8万8000円+税
■発売予定:2015年11月