どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「JGR」シリーズですが、今日はFWを紹介しましょう。ボクは決してFWが得意ではないし、このゴルフ体験主義を見てくれている人はご存じの通り、むしろ苦手です。そんなボクでも打てるのかどうか。FWを試打する際、ここがまず大きなポイントになります(笑) JGRシリーズのFWですが、ドライバーを試打した限りでは、ボクでも打てるんじゃないかなぁ・・・といった気配は感じています。問題は本当に打てるかどうか。というわけで、いってみましょう。

まずは見た目から。BS JGR FW MAIN

先代「XドライブGR」FWと比較してみると見た目はコンパクトに見えたのですが、ヘッド体積は先代と同じ175cm3でした。なお、「JGR」はソール後部にウエートを配置していることから深重心を意識したモデルだと思われますが、先代は浅重心を意識したモデルでしたよね。BS JGR FW SOLE

フェースはシャローフェースですね。これは先代同様だと思います。もちろん、フェースには特徴的なミーリングが採用されています。BS JGR FW FACE

ボディもシャローですが、先代に比較するとややヒップダウンしていましたね。BS JGR FW SIDE

後ろ姿です。BS JGR FW BACK

構えてみるとこんな感じ。見た目では先代よりもややコンパクトかつ気持ちディープな印象を受けますが、これは先代のクラウンに配置された模様と今回のデザインとの差による見た目の影響なんじゃないかと思います。BS JGR FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD J16-11W」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量310g、バランスD2。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.9、中調子。BS JGR FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

重量的にはボクにはやはり軽め、かつグリップもやや細めに感じました。ドライバーがあの重量なので、当然といえば当然ですけどね。ワッグルしてみると、やはりシャフトはSにしてはやや柔らかめな感じでした。素振りしてみると、ドライバーで感じたヘッドの走り感は抑えられた感じで、やや先にしっかり感があるように感じました。実際に打ってみると、イメージ通りに打ててまずは一安心。ドライバー同様しっかり球が上がってくれるのは、やはりうれしいですね。ボクレベルだと、地面から打つFWはまずしっかり球が上がってくれるのが1番ですからね!! なお、素振りで感じた先端のしっかり感ですが、実際に打ってみてもそのまま。ドライバーのようにヘッドがガッツリ走る感じがなく、そういう意味でドライバーほど勝手につかまる感じはありません。でも、適度なつかまりで、ボクくらいのHSなら左を気にせずに打てるのはいいですね。GST-3Bの3球平均データはHS45.0m/s、初速63.3m/s、飛距離221y、ミート率1.40でベストは写真の通りでした。BS JGR FW DATE

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、BS JGR FW ST3D

その各球データはこちら。BS JGR FW ST

【3球平均】
HS44.3m/s、初速61.6m/s、打ち出し角10.5度、バックスピン量3522.6rpm、サイドスピン-250.9rpm、飛距離222.9y
【ベスト】
HS44.4m/s、初速61.7m/s、打ち出し角10.6度、バックスピン量3565.6rpm、サイドスピン-204pm、飛距離224.2y

打感はソリッド系。ドライバーよりもフェースの厚さはありそうで、フェースの乗り感がありながらもしっかり打ち抜き感が感じられる打感でしたね。ドライバーの打感が「パワースリット」によるたわみ感だとしたら、ドライバーほど感じられなかったかも。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータはこんな感じBS JGR FW MST3D

弾道ですが、ボク的には文句なしの高弾道。前述していますが、直打ちでこれだけ球が上がってくれると、ホントにラクです。スピン量も少なめで、打ち出しからドーンといわゆる棒球ってのがいいですね!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。ドライバーほど勝手につかまる感じはありませんが、だからといってつかまらない訳ではなく、いい感じのつかまり感でした。それから、ミスヒットの寛容性が高そうでしたね。芯を外せば打感が変わるので「あっ!!」ってわかりますが、特にフェース下部のミスヒットにはかなり寛容性が高くなっているように感じました。

振り感およびシャフト挙動ですが、これも軽量なのでいつものつもりだとガッツリ振れちゃう感じでした。だからといって、どこかが辺にしなる感じはなく、むしろ先端がしっかりしているので、ガッツリ振れちゃってもつかまりすぎないのが好印象でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでやはりHS40m/sあたりにオススメですかね。スイングタイプ的にはボディターン系、持ち球的にはフェードヒッターやスライサーにオススメですが、このFWならある程度叩いていっても大丈夫なモデルだと思います。ドライバー同様HS40m/sあたりがしっかり振り切って飛ばすことを意識したモデルで、とにかくラクに球が上がって、ミスヒットにも強いモデルといった感でした。

<ブリヂストンゴルフ「JGR」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=SUS630、フェース=(#3、#5)ハイパーステンレス455、(#7、#9)SUS630、ウエート=ステンレスネジ、チタンネジ
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度、9W=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD J16-11W」(S=54g/4.9、SR=52g/5.3、R=50g/5.5/中調子)。「Air Speeder 「J」 J16-12W」(R相当=45g/5.9/中調子)。「KUROKAGE XM60」(S=63g/3.7/中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)
■価格:ツアーAD J16-11W装着モデル1本3万円+税。Air Speeder 「J」 J16-12W装着モデル1本3万3000円+税。KUROKAGE XM60、ツアーAD GP-6装着モデル1本4万7000円+税。
■発売予定:2015年10月23日