どーもです。

懐かしい面々と山梨・春日居ゴルフ倶楽部をラウンドしてきました。残念ながら今は休刊となってしまったゴルフ専門誌「ゴルフメカニック」の元編集長さんと編集担当さんですが、このメンバーでラウンドするのは一体何年ぶりだろう・・・ってな感じでした。こうやってゴルフをキーワードに人のつながりが保たれていますが、これはまさにボクにとって財産ですね。ビバ ゴルフ!! というわけで、ラウンドレポをいってみましょう。

今回ラウンドして春日居GCですが、ボクは初訪問でした。山梨の菓子メーカー「シャトレーゼ」が運営するゴルフ場なんですね。知りませんでした。ここはゴルメカ元編集長さんがお気に入りのコースで、今回バックティ使用でした。アウト3,388y、イン3,364y、トータル6,752y、コースレートは不明。グリーンセッティングは、「8.0フィート」表示した。

インスタートで10番は打ち下ろしの364yミドル。KASUGAI GC NO10-1

X HOT 5Wティショットは、いきなり当たり損ねで右斜面。KASUGAI GC NO10-2

残り102y(EAGLE VISION VOICEⅡ使用。グリーン上、周りは歩測距離)PWショットはグリーン左ラフ。ピンまで13y52度寄せはピン手前3y。カップ前で急に止まり2パットでボギー。ん~、確かに重い!!

11番はセカンドから急に上りになる480yロング。KASUGAI GC NO11-1

G30ティショットは右ラフ。KASUGAI GC NO11-2

残り215yX HOT 3Wはまずまずの当たりでしたが、打ち上げの斜面にあたって残り36yラフ。58度ショットはピン左15yにオン。1stパットが6yもショート。結局3パットでボギー。

12番は右ドッグレッグ385yミドル。KASUGAI GC NO12-1

右斜面狙いのX HOT 3Wティショットは狙いよりもやや右で、結果右ラフ。KASUGAI GC NO12-2

残り83yがわずかにショートでカラー。ピンまで5yパター寄せはカップ左。でも、1パットのパーセーブ。

13番は165yショート。KASUGAI GC NO13-1

当日はティグランド手前かつピン手前、かつ打ち下ろし。ボクは130y読みでPWショットでしたが、左に引っ掛けかつオーバー気味でOB。打ち直しは再度PWでしが、今度はスリークオーターでピン左6y。2パットですがダボ。

14番は打ち下ろしの412yミドル。KASUGAI GC NO14-1

X HOT 5Wティショットはやや左。KASUGAI GC NO14-2

わずかに左ラフから残り90y52度ショットはピン手前4y。上り真っ直ぐ読みが左に切れて2パットでパー。

15番は打ち上げでほぼ真っ直ぐな440yミドル。KASUGAI GC NO15-1

G30ティショットがド引っ掛けのミスショット。左斜面ラフにズッポリで脱出に2打を要するトラブル。残り245yから4打目となるX HOT 3Wはグリーン左手前。残り16y52度寄せはピン手前4y。2パットで素トリ。

やってしまいました・・・(涙)

16番はセカンドで池が絡むやや左ドッグレッグの348yミドル。KASUGAI GC NO16-1

X HOT 5Wはテンプラ。左斜面から残り186yはPWで池前に刻み。残り33y58度ショットはピン奥4y。これもカップ前で想定外のフック。2パットのボギー。

17番はうちおろしで左ドッグレッグの558yロング。KASUGAI GC NO17-1

G30ティショットは何とかFWキープ。KASUGAI GC NO17-2

残り276yは#7で100y残しイメージで刻み。これはほぼイメージ通りで、残り105y。52度ショットはピン右7yにオン。フックラインをショートし、セカンドパットもクルンで3パットのボギー。

18番は171yショート。KASUGAI GC NO18-1

当日はピン手前&打ち下ろしで142y。#9ショットは右の池をビビッて左手前。ピンまで12y52度寄せはピンを2yオーバー。下りスライスがまさかのショート。2パットでボギー。

最近ちょっと調子も上がってきたと思っていましたが、当日はショットがバラケまくった上に、全くパットが入りません。10オーバー「46」の19パットは、完全にやらかしていますなぁ!!

でも、そんなことよりも心がランチのスイーツビュッフェに向かっている自分がいたのでした(笑)