どーもです。

思うところあって、ウエッジを新調しました。今回購入したのは、PING「GLIDE WEDGE」の52度SSと58度ESの2本。これまでキャロウェイゴルフ「Xツアー」ウエッジを使用でしたが、だいぶ使い込んでミゾがまるくなってきたように感じていました。また、アイアンのシャフトを三菱レーヨンのカーボンシャフト「OTアイアン」にリシャフトしたことで、若干ウエッジが重く感じることもあり、今回購入に踏み切りました。実戦レポもふまえて、紹介したいと思います。

まずは見た目ですが、写真左が52度SS、右が58度ESです。

52度はやや大きめでノーマルな顔付きでしたが、58度はネックのところがキュットなっていました。これは、伝説の名器「EYE2」を意識してでしょうね。PING GLIDE MAIN

フェースも52度はノーマルですが、58度はネック側の絞りに加えやや特殊な形状になっていました。PING GLIDE FACE

ソールですが、52度はSSなのでいわゆるスタンダードソールです。で、今回ボクにとってのキモは58度ESのソールだったりします。ソール中央が窪んだスクープソールを試してみて、ボクなりに「コレはっ!!」ってなわけで購入となったのでした。PING GLIDE SOLE

横顔ですが、な、なんかすげぇ~!PING GLIDE SIDE

構えてみるとこんな感じ。顔が違い過ぎるといわれれば何も言い返せませんが・・・。2本の個性を考えれば、それはそれでアリかなって!!PING GLIDE TOP

今回レンジでデータも取りましたので、まずは52度からいってみましょう。購入モデルは、スチールシャフト「CFS WEDGE」装着モデル。スペックは、ロフト角52度、ライ角64度、バンス角12度、長さ35.5インチ、総重量470g、バランスD1.5。シャフトスペックは、重量118g、トルク1.3、中調子。PING GLIDE 58 SHAFT

まずは15yイメージの寄せのスカイトラックデータとPING GLIDE 52_15 ST3D

各球のデータです。PING GLIDE 52_15 ST

かなり打ち出し弾道もそろった感じで、ボク的にはかなりの手応えでした。通常ほとんど52度で寄せるので、これはいいかも!!

続いて50yイメージのスカイトラックデータでPING GLIDE 52_50 ST3D

各球のデータです。PING GLIDE 52_50 ST

若干バラツキが出てきますが、これはボクの技術的問題です。でも、ボク的には苦手な距離のわりには弾道がそろっているので、これまた「いいんじゃねぇ~の!!」ってな感じ。

最後は通常ショットのスカイトラックデータで、PING GLIDE 52_H ST3W

各球のデータです。PING GLIDE 52_H ST

やや左に行っていますが、3球とも弾道がそろっているのがキモですね!!

実際にコースでも1ラウンド使っています。ラウンドレポはちょっと先に公開予定の「太平洋クラブ佐野ヒルクレスト」で、ボールはスリクソン「Z-STAR XV」使用です。

打感はかなりマイルドで、つぶれ感が何ともいえないですね。通常ショットではかなり分厚いインパクトで、ハーフショットやアプローチでも柔らかめなのがわかりました。ニューウエッジでミゾがしっかりしていることもあるでしょうが、寄せのスピンもキュッとかかってくれます。まだ実戦では1ラウンドしか使っていませんが、好印象!!

続いて58度ですが、こちらのスペックはロフト角58度、ライ角64.5度、ライ角14度、長さ35インチ、総重量477.5g、バランスD3.5。

こちらおデータを取ってみました。

まずは15yイメージのスカイトラックデータで、PING GLIDE 58_15 ST3D

こちらが各球のデータ。PING GLIDE 58_15 ST

なんか「つかまりそうな、右に抜けそうな、ん~」ってなイメージの顔付きではありましたが、これが少なくともレンジではいい感じ!! オートマチック系で安心感がありますね。

続いて50yイメージのスカイトラックデータで、PING GLIDE 58_50 ST3D

こちらが各球のデータです。PING GLIDE 58_50 ST

今までのウエッジのイメージより球が上がるイメージがあって、その分飛びすぎるような錯覚に陥り、若干ショート気味の傾向がありました。この辺はあくまでも自分の従来イメージとの兼ね合いなので、おいおい解決してくと軽~く考えています、はい。

最後は通常ショットのスカイトラックデータで、PING GLIDE 58_H ST3D

こちらが各球のデータです。PING GLIDE 58_H ST

まぁ、58度をガッツリ打つことはないとは思いますが、結果的に弾道がそろっているのがミソかな!! 顔付きからつかまりそうなイメージを持ってしまいますが、実は重心距離も長めなんじゃないかと思います。フッカーのボクでも、思うほどつかまりません。むしろ、油断するとスライスが出ることもありましたね。

こちらも52度同様実戦で使用しましたが、52度ほど使う機会が多くは無かったです。でも、打感はこれまたかなりマイルドでした。そして何よりも、ホントに抜けがサイコー!! 50y程の苦手な距離でちょっと手前から入ってもズズズッって滑りながら抜けてくれる感じでした。ボク的には、この辺の苦手な距離で安心感があるのはうれしい限りですね。まぁ、その辺を期待しての購入だったわけですが・・・

バンカーショットは1度だけでしたが、ここは厚めに入ってしまうミスで出ただけだったので・・・(汗) でも、これも抜けはいいはず!!

58度1本でもよかったのですが、どうせならウエッジはウエッジであわせたいという思いから52度も購入しちゃいました。

同シリーズは、ロフトはもちろんソール形状も豊富にラインアップしているので、プレースタイルに合わせたウエッジ選びができると思います。ボク的に52度はある種ショット的要素もありますが、58度は特に安心感が欲しかったのと、何よりスクープソールの抜けに期待しての購入でした。実戦はまだ1ラウンドですが、手応え充分な結果でした!

<ピン「GLIDE WEDGE」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(各10点満点)※58度ESソール
▽スピン性能:10▽操作性:7▽抜けの良さ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ロフトバリエーション(バンス角):SS=47度(12度)、50度(12度)、52度(12度)、54度(13度)、56度(13度)、58度(12度)、60度(12度)。WS=54度(14度)、56度(14度)、58度(13度)、60度(13度)。TS=58度(20度)、60度(19度)。ES=56度(14度)、58度(14度)、60度(14度)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「CFS WEDGE」(118g/1.3/中調子)。NSPRO950GH(S=98g/1.9、R=95g/2.0/中調子)。「MODUS3 TOUR105」(X=112g/1.6、S=106.5g/1.7、R=103g/1.9/手元調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=118g/1.6/手元調子)。
■価格:1本2万円+税