どーもです。

千葉・季美の森ゴルフ倶楽部で、テーラーメイドのニューモデル「M1」シリーズ&「PSi」アイアンの試打ラウンドをさせていただきました。以前、「AEROBURNER」の試打ラウンド(前編後編)も季美の森GCでしたが、前回は心も折れそうなほどの豪雨でした。今回は無事快晴!! そして、M1の飛距離には「マジですか!?」と驚きっぱなし。そんなラウンドレポをお届けしましょう。

今回、クラブセッティングの写真を取り忘れました。すみません。セッティングは以下の通りでした。

■ドライバー:【イン】M1 460【アウト】M1 430 オリジナルシャフト「TM1-116」のS
■FW:M1(3W) オリジナルシャフト「TM1-116」のS
■レスキュー:M1(21度)NSPRO950GHのS
■アイアン:Psi(#5~P、A)NSPRO950GHSのS
■ウエッジ:ツアープリファードTPウエッジ(52度、58度)ダイナミックゴールドS200
■パター:arc1ツアー
■ボール:ツアープリファード

会場の季美の森GCは今回レギュラーティ使用ですが、一部フロントティも混ざっていました。結果、アウト3,072y、イン3,061y、トータル6,133y。コースレートは不明。グリーンセッティングはスティンプメーター「8.5フィート」、刈り高3.8mmでした。

当日は朝にクラブの説明をササッと受けつつコーヒーなんぞ飲んでいたせいで、素振りだけでスタートとなったのでした。

インスタートで10番はやや左ドッグレッグの381yミドル。201510KIMINOMORI CC NO10-1

フロント9のドライバーはヘッド体積460cm3の「M1 460」でオリジナルシャフト「TM1-116」Sフレックスを使用。ウエートポジションはデフォルト、ネックのスリーブもSTDポジションで使用でした。いきなり放ったM1 460ティショットが、嘘みたいなストレートボールでFWセンターキープ。201510KIMINOMORI CC NO10-2

残り133y(EAGLE VISION VIOICEⅡ使用。グリーン上、周りは歩測距離)#9ショットは、ピン右4y。2パットでパーセーブ。

11番は軽く右ドッグレッグの474yロング。201510KIMINOMORI CC NO11-1

M1 460ティショットは完璧に芯を食った手応えで、右FWキープ。 EAGLE VISION VOICEⅡの地点登録で飛距離を計測していましたが、ここでなんと278yをマーク!201510KIMINOMORI CC NO11-2

残り195yからM1レスキューショットは引っかけてグリーン左ラフ。残り38y58度ショットをショートしてカラー手前。ピンまで11y52度寄せが、なんとカラン!! バーディゲット!

12番は138yショート。201510KIMINOMORI CC NO12-1

当日はピン手前&打ち下ろしもあって、120y。PSi Aティショットはピン手前4y、真っ直ぐのラインを打ち切れずにショート。でも、タップインでパーセーブ。

13番は右ドッグレッグの383yミドル。201510KIMINOMORI CC NO13-1

M1 3Wティショットは、プッシュアウトで右奥バンカーの右。201510KIMINOMORI CC NO13-2

ピンまで165y#7ショットは、左ピンに対して右手前カラー。ピンまで13yパター寄せはピン手前1y。1パットでパーセーブ!

14番は左に池が絡みやや打ち上げの315yミドル。201510KIMINOMORI CC NO14-1

M1 3Wティショットを引っかけてしまい左の池。打ち直しはチョロで、どっか~ん! 残り265y#5ショットが残り52yのFW。58度ショットはピン右4y。2パットでやっちまったのトリプルボギー(涙)

15番は軽く右ドッグレッグの476yロング。201510KIMINOMORI CC NO15-1

M1 460ティショットは左FWキープ。残り218yM1レスキューショットはやや当たりが薄めでグリーン右手前。ピンまで残り18y52度寄せはピン手前3y。2パットでパーセーブ。

16番は361yミドル。201510KIMINOMORI CC NO16-1

M1 460ティショットは若干当たりが薄く、右バンカー手前のラフ。201510KIMINOMORI CC NO16-2

残り129yPショットはややコスッテしまい右手前。残り12y52度寄せがピン手前4yと微妙。2パットでボギー。

17番は147yショート。201510KIMINOMORI CC NO17-1

#8ティショットは完全に当たり損ねのミスショットで左手前のラフ。超打ち上げの残り18y58度は打ち過ぎで奥のカラー。ピンまで12yパター寄せは後ひと転がり足りず!! 1パットのボギー。

18番は手前右に池、奥は左に池が絡む386yミドル。201510KIMINOMORI CC NO18-1

M1 460はかなりの手応えだったので、ここはギャンブルショット!! 池右端林の上、鉄塔のやや右狙い。これが、狙い通りに100点満点中200点をあげたいほど実力以上のショットでしたわ~! EAGLE VISION VOICEⅡ地点登録での距離計測は、最長記録281yを記録したのでした。201510KIMINOMORI CC NO18-2

でも、残り88y58度ショットがハーフトップ。幸い奥のカラーでピンまで14y。パター寄せはいい感じで、ストレスフリーのタップインでパーセーブ。

いきなり投入したクラブセッティングで、なんと4オーバー「40」。14番で痛恨のトリプルがありましたが、それでもいい結果を出せました。パッティングはチップインもあったので、なんと14パット。なんか、いい感じ!!

ちなみに、EAGLE VISION VOICEⅡの地点登録による距離計測の結果、フロント9で使用したM1 460の平均飛距離は265.2y。HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLFを勝った李京勲が「10~15y飛距離が伸びた」とコメントしていましたが、なんか、実際に打ってみて納得できたかも!!