どーもです。

千葉・季美の森ゴルフ倶楽部のラウンドレポ後編ですが、今回のラウンドはテーラーメイドのニューモデル「M1」シリーズと同じくニューモデル「PSi」アイアンの実戦試打でした。前半は14番でやらかしちゃいましたが、それでも4オーバー。とにかく、ドライバーがメッチャ飛びますわ~!! そんな中、バック9はヘッドがコンパクトな「M1 430」ドライバーに変更。さて、結果は出せるのか!? 早速、いっていましょう。

昨日も書きましたが、セッティングの写真ですが、撮り忘れました。というわけで、セッティングは以下の通りです

■ドライバー:【イン】M1 460【アウト】M1 430 オリジナルシャフト「TM1-116」のS
■FW:M1(3W) オリジナルシャフト「TM1-116」のS
■レスキュー:M1(21度)NSPRO950GHのS
■アイアン:Psi(#5~P、A)NSPRO950GHSのS
■ウエッジ:ツアープリファードTPウエッジ(52度、58度)ダイナミックゴールドS200
■パター:arc1ツアー
■ボール:ツアープリファード

ランチは、オススメの「豚肉と牛蒡の柳川風つけ蕎麦ご膳」。201510KIMINOMORI CC LUNCH

重すぎず、軽すぎず。いい感じでした!

バック9のドライバーは、ヘッド体積430cm3の「M1 430」ドライバーにスイッチ。シャフトは、フロント9同様Sフレックスです。

1番は軽く右ドッグレッグの487yロング。201510KIMINOMORI CC NO1-1

M1 430ティショットはいい感じの手応えで、右FWキープ。201510KIMINOMORI CC NO1-2

残り213y(EAGLE VISION VOICEⅡ使用。グリーン上、周りは歩測距離)M1レスキューは当たりが薄くグリーン左手前のラフ。ピンまで17y52度寄せがピン手前3yのバーディチャンス。でも、こいつをクルリンパで2パットのパー。

2番は真っ直ぐな399yミドル。201510KIMINOMORI CC NO2-1

M1 430ティショットはわずかに右で結果バンカー。201510KIMINOMORI CC NO2-2

残り132y#9ショットはダフリ気味で、残り60yFW。58度ショットもショートで、再びバンカー。21y58度バンカーショットは出ただけ。ピンまで8y52度寄せはピンに絡んで1パットでしたが、素ダボ。

3番は141yショート。201510KIMINOMORI CC NO3-1

#9ティショットはピン右8y。ここは2パットでパーセーブ。

4番は左ドッグレッグの322yミドル。201510KIMINOMORI CC NO4-1

M1 3Wのティショットがプッシュアウト。右はOBがあるので、暫定球を打っての進行。結果OB。暫定球はメッチャ飛んだけど右ラフ。201510KIMINOMORI CC NO4-2

残り52y58度ショットが薄くて手前のバンカー。バンカーショットは出たけどピン右7y。2パットでトリプルボギー。

5番は真っ直ぐな350yミドル。201510KIMINOMORI CC NO5-1

M1 430ティショットがプッシュアウト。残り98yでしたが、右奥の木の横についてしまい52度で1度脱出。残り75y58度ショットはピン右6y。ここも2パットでボギー。

6番は467y真っ直ぐなロング。201510KIMINOMORI CC NO6-1

M1 430ティショットはまずまずの当たりでしたがわずかに右ラフ。M1 3W軽めのショットはグリーン右11y。58度寄せはピン手前2yのバーディチャンス。軽く下りのフックを外して2パットのパー。

7番はグリーン前に池が絡む328yミドル。201510KIMINOMORI CC NO7-1

#5ティショットは完璧に芯を食ったベストショット!!201510KIMINOMORI CC NO7-2

残り95y52度ショットはピン手前4y。真っ直ぐ若干上りがあとひと転がり足りず2パットでパー。

8番は188yショート。201510KIMINOMORI CC NO8-1

当日はティグランドが前で、176y。#7ティショットはいい感じだったけど、グリーン右。ピンまで11y52度寄せはピン手前5y。2パットでボギー。

9番はセカンドが池越えになる390yミドル。201510KIMINOMORI CC NO9-1

右は230yで池、左は280yまで打てる状況。ここはM1 430でやや軽めに左狙い。これが狙い通りのショット!!201510KIMINOMORI CC NO9-2

実は危なかったのねぇ~!! 残り120yAショットはピン右手前3y。真っ直ぐ読みがカップ前でわずかにフック。2パットのパーセーブで終了。

後半OBもやらかしてちょっと暴れましたが、それでも7オーバーの「43」。パットは17パット。トータル「83」の31パットは、全く初めてで素振りだけでスタートしたクラブではまずまずの結果といえるでしょう。

なお、後半もEAGLE VISION VOICEⅡの地点登録で飛距離を計ってみましたが、M1 430のベスト飛距離は274y、平均飛距離は260yでした。

というわけで、まずはこのM1の飛距離にビックリ!! そして何気に驚いたのは、オリジナルシャフトがいい感じだったこと。オリジナルシャフトはリシャフトありきなんじゃないかと思わせるようなシャフトが挿さっているモデルもありますが、少なくとも今回のM1とオリジナルシャフトの相性はかなりいい感じ。本来M1というクラブのコンセプトにあわせて開発しているので、マッチングがいいのは当たり前のはずです。でも、そうじゃないクラブがあるのも事実。アスリートモデルにありがちな傾向ですが、アスリートモデルを感じさせるM1がオリジナルシャフトでここまでしっかり振っていけるのはいいですね!!

というわけで、試打クラブをそのままお借りして東京メトログリーンへGO!! 改めて試打してきましたので、明日からM1シリーズ&PSiアイアンをレポします。ぜひ、お付き合い下さいな!