どーもです。

今日紹介するのは、テーラーメイドのニューモデル「M1」シリーズのドライバー「M1 430」ドライバーです。昨日紹介した「M1 460」ドライバーの兄弟モデルで、季美の森ゴルフ倶楽部のバック9で実戦投入したモデルですね。普通に考えれば、ヘッド体積が小さめのモデルの方がやや難易度も高くなっているように想像してしまいますが、果たして想像通りなのか? その辺も確認してきましたので、さっそくいってみましょう。

まずは、見た目から。TM M-1 430 MAIN

「M1 430」にも、もちろん「フロント・トラック・ウエート・システム」「バック・トラック・ウエート・システム」が搭載されています。「M1 460」に比較すると、気持ちヘッド自体がコンパクトになっていました。TM M-1 430 SOLE

フェースはディープですね。「M1 460」に比較しても2割増しってな感じでした。形状的にはネック側もボリュームがあり、ややボクシーな形状になっていましたね。TM M-1 430 FACE

ボディ形状は、「M1 430」もかなりファットなボディですが、「M1 460」よりもフェース部分ややファットになっています。TM M-1 430 SIDE

後ろ姿です。TM M-1 430 BACK

構えてみるとこんな感じ。「M1 460」に比較すると「M1 430」の方がクラウンの投影面積が気持ちコンパクトで、いわゆるディープフェースモデルだというのも視認できると思います。TM M-1 430 TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「TM1-116」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58度、長さ45.5インチ、総重量312g、バランスD2。ヘッド体積430cm3。シャフトスペックは、重量57g、トルク4.1、中調子。TM M-1 430 SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

フィーリング的には「M1 460」とほぼ同じような感じでしたが、素振りしてみると気持ち「M1 430」のほうが、ヘッドがきいているようにも感じました。コースで打った限りでは、「M1 430」のほうは若干弾道がバラケ気味でしたが、これはやや操作性が高い証明かと思っています。というわけでレンジで実際に打ってみると、まず球はしっかり上がりますね。これは、「M1 460」も「M1 430」も一緒でした。普通に考えれば、ディープフェースの「M1 430」のほうがやや重心位置が高くなる分、気持ち叩けると思いますが、この部分は想像通りでしたね。でも、叩きにいくと若干振り遅れるのか、右に抜ける傾向はありました。まぁ、これはボクのスイングの問題かもしれませんけどね。でも、叩いても左に行かないので、結果ぶっ飛び!! この「M1」シリーズは。振れば振るだけ応えてくれる感じでしたね。「M1 430」のほうが想像通りやや操作性も意識しているように感じましたね。GST-3Bの3球平均データはHS45.8m/s、初速68.5m/s、飛距離250y、ミート率1.49で、ベストは写真の通りでした。TM M1 430 DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、TM M1 430 ST3D

その各球データはこちら。TM M1 430 ST

【3球平均】
HS48.0m/s、初速66.4m/s、打ち出し角13.8度、バックスピン量2407.3rpm、サイドスピン-200.5rpm、飛距離257.5y
【ベスト】
HS48.1m/s、初速66.4m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量2261.7pm、サイドスピン-32.3rpm、飛距離260.2y

打感はマイルド系。「M1 460」はやや打ち抜き感がありソリッド系と紹介しましたが、この「M1 430」は同じ素材なのになぜか打感がより柔らかくマイルドに感じました。重心位置との兼ね合いなのかな!?

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。TM M1 430 MST3D

弾道的にはしっかり高弾道。しっかり球が上がってくれるのは、「M1 430」もほぼ同じような印象でした。でも、「M1 430」のほうが気持ち左を気にせずに叩ける印象です。重心位置がやはり若干高めになっているせいか、「M1 460」に比較すると気持ちスピン量が多くなっていましたが、それでもサイドスピンは少なめ!! コースでは平均260y、最大飛距離274yを記録。なお、スカイトラックの260.2yは現在最長飛距離!!

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート。「M1 460」とほぼ同じスペックで、違いは重心高だと思いますが、フッカーのボクが左を気にせずにしっかり振っていけます。クラブに対する信頼感はすでにありましたが、その上で「振っていけるじゃん!!」っていうのがいいですね!

その振り感ですが、基本的なフィーリングは「M1 460」同様ですね。シャフトのスペック的には、ボクには気持ちアンダー気味な印象でしたが、実際には十分打てました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~45 m/sあたりにオススメかな。何度も書いていますが、おそらく「M1 460」よりは高重心でしょう。その分、ある程叩けるヒッタータイプのほうがより合いそうに感じました。ボクくらいのHSなら、十分振っていけるモデルでした。「M1 460」はほぼオートマチックな印象でしたが、「M1 430」は気持ち操作性も意識してモデルでしょうね。この「M1 430」もオリジナルシャフトとのマッチングがいいですね。でも、叩きたい人にはさすがに柔らかさが先入観として張り込みそうかも。そういう意味では、この「M1 430」はカスタムシャフトも必要かもしれませんね。何はともあれ、このドライバーもかなり飛ぶので、是非1度試してみてほしいモデルですな!

<テーラーメイド「M1 430」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ&フェース=6-4チタン、クラウン=グラファイト・コンポジット
■シャフト(重量/トルク/調子):「TM1-116」(S=57g/4.1、SR=56g/4.5、R=52g/4.7/中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」(S=69g/3.8/中調子)。「ATTAS G7 6」(S=65g/3.8/中調子)。「KUROKAGE XM60」(S=63g/3.7/中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)
■価格:「TM1-116」装着モデル1本7万2000円+税。「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」「ATTAS G7 6」「KUROKAGE XM60」「ツアーAD GP-6」装着モデル1本9万5000円+税。
■備考:左用無し
■発売予定:2015年12月上旬