どーもです。

今日紹介するのは、ブリヂストンゴルフ「J015」シリーズのFWです。同シリーズは本来カスタムフィッティングの上、最適な1本を提供することをコンセプトにしたパーツ販売モデルですが、試打クラブということでフィッティングなしでの試打レポになります。このFWもオリジナルシャフト「J15-02w」装着モデルの試打となっています。というわけでいってみましょう。

まずは見た目です。BS J015 FW MAIN

やや小振りなヘッドで、ソール後部にウエートが装着されていました。このウエートは可変式のようですが、今回はデフォルトの6g装着での試打です。BS J015 FW SOLE

フェースはディープフェースですね。形状的にはオーソドックス。FWのフェースにはミーリングが採用されていませんでした。BS J015 FW FACE

ややディープ気味なボディで、ハイバック。この辺はドライバーをそのまま小振りにしたような印象ですね。BS J015 FW SIDE

後ろ姿です。BS J015 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影積がやや小さめで、コンパクトに見えますね。でも、丸形クラウンだと、ちょっと安心感があるのはボクだけでしょうか!?BS J015 FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「J15-02w」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43.25インチ、総重量323.5g、バランスD2。ヘッド体積157cm3、シャフトスペックは、重量57g、トルク4.8、中調子。BS J015 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

重量的には、ドライバー同様いい感じの重さです。素振りしてみた感覚も、これまたドライバー同様手元にしっかり感があって切り返しがシャープな感じでした。実際に打ってみると、まぁ~球が強いですわ~!! 適度にスピン量が確保された感じで、なんか妙に重そうな出球が印象的でした。ちなみみ、このFWは払い打ちタイプには合わなそうに感じました。重心位置が高めなんじゃないかと思いますが、FWでもある程度打ち込むようなイメージじゃないとヘロヘロ球ばかりでしたね。そういう意味では、決してラクなモデルではないのかもしれません。いわゆるオートマチックな万人向けではないようには感じましたが、最近こんな感じのクラブも少なくなってきているので、逆に個性的な印象を受けましたね。GST-3Bの3球平均データはHS44.2m/s、初速64.3m/s、飛距離225y、ミート率1.45で、ベストは写真の通りでした。BS J015 FW DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、BS J015 FW ST3D

その各球データはこちらです。BS J015 FW ST

【3球平均】
HS45.1m/s、初速62.7m/s、打ち出し角10.8度、バックスピン量3488.0rpm、サイドスピン-17.0rpm、飛距離228.5y
【ベスト】
HS45.2m/s、初速62.8m/s、打ち出し角12.4度、バックスピン量3690.1rpm、サイドスピン52.7rpm、飛距離231.5y

打感はマイルド系ですが、若干弾き感もある感じ。この辺はドライバーのフィーリングと一緒ですね。音も軽快かつ小気味のよい音でした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。BS J015 FW MST3D

弾道的には、やや高めの中弾道。キッチリ打ち込んで行くくらいのイメージでこの弾道なので、やはり決してラクなモデルではないですね。スピン量も適度にあるので、これはある程度操作性も意識したモデルなんじゃないかと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。スカイトラックのデータを見る限り、珍しくフェード回転がかかっていました。ボクの中ではいつも通り振っているイメージですが、ボク自身意図していないわずかな差をクラブが拾っているリニアさもあるのかもしれませんね。って、ボクが鈍感なだけだったりして!?

振り感ですが、これもドライバー同様かなりシャープに振れる印象でした。手元にしっかり感があるので、切り返しがゆったりしたタイプよりも、速めのほうがあいそうなイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでやはりHS43~45m/sあたりにオススメですね。ティアップ無しで打つ分ドライバーほどラクさを感じませんでしたが、ボクレベルでも「難しすぎて使えませんわ~!」ってな感じでは無いところがいいですね。ここ最近では稀な硬派系ですが、扱う楽しみのあるクラブですね。タイプ的には、切り返しがやや速めでしっかりシャープに振っていけるヒッタータイプ向けだと思います。

<ブリヂストンゴルフ「J015」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=ハイパーマレージング綱AM355+ステンレスネジ(6g)、フェース=ハイパーステンレス465
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度
■ヘッド体積:3W=157cm3、5W=147cm3
■ヘッド重量:3W=214g、5W=219g
■価格:ヘッド単体3万2000円+税