どーもです。

今日紹介するのは、ブリヂストンゴルフ「J015」シリーズのUTです。ボク的には、見た目でなんか難しそうなオーラを感じちゃいましたが、果たしてその実態はどうなのか? FWを打ってみても決してラクなモデル無いことを実感しているだけに、余計な先入観もあるかもしれません。その辺はフラットにして打ってみましたので、その結果をレポしてみたいと思います。では、いってみましょう。

まずは見た目です。BS J015 UT MAIN

ヘッドはやや小振り。でも重心深度が深めに感じられる形状に加え、ソール後部にウエート装着なので、実際には低深重心モデルなんじゃないかと思うのですが・・・BS J015 UT SOLE

フェースは、ディープフェース。これはもうJ015シリーズの顔なんでしょうね。こうやってみる限りはそれほど難しいモデルには感じないのですけどね。BS J015 UT FACE

FW同様ややディープ気味なボディでハイバックになっています。やはり、やや後部に長めですね。BS J015 UT SIDE

後ろ姿です。BS J015 UT BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや小さめで、コンパクトに見えます。でも、なんかトゥ側にボリュームがありつつ、若干逃げ顔にも見えて、なんか難しそうに感じてしまうのでした。BS J015 UT TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「J15-02H」Sフレックス装着モデルの3H。スペックは、ロフト角21度、ライ角59度、長さ40インチ、総重量355.5g、バランスD1。ヘッド体積104cm3。シャフトスペックは、重量63g、トルク4.0、中調子。BS J015 UT SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

重量的には、まずまずの重さでしたね。素振りしてみた感覚も、手元にしっかり感があって切り返しがシャープな感じでしたが、若干ヘッドが軽いように感じました。後でわかったのですが、重量でAヘッド、Bヘッドの2モデルが用意されているようですが、ボクが打ったのはAヘッドだと思います。実際に打ってみると、最初はややトップ気味を連発しましたが、ヘッドを意識して打ち込んでいくとこれがいい感じに打てましたね。昨日紹介したFWを「払い打ちタイプには合わなそうに感じました」と書きましたが、このUTも同様だと思います。ある程度打ち込んでいくイメージが必要なんじゃないかなって思いました。GST-3Bの3球平均データはHS42.2m/s、初速59.3m/s、飛距離203y、ミート率1.40で、ベストは写真の通りでした。BS J015 UT DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、BS J015 UT ST3D

その各球データはこちらです。BS J015 UT ST

【3球平均】
HS42.9m/s、初速57.2m/s。打ち出し角13.6度、バックスピン量4150.2rpm、サイドスピン-738.1rpm、飛距離200.9y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速56.8m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量3733.6rpm、サイドスピン756.8rpm、飛距離204.9y

打感は弾き系でした。ドライバー&FWとはフィーリングが違うように感じました。音もやや乾いた感じで、パキッとした感じでした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。BS J015 UT MST3D

弾道的には、高弾道。FW同様打ち込んで行くイメージでこの弾道ってことは、決してラクなモデルではないかな。スピン量も適度にある感じで、なんか弾道が強そうでしたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。適度につかまる感じ。FWは結構シビアに感じましたが、このUTはFWほどリニアな反応ではないように感じました。

振り感ですが、これはもうJ015の特徴かもしれませんが、やはりシャープに振れる印象でしたね。手元にしっかり感があるので、切り返しが速めのほうがあいそうなイメージすね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでやはりHS43~45m/sあたりにオススメ。キッチリ打ち込んでいけるヒッタータイプ向けで、切り返しが速めのほうが合いそうに感じました。FWほどリニアさがなく、クラブが適度につかまえてくれる感じもあります。決してラクなモデルではありませんが、クラブがプレーヤーを育ててくれる感じかな。使っておもしろいクラブかもしれませんね。

<ブリヂストンゴルフ「J015」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ハイパーマレージング綱AM355+ステンレスネジ(6g)、フェース=ハイパーステンレス465
■ロフトバリエーション:2H=19度、3H=21度、4H=23度
■ヘッド体積:2H=107cm3、3H=104cm3、4H=101cm3
■ヘッド重量:Aヘッド2H=229g、3H=235g、4H=241g Bヘッド2H=233g、3H=241g、4H=246g
■価格:ヘッド単体2万5000円+税