どーもです。

連日紹介してきたブリヂストンゴルフ「J015」シリーズですが、今日紹介するアイアンがオオトリです。「J015」にはウエッジもラインアップされていますが、今回試打できたのはアイアンまでしたのであしからず。それにしてもこのアイアン、見た目のオーラがハンパないですわ~!! ウッド系もかなり硬派な印象でしたが、このアイアンも硬派なオーラがビンビン! というわけで、早速いってみましょう!

まずは見た目から。BS J015 IRON MAIN

構造的にはいわゆるキャビティアイアン。バックフェースのスイートエリア付近の厚みが確保されているので、これはマイルドな打感なんじゃないかなって想像できます。BS J015 IRON BACK

フェースはコンパクトフェースですね。もう、なんか、BSって感じがしませんか!? BSファンにとっては、なんともいえない顔でしょうね。BS J015 IRON FACE

ソール幅は適度に確保されている感じ。BS J015 IRON SOLE

ネックは軽いグースが入っているように見えますが、ほぼストレートといえるでしょう!BS J015 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。ヤバイでしょう、この感じ!! トップラインの薄さがハンパないっすね。ぶっちゃけ、薄すぎ。最近、マッスルバックでもここまでシャープな顔つきはないんじゃないかな・・・って。BS J015 IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200装着モデルの#5。スペックは、ロフト角27度、ライ角60度、長さ38インチ、総重量427.5g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク1.7、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

重量的にはしっかり重めで、重量級ですね。カーボンシャフトに変えた今、ボクにとっては結構重量級でした。素振りしてみると、ウッド系同様シャープな振り感でしたね。実際に打ってみると、これは操作性が高いですわ~!! このスペックは振れれば球は上がるし、距離も出るとは思いますが、ボクのようにリストターンがキツいタイプだとギュンといっちゃいそうな感じでした。これはもう、スイング通りの弾道が出るモデルですな。打点も結構シビア。芯を外すと距離もかなり落ちます。そういう意味では、感覚的にはマッスルバックですわ!! GST-3Bの5球平均データはHS39.1m/s、初速56.0m/s、飛距離180y、ミート率1.43で、ベストは写真の通りでした。BS J015 IRON DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、BS J015 IRON ST3D

こちらがその各球データでした。BS J015 IRON ST

【3球平均】
HS40.0m/s、初速53.6m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3886.6rpm、サイドスピン-1101.1rpm、飛距離185.2y
【ベスト】
HS40.1m/s、初速53.8m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量3900.2rpm、サイドスピン-1145.7rpm、飛距離186.2y

打感はソリッド系。マイルド感と打ち抜き感がいい感じに同居していますね。でも芯を外すと結構ビリビリ系。マッスルバックみたいでした。

弾道はこんな感じでした。

そのスカイトラックデータがこちらです。BS J015 IRON MST3D

弾道は、やや高めの中弾道。この重量を振り切れれば、球の上がりは問題ないでしょうね。でも、問題はスピン量。バックスピンは少なめですが、サイドスピンが-1000rpmオーバー!! フェースの開閉が大きいボクにとっては、ギュンとフックが出ちゃいそうな感じかも。

出球傾向ですが、ボクのスイングだとフック系ですね。前述通りですが、フェースの開閉が大きいボクにとってはサイドスピン満載モデル。でも、この辺をコントロールできるとおもしろいでしょうね!!

振り感は、シリーズ通じてやはりシャープな振り感ですね。以前はDGでも手元のしなりがいい感じにタメを作ってくれるのがわかりましたが、最近カーボンに変えたせいか、なんか硬さと重さばかり感じてしまったかも。

続いて#7ですが、こちらのスペックはロフト角34度、ライ角61度、長さ37インチ、総重量442g、バランスD2。BS J015 IRON 7I MAIN

フェースBS J015 IRON 7I FACE

構えてみるとこんな感じ。BS J015 IRON 7I TOP

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS J015 IRON 7I MST3D

#7といえば、ボクレベルでも狙っていきたいイメージのアイアンですが、そういう意味ではやはりシビアさはあります。イメージ通りに打てたときは問題ありませんが、コワイのは意図しないスイングのミス。逆球なんか出た日には、もう、怖くてショットを打てなくなっちゃうかもしれませんからね。そういうシビアさがありますが、スイングの再現性が高い上級者にとっては弾道を操れる強い味方になってくれそうですね。GST-3Bの3球平均データはHS37.2m/s、初速49.7m/s、飛距離149y、ミート率1.33で、ベストは写真の通りでした。BS J015 IRON 7I DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、BS J015 IRON 7I ST3D

その各球データがこちらです。BS J015 IRON 7I ST

【3球平均】
HS38.8m/s、初速49.7m/s、打ち出し角18.3度、バックスピン量5052.4rpm、サイドスピン-972.8rpm、飛距離160.7y
【ベスト】
HS39.5m/s、初速50.7m/s、打ち出し角19.4度、バックスピン量5207.1rpm、サイドスピン-901.5rpm、飛距離164.8y

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS45~46m/sは必要だと思います。まずはこの重量を振り切れることが最低条件でしょうが、そもそもカスタムフィッティングによって最適な1本を選ぶ出すためのパーツ販売モデルなので、本来であればこのような表現もあり得ないか!! 性格的には、もう、ガッツリマニュアル系だと思います。前述通り、操作性が高いモデルなので、弾道を操りたいホンモノ上級者には心強いモデルでしょう。ボクレベルでは意図しない逆球もコワイですが、腐れフックが出ちゃいそうです。 ほぼマッスルバックと変わらないシビアさを感じたキャビティアイアンでした。

<ブリヂストンゴルフ「J015」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:10▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:軟鉄
■価格:ヘッド単体1個1万8000円+税