どーもです。

キャロウェイのニューモデル「GREAT BIG BERTHA」(グレートビッグバーサ)シリーズと「APEX」(エイペックス)シリーズのアイアンを試打できました。まずはグレートビッグバーサ(以下GBB)ですが、今回ラインアップされているのはドライバーとFWでした。GBBといえば大型ヘッドの走りだったようにも記憶していますが、現代に甦ったGBBがどんな形で甦ったのか。早速いってみましょう。

まずは見た目から。CAL GBB DR MAIN

今回のGBBはソールのフェース後部にウエートを装着した上で、ソール後部に「ペリメーター・ウエイティング」を採用していましたね。従来のビッグバーサよりもネック側へのスライド幅を増やすことで、ドローバイアスを強くしているようです。また、ウエートも2.5g重くなっているようです。CAL GBB DR SOLE

フェースはシャローっぽいような、ディープっぽいようなフェースでした。ネック側はシャローですが、トゥ側がディープってな感じなんですよね。CAL GBB DR FACE

ボディを見る限りはシャローですよね。CAL GBB DR SIDE

後ろ姿です。CAL GBB DR BACK

構えてみるとこんな感じ。なんか、懐かしい形状ですね!! やや三角形っぽい形状で、クラウンの投影面積も適度にあって、安心感のある見た目でした。CAL GBB DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「BIG BARTHA」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45インチ、総重量310g、バランスD1.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.5、中調子。CAL GBB DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

試打ポジションですが、基本性能を確認するためにペリメーター・ウエイティングがデフォルトポジション、アジャスタブルホーゼルのセッティングは「N」「S」ポジションでした。重量的にはいい感じですが、気持ち軽めかな。素振りしてみた感覚は、ムチのようにシャフトがしなるようなイメージでした。実際に打ってみると、スピン量少なめの弾丸ライナー系の弾道が印象的でしたね。ボクのスイングのクセでやや右に抜ける感じはありましたが、これはいわゆるコスッて右ではなく、振り遅れて右に抜けるような感じでした。それにしても、とにかく球が強いっすね!! ボクの記憶に残っている昔のGBBもドーンと高弾道が印象に残っていますが、弾道イメージはまさにそのままですね。しかも、ミスヒットの寛容性が高く、特にフェース下部のミスヒットにはめちゃめちゃ強かったっす!「あっ!!」と思っても、出球はしっかりした感じで、弾道をみて「あれっ!?」ってなっちゃうシーンもありました。GST-3Bの3球平均データは、HS46.8m/s、初速67.2m/s、飛距離244y、ミート率1.43で、ベストは写真の通りでした。CAL GBB DR DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、CAL GBB DR ST3D

その各球データがこちら。CAL GBB DR ST

【3球平均】
HS47.5m/s、初速65.7m/s、打ち出し角14.1度、バックスピン量2532.3rpm、サイドスピン-148.2rpm、飛距離252.9y
【ベスト】
HS47.3m/s、初速65.5m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量2361.3rpm、サイドスピン-305.3rpm、飛距離253.8y

打感はマイルド系。シャフトのトルクもあるかもしれませんが、いわゆる分厚いインパクトでしたね。音は中音域が強調された感じでした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちらでした。CAL GBB DR MST3D

弾道的には、高弾道。スピン量少なめの弾丸ライナー系ですが、基本的につかまりはいいモデルだと思います。しかも、サイドスピンがめちゃめちゃ少ないので、直進性が高いってのが最大の特徴かもしれませんね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。シャフトが柔らかめなので、ボクだと若干ヘッドが遅れて来て右に抜けるような感じはありましたが、その辺をキッチリ意識したらほぼストレートの弾丸ライナー弾道を楽しめます。

振り感ですが、シャフトの挙動的には結構全体がムチのようにしなるイメージでしたね。でも、手元から先までが素直にしなるので、クセはないですね。ただ、ボクのようにタメちゃうタイプだと、若干ヘッドが遅れる感じはありました。そういう意味では、切り返しがおとなしめで、むしろ若干アーリーリリース気味のほうがシャフトがタメを作ってくれそうにも感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりのオススメですね。デフォルトポジションで試打する限り、オートマチックにつかまえてくれるモデルだと思います。ある種究極のオートマチック系かもしれませんが、ペリメーター・ウエイティングがあるので、スイングとの相性でチューニングすれば誰でも使えるモデルですね。オリジナルシャフト装着モデルは、若干アーリーリリース気味の方のほうが、クラブが仕事してくれるようにも感じました。そして、平均的に飛びますわ~!

<キャロウェイ「グレートビッグバーサ」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=αβチタンボディ、クラウン=フォージド・コンポジットクラウン、フェース=αβチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「BIG BERTHA」(S=53g/5.5、SR=52g/5.5、R=50g/5.8/中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」(S=69g/3.8/中調子)、「Speeder569 EVOLUTIONⅡ」(S=59.5g/4.2/中調子)。「ツアーAD GP-5」(S=57g/4.3/中調子)、「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)
■価格:「BIG BERTHA」装着モデル1本7万2000円+税。「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」「Speeder569 EVOLUTIONⅡ」「ツアーAD GP-5」「ツアーAD GP-6」装着モデル1本8万9000円+税。
■備考:左用は受注生産