どーもです。

今日紹介するのは、キャロウェイのニューモデル「GREAT BIG BERTHA」(グレートビッグバーサ)のFWです。現代に甦ったグレートビッグバーサ(以下GBB)ドライバーはオートマチックにつかまるぶっ飛びモデルでしたが、果たしてFWはいかに。キャロウェイといえば攻撃的なFWの印象が強いですが、このGBB FWも同様なのかを確認してきましたので、早速いっていましょう。

まずは見た目から。CAL GBB FW MAIN

ドライバーに採用されていた「ペリメーター・ウエイティング」ですが、さすがにFWには採用されていませんでした。でも、フェース後部のウエートは配置されているということは、これはやや浅重心を意識したモデルなのかな!? だとしたら、「X HOT」「X2 HOT」あたりも意識したモデルですかね。CAL GBB FW SOLE

フェースはシャローフェースです。GBB FWのフォージドカップフェースを採用のようですね。ってことは、やっぱりぶっ飛びFWかもしれませんな!CAL GBB FW FACE

シャローボディで後部にも長め。で、フェース後部にウエートって。ん~、どっちやねん!!CAL GBB FW SIDE

後ろ姿です。CAL GBB FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は適度な大きさがありますね。形状的には三角形っぽいのがやはり懐かしい形状でした。CAL GBB FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「BIG BARTHA」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角15度、ライ角56度、長さ43インチ、総重量323g、バランスD2。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.5、中調子。CAL GBB FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

試打時のアジャスタブルホーゼルのポジションは「N」「S」でした。重量的にはいい感じですが、やはり、気持ち軽め。素振りしてみた感覚ですが、ドライバーに比較するとやや手元のしっかり感があるような感じで、ドライバーよりは切り返しでしっかり振って行けそうな気配を感じました。実際に打ってみると、スピン量少なめの弾丸ライナー系の強弾道を連発!! ぶっちゃけ、なんじゃこりゃ~状態! 今現在ボクはX HOT FW(300yスプーン)を使用ですが、この300yスプーンに出会ったときのような衝撃でしたね。しかも、300yスプーンよりもオートマチックにつかまって、球が上がりますわ~!! こりゃ~すげぇ~なぁ~! しかも、スカイトラックデータではたまたまの1球ですが、とてつもない飛距離をマーク!! レンジでちょっと興奮してしまいましたわ! GST-3Bの3球平均データは、HS43.9m/s、初速64.1m/s、飛距離225y、ミート率1.45で、ベストは写真の通りでした。CAL GBB FW DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、CAL GBB FW ST3D

その各球データがこちら。CAL GBB FW ST

【3球平均】
HS46.0m/s、初速63.7m/s、打ち出し角12.2度、バックスピン量3172.6rpm、サイドスピン-27.7rpm、飛距離239.8y
【ベスト】
HS46.6m/s、初速64.6m/s、打ち出し角12.8度、バックスピン量3214rpm、サイドスピン-45.9rpm、飛距離245.6y(!!)

打感はソリッド系。柔らかめの打感の中にしっかりした打ち抜き感があって、感覚は300yスプーンに似た感じでしたね。音は中音系で、ドライバーとほぼ一緒でした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちらでした。CAL GBB FW MST3D

弾道的には、やや高めの中弾道。ドライバー同様スピン量少なめの弾丸ライナー系ですね。前述していますが、300yスプーンに似たモデルですが、300yスプーンよりもオートマチックにつかまるモデルですね。そして、サイドスピンがめちゃめちゃ少なく、直進性が高く、とにかく攻撃的なモデルですね!

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。ドライバーよりも手元のしっかり感があって、より振っていける印象でしたが、やはり右に抜ける感じがあったのはボクのスイングの問題ですね。

振り感ですが、手元のしっかり感がドライバーよりあるので、気持ち振っていけるイメージでした。とはいえ、シャフト自体はSでも柔らかなめなので、振れる人にとってはその辺を意識する必要はあるかもしれません。まぁ、ヒッタータイプにはリシャフトがオススメですけどね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメですね。基本性格的には、ドライバー同様オートマチックにつかまえてくれるモデルです。直打ちでもしっかり球をあげてくれる安心感は、ボクレベルのアマチュアゴルファーにとってはメチャクチャ信頼感のあるクラブだといえるでしょう。しかも、ぶっ飛びな上にミスヒットにも強いって、もう、鬼に金棒状態!! これ、試してみる価値アリな1本ですぜぇ!!

そうそう、今回試打できていませんが、同シリーズには「HEAVEN WOOD」「DIVINE NINE」なるウッドが設定されています。「HEAVEN WOOD」はロフト角20度で長さ42.75インチモデル、「DIVINE NINE」はロフト角24度で長さ41.5インチとなっています。この2本もなんかおもしろそう!

<キャロウェイ「グレートビッグバーサ」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、ヘブンウッド=20度、5W=18度、7W=21度、ディバインナイン=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「BIG BERTHA」(S=51g/5.5、SR=50g/5.5、R=48g/5.8/中調子)
■価格:1本4万1000円+税。
■備考:左用は受注生産