どーもです。

昨日まではキャロウェイ「GREAT BIG BERTHA」シリーズを紹介してきましたが、今日からは「APEX」アイアンシリーズを紹介しましょう。「APEX」アイアンには、「APEX」「APEX PRO」アイアンの2モデルが用意されています。ということで、まずは「APEX」アイアンから紹介してみましょう。

まずは見た目から。CAL APEX IRON 2015 MAIN

構造的には、見る限りキャビティアイアンなのですが・・・。どうやら、なんとアイアンなのに360度カップフェースになっているようです! なお、バックフェース下部は厚みがあって、低深重心を意識した構造にはみえますね。CAL APEX IRON 2015 BACK

フェースはコンパクトフェース。でも、ややトゥ・ヒールに長めにみえましたね。CAL APEX IRON 2015 FACE

ソールはやや広めに感じました。CAL APEX IRON 2015 SOLE

ネックはセミグースネック。バンス角もそこそこついていそうなので、なんか打ちやすそうなイメージ!CAL APEX IRON 2015 SIDE

構えてみるとこんな感じした。コンパクトにみえる顔つきですが、トップラインの厚さも確保されているので、意外と安心感もありますね。CAL APEX IRON 2015 TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」Sフレックス装着モデルの#5。スペックは、ロフト角24度、ライ角61度、長さ38インチ、総重量415.5g、バランスD3。シャフトスペックは、重量114g、トルク1.7、中元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

重量的にはやや軽めですが、素振りしてみるとヘッドがきいている感じでしたね。バランスD3というのも納得でした。実際に打ってみると、さすが「頂点」を意味するアイアンだけあって高弾道ですね。ロフト角24度でこの高弾道はビックリですわ~。それから、メッチャ飛びますわ~!! 決して無茶振りしているつもりはありませんが、それでも見た目で飛んでいるのがわかるほどでしたね。スカイトラックデータでは平均191yをマーク。レンジでこの飛距離なら、コースボールで200yも期待できますからね!! ただし、ボクにとってはオートマチックにつかまっちゃう感じ。その辺を意識してもつかまる感じがしたので、フッカーのボクには、その辺が逆に怖さかもしれません。GST-3Bの3球平均データはHS39.4m/s、初速55.9m/s、飛距離180y、ミート率1.42で、ベストは写真の通りでした。CAL APEX IRON 2015 DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、CAL APEX IRON 2015 ST3D

その3球平均はこちらでした。CAL APEX IRON 2015 ST

【3球平均】
HS40.7m/s、初速53.7m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量3432.4rpm、サイドスピン-834.4rpm、飛距離191.2y
【ベスト】
HS40.8m/s、初速54.5m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量3615rpm、サイドスピン-1006rpm、飛距離193.0y

打感はソリッド系。マイルドさの中に打ち抜き感がある感じですが、気持ち球離れが速めかな。それでも、弾き系っていう感じでは無いのが、なか不思議。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。CAL APEX IRON 2015 MST3D

弾道的には、文句なしの高弾道ですね。球はガッツリ上がります。ドーンと強弾道ですが、ボクのスイングだとちょっとオートマチックにつかまってしまう感じでした。サイドスピンはちょっと多めかな。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー強めですね。ボク的にはつかまえるつもりは無くても、オートマチックにつかまっちゃう感じでした。

振り感ですが、意外とシャープに振れますね。ヘッドがきいているので、切り返しでヘッドがスッと降りてくる感じ。後はそこに加速してあげれば、ドーンってな感じでした。

続いて#7ですが、こちらのスペックはロフト角31度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量429.5g、バランスD3。CAL APEX IRON 2015 7I MAIN

フェースCAL APEX IRON 2015 7I FACE

構えてみるとこんな感じでした。CAL APEX IRON 2015 7I TOP

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちらです。CAL APEX IRON 2015 7I MST3D

#5でかなりつかまるイメージだったので、ショートアイアン系はもっとつかまっちゃうのかな・・・とかイメージしていましたが、実際に打ってみると、やはりオートマチックにつかまりますね。ボク的にはちょっとギュン!!ってな感じでしたね。でも、高さは出るし、つかまりもいいので、これはフェードヒッターにはかなり心強い味方になってくれるかもしれませんね。GST-3Bの3球平均データはHS37.9m/s、初速52.9m/s、飛距離158y、ミート率1.39で、ベストは写真の通りでした。CAL APEX IRON 2015 7I DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、CAL APEX IRON 2015 7I ST3D

その各球データがこちらです。CAL APEX IRON 2015 7I ST

【3球平均】
HS39.9m/s、初速51.2m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量4388.5rpm、サイドスピン-999.6rpm、飛距離170.3y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速51.0m/s、打ち出し角19.4度、バックスピン量4284.5rpm、サイドスピン-1126.7rpm、飛距離171.6y

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりにオススメですね。重量的にはまずまずの重さ、かつヘッドがきいているのでそれなりのパワーは必要かなと思います。でも、基本的にはオートマチック系テーストで、クラブがしっかり仕事をしてくれるイメージでしたね。ボクがオススメしたいのは、ある程度振れるタイプですが、持ち球的にはフェード系、スライサー向けだと思います。ボク的には、オートマチックに打ちやすくて、ミスヒットに強く、しかも飛ばせるアイアンだと思います。

<キャロウェイ「APEX(2015)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=軟鉄+VARメダリオン、フェース=17-4ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)。「NSPRO950GH」(S=98g/1.8、R=94.5g/2.0/中調子)。カーボンシャフト「BIG BERTHA」(S=53g/5.5、R=61g/4.2/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット12万6000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本2万1000円+税。カーボンシャフト装着モデル6本セット13万8000円+税、単品各1本2万3000円+税。
■備考:左用は受注生産