どーもです。

タイトリストのニューモデル「716アイアン」シリーズに加え、「816H1」「816H2」の2タイプのUTを試打できました。前作「714アイアン」シリーズは#5試打でしたが、今回そんなことをすっかり忘れて#7を手配してしまいました。というわけで、全て#7の試打レポになりますが、その辺はご了承ください。まずは「716AP1」からいってみましょう。

早速見た目から。TITLEIST 716AP1 MAIN

ブラック&レッドのカラーリングは先代からの遺伝子ですね。構造的には、どうやらアンダーカットキャビティになっているようです。慣性モーメントも大きそうに感じますね。TITLEIST 716AP1 BACK

フェースはセミラージで、トゥ・ヒールに長めですね。これは、払い打ちでも球が上がってくれそうなイメージかな。TITLEIST 716AP1 FACE

ソール幅は適度に幅が確保されていました。TITLEIST 716AP1 SOLE

ネックはセミグースです。TITLEIST 716AP1 SIDE

構えてみるとこんな感じ。フェース自体適度な大きさを確保しているので、安心感のある顔つきだと思いますね。TITLEIST 716AP1 TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量411g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

持ってみると、まず軽めでした。しかも、グリップもかなり細めでしたね。素振りしてみた感覚では、クセがなく振れそうな感じでした。実際に打ってみて感じたのは、弾道的にはスピン量少なめのライナー系の弾道が打ちやすいという印象でした。正直いうと、もっとドーンと勝手に高弾道なイメージだったのですが、ボクの想像よりはやや低めのライナー性の高い弾道だったように感じました。最近は#7でも嘘みたいなぶっ飛び系が増えているので、そう思うと最近のぶっ飛び系アイアンとは一線を画したモデルだと思いますが、かといって決して飛ばないモデルではないですね。ある程度飛距離を意識しつつ、従来通りの扱いやすさを踏襲したモデルだと思います。GST-3Bの3球平均データは、HS38.8m/s、初速52.0m/s、飛距離156y、ミート率1.33で、ベストは写真の通りでした。TITLEIST 716AP1 DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、TITLEIST 716AP1 ST3D

その各球データは以下がこちらです。TITLEIST 716AP1 ST

【3球平均】
HS39.6m/s、初速50.8m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量4583.2rpm、サイドスピン-705.6rpm、飛距離169.4y
【ベスト】
HS39.5m/s、初速50.6m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量4302.4rpm、サイドスピン-936.3rpm、飛距離169.6y

打感は柔らかめでした。やや弾き感も感じますが、芯を食った打感はいい感じの柔らかさでした。ただし、いつも書いていますが、NS特有の若干インパクトで感じるシャフトのグニャリ感は若干あったように感じてしまいました。

弾道はこんな感じ。

弾道的には、やや高めの中弾道。スピン量少なめのライナー性の弾道イメージで、高さよりも前に行くイメージでした。個人的に持っている#7の弾道イメージよりも若干低めだったかな。TITLEIST 716AP1 MST3D

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。これはオートマチックにつかまる感じで、その辺を意識するとドーンと右に抜けるような感じはありました。

シャフトですが、NSPRO950GHのインパクト時に感じるグニャリ感を感じちゃいましたね。振り感自体はシャープに振れるのですが、どうもこのグニャリ感は苦手ですわ・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s当たりにオススメ。従来通り、タイトリストにしてはかなり扱いやすい、オートマチック系アイアンだと思います。ニューモデルとして意識したポイントは、やはり飛距離なんじゃないかと思います。ミスヒットの寛容性の高さに加え、オートマチックに打ちやすくて、飛距離も期待できるモデル。それが716AP1なんじゃないかと思います。

<タイトリスト「716AP1」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:6▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ステンレス+タングステン・ニッケルウエート
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.9/中調子)。カーボンシャフト「タイトリストMCI60」(S=未確認/3.5/先中調子)。
■価格:スチールシャフト6本(#5~P)セット9万6000円+税、単品(#4)1本1万6000円+税。カーボンシャフト6本セット10万8000円+税、単品1本1万8000円+税。
■備考:左用あり(#5~P)