どーもです。

タイトリストのニューモデル「716アイアン」シリーズですが。今日紹介するのは「716AP2」アイアンです。昨日紹介した716AP1に比較すると、見た目だけでもとても同じシリーズとは思えないほどの違いがあるんじゃないかな・・・とか思っちゃいます。何はともあれ、いっていましょう!

早速見た目から。TITLEIST 716AP2 MAIN

バックフェースですが、なんか今回の716シリーズは精かんなイメージに見えたのはなぜだろう!?TITLEIST 716AP2 BACK

フェースは小顔。716AP1に比較すると「まじっ!?」って思っちゃうくらいに小顔だったりします。形状的にも、ややCBに近づいたような顔付きに見えましたな。TITLEIST 716AP2 FACE

ソール幅は、小顔のわりには思った以上に確保されていました。TITLEIST 716AP2 SOLE

ネックはほぼストレートですね。TITLEIST 716AP2 SIDE

構えてみるとこんな感じ。かなりの小顔に加え、トップブレードもかなりシュッとした感じ。#7でも、「なんか、難しそうじゃない・・・」ってな感じのオーラが漂っています。TITLEIST 716AP2 TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角33度、ライ角63度、長さ37インチ、総重432g、バランスD2。シャフトスペックは未確認です。TITLEIST 716AP2 SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

持ってみると、重量的にはいい感じの重さでした。というか、やや重めでしたわ。グリップも太めでしたね。素振りしてみると、 716AP1を打ったあとということもあってか結構な重量感でした。これはそれなりのパワーが必要でしょうね。実際に打ってみると、「おっ!?」ってな感じ。なにが、「おっ!?」なのか。これは操作性が高く、スピンコントロールができるとおもしろそうなアイアンかなって感じましたね。イメージ的には、かなりCBに近づいたような印象でしたが、ぶっちゃけ「#7でこんなに難しいの!?」って(汗) 714AP2はもうちょっと扱いやすさがあったように記憶していましたが、716AP2はかなりCB側に振ったような印象を受けました。GST-3Bの3球平均データは、HS39.3m/s、初速50.9m/s、飛距離153y、ミート率1.30で、ベストは写真の通りでした。TITLEIST 716AP2 DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、TITLEIST 716AP2 ST3D

その各球データは以下がこちらです。TITLEIST 716AP2 ST

【3球平均】
HS39.2m/s、初速50.3m/s、打ち出し角19.1度、バックスピン量5421.3rpm、サイドスピン-1179.1rpm、飛距離160.2y
【ベスト】
HS39.0m/s、初速50.2m/s、打ち出し角19.2度、バックスピン量5284.8rpm、サイドスピン-1150.1rpm、飛距離161.3y

打感は柔らかめ。フェースの乗り感はかなりマイルドで、この辺はさすがタイトリストですな。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちらTITLEIST 716AP2 MST3D

弾道は、高弾道。716AP1とは同じ#7でもロフトは3度寝ていますが、そのロフト以上にスピン量がしっかり確保できる感じ。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系ですが、基本的にスイング通りです。いいスイングをすれば思った通りの弾道がでるし、スイングをミスすればミスした通りの弾道になります。そういう意味でもコントローラブルなアイアンだと思います。

シャフトですが、ボクはこのダイナミックゴールドAMTというシャフトの素性をよくしりませんが、打ってみた感覚としてはダイナミックゴールドとほぼ同じようなフィーリングで、今ひとつ何がどうちがうのかはわかりませんでした。すみません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS44~45m/sは欲しい感じですね。しっかり重量系なので、最低条件はこの重量をしっかり振り切れるパワーがあることですね。その上で、ボク的にはしっかりダウンブローで打ち込めるタイプにオススメ。コントラーブルなので、ボク的には弾道を操りたい上級者にオススメしたいですね。714AP2比較すると、よりCBに近づいたようなイメージでより操作性を意識モデルに進化したように感じました。

<タイトリスト「716AP2」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄、タングステン・ニッケルウエート、ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」(スペック未確認)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.9/中調子)。
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」「NSPRO950GH」6本(#5~P)セット10万8000円+税、単品(#3、#4)1本1万8000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR120」6本セット11万4000円+税、単品1本1万9000円+税。
■備考:左用あり(#5~P)