どーもです。

今日紹介するのは、タイトリストのニューモデル「716アイアン」シリーズの「MB716」アイアンです。言わずと知れた、ザ・マッスルバックアイアンです!! 前作MB714は直線的なデザインでしたが、今回のMB716は流麗のデザインになっていましたね。でも、最大の問題は、ボクレベルで打てるのかどうかですよね。とういうわけで、いっていましょう。

まずは見た目から。TITLEIST 716MB MAIN

先代MB714はバックフェースも薄めのプレーンバックのイメージでしたが、それに比較すると今回のMB716は若干厚みが増しているようにも感じました。TITLEIST 716MB BACK

フェースはかなりの小顔。CB716とほぼ一緒に感じましたが、よ~く比較してみると、微妙にMB716のほうがコンパクトになっていました。TITLEIST 716MB FACE

ソール幅はかなり薄めですね。CB716に比較しても、かなり薄いソールになっていました。TITLEIST 716MB SOLE

ネックはほぼストレート。かなり出っ歯なアイアンですが、微妙にバンスもあるようですね。TITLEIST 716MB SIDE

構えてみるとこんな感じ。見た目的にはCB716に近い感じですが、やっぱりMB716のほうが微妙に小顔な分シビアに見えてしまいます。TITLEIST 716MB TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」S200装着モデルの#7。スペックは、ロフト角35度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量433g、バランスD2。シャフトスペックは未確認です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースール使用です。

持ってみると、重量的にはしっかり重め。グリップも太めでしたね。顔が小さい分、素振りしても「やっぱりシビアそうだな・・・!?」ってな感じ。実際に打ってみると、やはりいろんな意味でシビアですね。まず、打点にシビア。芯を外すと、軽く10yは飛距離が変わってしまいます。まぁ、こういうアイアンを使う人はそこまで芯を外さないかな!? そして、スイングに対してリニアに反応する操作性の高さも、ボクレベルにはシビアですな。ボクレベルだと、とんでもないフックもでれば、まさかのスライスも出ちゃいましたからね。唯一感じたのは、トップ気味のミスヒットの対する寛容性かな。若干トップ気味でも球はそこそこ上げてくれる感じでした。距離は落ちちゃいますけどねぇ! やはり、タイトリストのMBは、そう簡単に使いこなせる感じは無かったかも・・・(汗) GST-3Bの3球平均データは、HS38.7m/s、初速51.8m/s、飛距離155y、ミート率1.34で、ベストは写真の通りでした。TITLEIST 716MB DATE

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、TITLEIST 716MB ST3D

その各球データはこんな感じでした。TITLEIST 716MB ST

【3球平均】
HS39.1m/s、初速50.1m/s、打ち出し角19.0度、バックスピン量5551.2rpm、サイドスピン量-1201.9rpm、飛距離160.5y
【ベスト】
HS39.0m/s、初速50.1m/s、打ち出し角19.3度、バックスピン量5394.5rpm、サイドスピン量-1174rpm、飛距離161.3y

打感はかなりマイルド。CB716同様あの分厚いインパクトが感じられましたね。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちらです。TITLEIST 716MB MST3D

弾道的には、しっかり高弾道。しっかりダウンブローに打てれば球は上がりますが、問題はスピンコントロールでしょうね。ボク的にはバックスピンよりもサイドスピンが・・・

出球傾向はボクのスイングで軽いドロー系ですが、スイング通りの出球が出ますね。良くも悪くもスイング通りですね。

シャフトですが、このシャフトもダイナミックゴールドAMT。連日書いていますが、ボク的にはダイナミックゴールドとの差はわかりません。すみませんです。かなりシャープに振り抜ける印象はかわりません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでやはりHS44~45m/sは欲しい感じです。「716アイアン」シリーズの中では、いうまでもなく最もコンパクトなモデル。良くも悪くも操作性が高く、弾道を操りたいという人にとっては思い通りの弾道を打てそうなアイアンだと思います。ただし、スイング通りの出球なので、ミスはミスとして結果が返ってくるシビアさがありますね。ボクレベルでは、レンジではある程度打てても、コースで使いこなす自信はないですわ~!

<タイトリスト「MB716」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」(スペック未確認)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)。
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」6本(#5~P)セット10万8000円+税、単品(#3、#4)1本1万8000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR120」6本セット11万4000円+税、単品1本1万9000円+税。
■備考:左用あり(#5~P)