どーもです。

今日紹介するのは、タイトリストのニューモデル「816H2」HBです。昨日紹介した816H1の兄弟モデルですが、今日紹介する816H2は見た目が全く違いますね。より小振りなヘッドで、一見して抜けの良さは想像できますが、問題はシビアさですかね。小振りなハイブリッドって、個人的にはどうしてもつかまり過ぎやシビアさをイメージしてしまうのですが、果たしてこの816H2はどうなのか。早速いってみましょう。

まずは見た目から。TITLEIST 816H2 MAIN

915シリーズだと、915Hdに対応する感じですかね。816H1よりもネック側バックが浅く、トゥ側バックにボリュームがある形状になっていました。もちろん、フェース下部のソールにはミゾ(アクティブ・リコイル・チャネル)が設定されています。TITLEIST 816H2 SOLE

フェースは若干ディープ気味で、形状的には816H1と一緒かな。でも、816H2のほうが明らかにコンパクトですわ~!!TITLEIST 816H2 FACE

816H1もコンパクトボディに感じましたが、この816H2はさらにこのコンパクトなボディでした。TITLEIST 816H2 SIDE

後ろ姿です。TITLEIST 816H2 BACK

構えてみるとこんな感じ。こりゃ~かなりコンパクトですわ~!! 正直、ボク的にはやや難しさを感じてしまう大きさかも・・・(汗)TITLEIST 816H2 TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの21度。スペックは、ロフト角21度、ライ角58.5度、長さ39.5インチ、総重量383g、バランスD2。ヘッド体積は未発表。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.9、中調子。試打ポジションは、デフォルトの「A1」でした。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

スペック的には816H2と全く一緒でしたが、実際に持ってみた感覚的な部分での差は感じませんでした。素振りしてみると、やはり振り抜き感はいい感じでしたね。実際に打ってみると、打感は816H1とほぼ一緒。タイトリストとしては珍しい弾き系でやや球離れが速めのイメージでした。816H1との違いですが、ボクが感じたのはやはり操作性ですね。816H2のほうがフェースの開閉がしやすい分、ボク的にはよりつかまえやすいイメージでした。実際にスカイトラクのデータを確認してみても、816H2のほうがサイドスピン多めという結果でした。また、球の高さも抑えられたというか、操作性できる感じでしたね。816H1のほうはややオートマチック気味に球が上がってくれましたが、816H2は同じ感覚で打つとやや高さが抑えられていたようにも感じました。GST-3Bの3球平均データはHS39.2m/s、初速60.0m/s、飛距離206y、ミート率1.53で、ベストは写真の通りでした。TITLEIST 816H2 DATE

スカイトラックの弾道データがこちらで、TITLEIST 816H2 ST3D

その各球データはこんな感じでした。TITLEIST 816H2 ST

【3球平均】
HS43.6m/s、初速58.0m/s、打ち出し角12.9度、バックスピン量3170.5rpm、サイドスピン-977.5rpm、飛距離208.2y
【ベスト】
HS45.2m/s、初速59.9m/s、打ち出し角12.4度、バックスピン量3223.7rpm、サイドスピン-847.7rpm、飛距離217.2y

打感は弾き系。タイトリストファンにとっては、好みが別れるところかな…

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちらでした。TITLEIST 816H2 MST3D

弾道的には、高めの中弾道かな。この弾道を見る限りでは、球の上がりにくさは感じないかも。飛距離的には昨日よりも飛んでいませんが、昨日のが飛びすぎ!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。たまたまかもしれませが…。でも、サイドスピン量少なめなので、直進性が高いのかもしれませんな。

振り感ですが、ボク的にはシャープに振り抜けましたね。ヘッドがコンパクトだけに、抜けが良さそうな感じがいいですね!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低HS45m/sは欲しい感じでした。昨日も書きましたが、重量的にしっかりしているので、やはりこの重量を振り切れるパワーは必要でしょうね。その上で816H1と816H2の違いですが、より操作性と抜けの良さを意識したのが816H2なのではないかと感じました。いずれにせよ、より飛距離に特化したモデルなんじゃないかな~って、感じましたわ~!

<タイトリスト「816H2」HB>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=455カーペンタースチール
■ロフトバリエーション:19度、21度、23度、25度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「タイトリストMCI」(S/R=未確認)、「ツアーAD HY85」(S=88g/2.4/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.9/中調子)、「ダイナミックゴールドAMT」(S200=未確認)。
■価格:カーボンシャフト「タイトリストMCI」装着モデル1 本 3万5000円+税、「ツアーAD HY85」装着モデル1本4万2000円+税。スチールシャフト装着モデル各1本3万1000円+税。
■備考:右用のみ