どーもです。

年末恒例企画の「データで見る」シリーズですが、今日のアイアンで最後です。今年1年は皆さんにとってどんな1年だったでしょうか? 個人的には、最後の最後で倒れましたからねぇ…。まぁ、何はともあれ、早速いってみましょう!

アイアンの傾向ですが、7番でもロフトが立っているモノ、寝ているモノ、渾然一体です。ヤマハ「UD2+」の登場からぶっ飛び系アイアンもいくつか出てきていますが、飛距離の上位2モデルはそっち系でした。ロフトを見てみると、26度~37度と実に11度の差があるモデルもあります。ボクの中で#7は35~37度。26~27度って#5のロフトですからね・・・。番手の概念が崩れつつあるのかもしれません。

データ項目のHSは「ヘッドスピード(m/s)」、BSは「初速(m/s)」、飛距離(ヤード)、ミート率です。
2015アイアン

【とにかく飛んだ!】
①マルマン「マジェスティ ロイヤルブラック」175y
②ブリヂストンゴルフ「JGR ハイブリッド フォージド」170y
③PRGR「iD NABLAチタンフェース」、ヨネックス「EZONE Tri-G」、アメリカン倶楽部「MAD-01」168y

【とにかく印象に残った!】
①タイトリスト「CB716」 ※もはや先代と何が違うのかがわかりませんが…
②フォーティーン「TC606」 ※さすがフォーティーン!!
③テーラーメイド「PSi」 ※バランスが絶妙ですわ!

【とにかく打ちやすい!】
①ピン「GMAX」 ※ストロングロフト系ですが、これは打ちやすいっす!
②本間ゴルフ「TW727P」 ※球の上がりと飛距離のバランスがいい感じでした。
③プーマ・コブラ・ゴルフ「FLY-Zフォージド」 ※このレベルのアイアンにしては打ちやすい!

では皆さん、良いお年を!!