どーもです。

今日紹介するのはダンロップスポーツ「XXIO9」シリーズのカスタムシャフト「Miyazaki Melas」装着モデルです。ヘッドは、どうやら別モノようですね。カラーリングが違うだけかと思いましたが、打ってみた感想も別モノだったので個別に紹介させてもらいます。では、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールを見る限り、Miyazaki装着モデルはカラーリングが黒というだけに見えましたが、別モノのようです。DUNLOP SPORTS XXIO9 DRIVER with MIYAZAKI SOLE

フェースですが、若干トップラインの曲線に差があるかも知れません。よりディープフェースっぽく見えますね。DUNLOP SPORTS XXIO9 DRIVER with MIYAZAKI FACE

ボディも、よりディープかな!?DUNLOP SPORTS XXIO9 DRIVER with MIYAZAKI SIDE

後ろ姿です。DUNLOP SPORTS XXIO9 DRIVER with MIYAZAKI BACK

構えてみるとこんな感じ。明らかに違うのは、トゥ側の処理の仕方ですね。フェースに向かうカーブのアールが、このMiyazaki装着モデルのほうがきつめになっていました。DUNLOP SPORTS XXIO9 DRIVER with MIYAZAKI TOP

今回ボクが試打したのは、カスタムシャフト「Miyazaki Melas」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、45.5インチ、総重量299g、バランスD4。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク5.3、中調子。DUNLOP SPORTS XXIO9 DRIVER with MIYAZAKI SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみると重量的には軽めですが、MP900装着モデルを打った後だけに重量感がありましたね。とはいえ、総重量300gはボクには軽めかな。ワッグルしてみると、「おっ!!」ってな感じでした。何が「おっ!!」なのか? それは、思った以上にしっかりした感じがあったからでした。MP900装着モデルはワッグルだけでも手元がしなって先もしなるのがわかりましたが、Miyazakiモデルは先のしなりは感じなかったかも!?

実際に打ってみると高弾道なのは変わりませんが、シャフトの動き方が違いますね。シャフトの手元がしなりかつ先がしなるMP900に対し、手元のしなりが軽減されていました。ボク的にはグリップ重量の差なのでは無いかと思っています。昨日紹介したMP900装着モデルはグリップ重量が27g。対するMiyazakiモデルは40g。その差13gは大きいですぜぇ~!! MP900装着モデルはアーリーリリースタイプにオススメだと感じたのは、その辺もあるでしょうね。一方Miyazakiモデルはグリップが重い分、タメをつくれるタイプにオススメですね。なぜなら、グリップが重い分手元で操作ができないからです。この辺が今回のXXIO9の秘密かもしれませんね。

スカイトラックの弾道データがこちらで、XXIO9 DR MIYAZAKI ST3D

その各球データがこいつでした。XXIO9 DR MIYAZAKI ST

【3球平均】
HS46.9m/s、初速64.9m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量3221.1rpm、サイドスピン-446.1rpm、飛距離249.1y
【ベスト】
HS46.2m/s、初速64.1m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2833.6rpm、サイドスピン-366.3rpm、飛距離250.1y

打感は弾き系ですな。昨日も書きましたが、球離れが速い感じでした。音も甲高くて、それが弾いている感を演出しているのかもしれませんね。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。XXIO9 DR MIYAZAKI MST3D

弾道的には、高弾道ですね。打ち出し角が高くて、そのまま前に行く感じでしたね。しかも、バックスピンもサイドスピンも少なめ!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いフェード系でしたわ~! でも、データ的にはドロー回転なんですよね。これ、データのエラーかな…!?

振り感は手元がしなる感じでしたが、最大の違いは先の走り感かな。MP900装着モデルは手元がしなって先も走る感じでしたが、このMiyazaki装着モデルは手元がしなって先はしなりが少ない感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/sは欲しいかな。MP900装着モデルがアーリーリリースタイプにオススメだったのに対して、このMiyazaki装着モデルは一般的にタメが作れるタイプにオススメだと思います。今回のXXIO9はグリップ重量が違いますが、この辺りがキーポイントなんじゃないかと思います。前作XXIO8で採用された理論をさらに進化させた上で、敢えてMP900装着モデル、Miyazaki装着モデルと2モデルをラインアップしたのではないかと思いました。

<ダンロップスポーツ「XXIO9 Miyazakiモデル」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&クラウン=8-2チタン+SUSウエート、フェース=チタン(SUPER-TIX PLUS for XXIO)
■シャフト(重量/トルク/調子):Miyazaki Melas(S=55g/5.3、SR=52g/5.4、R=50g5.5/中調子)
■価格:1本8万8000円+税