どーもです。

今日紹介するのは、ヤマハ「NEW RMXシリーズ」の「RMX116」ドライバーですね。昨日紹介した「RMX216」の兄弟モデルですが、こちらはヘッド体積が445cm3でよりディープな感じでした。見るからに昨日紹介した「RMX216」よりは操作性を意識したモデルのようにも感じますが、問題は今のボクが果たしてもそれを感じ取れるかどうかです。では、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールですが、昨日紹介したRMX216に比較すると後部が盛り上がってボリュームがある感じですね。そして、ウエートもヒールだけではなくトゥにも配置されていました。RMX116 DR SOLE

フェースですが、このRMX116のほうがよりディープですね。そして、スコアラインも刻まれていました。RMX116 DR FACE

ボディは典型的なディープ&ハイバック。RMX116 DR SIDE

後ろ姿ですが、ハイバックなのが一目瞭然ですわ!!RMX116 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。洋ナシ型でクラウンの投影面積もより小さめですね。操作性の良さをイメージできそうな感じですね。RMX116 DR TOP

今回試打したのは、三菱レイヨン「FUBIKI Ai 50」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.5インチ、総重量302g、バランスD2。ヘッド体積は445cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク5.2、先中調子。スリーブポジションはノーマルでした。RMX116 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感じです。重量的には軽めだったりしますが、今のボクにはいい感じかな。昨日書いたとおり、ワッグルしてみると先が走りそうな気配でした。でも、実際に打ってみると、な、なんとフェード系じゃないですか!! やっぱりボクのスイングが変わってしまったのかも・・・。この「RMX116」もミスヒットの寛容性の高さは感じられましたが、操作性が高いようにも感じましたね。同じシャフトでもヘッドが変わると操作性も高くなるということですな。余談ですが、ボクの個人的な見解でクラブの性格は8割ヘッドの重心位置で決まると思っています。シャフトの要因は2割。重心位置ありきのシャフト挙動だと感じています。話を本題に戻すと、1発目がフェード系、2発目はストレート系、3発目はドロー系とまさにバッラバラの出球でした。スイング通りの球筋が出るってことですな!!

スカイトラックデータはこんな感じで、RMX116 DR ST3D

その各球データです。RMX116 DR ST

【3球平均】
HS44.2m/s、初速61.5m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量2257.6rpm、サイドスピン-76.1rpm、飛距離237.3y
【ベスト】
HS44.6m/s、初速62.0m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量2256.1rpm、サイドスピン161.4rpm、飛距離240.2y

打感ですが、ソリッド系。弾き感とマイルド感がいい感じに同居していますが、これは昨日紹介した「RMX216」と一緒かな。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。RMX116 DR MST3D

弾道的には、高弾道。「RMX116」は「RMX216」よりも重心位置が高めなイメージでしたが、それでもスピン量はより少なめなんですね。これ意外でしたね。

出球傾向ですが、これは振った通りですね。ボクのスイングで、先中調子のFUBUKI Ai50でフェードが出ること自体珍しいことですが、まぁ、まだ病み上がりということで・・・!!

シャフトの振り感ですが、手元のしっかり感があるので、その分先が走る感じでした。でもやっぱり、シャフトのしなりを上手く使えていないような気がします。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメですね。「RMX216」がオートマチックにつかまる系だったのに対して、この「RMX116」は操作性重視って感じかな。まぁ、シャフトも含め自分に合ったモデルを作り出せるのがこのRMXドライバーの利点ですが、それをワンスペックで決めつけるのはかなりの暴挙だと思います。でも、ヘッドの特性としてはハッキリ感じられました。あとはスイングタイプに合うようにシャフトをフィッテイングすれば、ほとんどのゴルファーをカバー出来そうかも。さすが、こだわりのヤマハですな!!

<ヤマハ「RMX116」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI Ai50」(S=59g/5.2、SR=57g/5.3、R=56g/5.4/先中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)。「Speeder661 EVOLUTION」(S=69g/3.1/中調子)。「KURO KAGE XM60」(S=63g/3.7/中調子)。
■価格:ヘッド単体4万3000円+税。シャフト=「FUBUKI Ai50」3万2000円+税、「ツアーAD GP-6」「Speeder661 EVOLUTION」「KURO KAGE XM60」4万2000円+税。