どーもです。

ヤマハ「NEW RMXシリーズ」ですが、今日紹介するのは「RMX116」アイアンですね。昨日紹介した「RMX216」アイアンは感動モノでしたが、ボクの個人的な嗜好からいけば期待したいのはこの「RMX116」アイアンだったりします。さてその実力はいかに? 早速、いっていましょう。

まずは見た目から。

構造的にはキャビティタイプですが、フェース後部に切れ込みが入っているのでポケットキャビティかな!? ここにミゾを刻むことで低重心化しているのかもしれませんね。RMX116 IRON BACK

フェースはミッドサイズですね。形状的にはインプレスから脈々と続く伝統の顔付きでしたね。RMX116 IRON FACE

ソール幅もミッドソールでしたね。リーディングエッジが削られていました。RMX116 IRON SOLE

ネックはセミグース。バンス角もありそうでしたね。RMX116 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。トップブレードが薄めでインプレス時代のCBを彷彿とさせる伝統の顔付きですね。RMX116 IRON TOP

今回試打したのは、オリジナルスチールシャフト「NSPRO RMX95」Sフレックス装着モデルの#7。スペックはロフト角31度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量421g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク未発表、中調子。RMX116 IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感じは、重量的には軽めですが今のボクには重めでしたね。長さ的に昨日紹介した「RMX216」よりは0.25インチほど短くなっていましたが、その上でこの重量差はヘッド重量の差ですかね。でも、バランスは一緒なのでカウンターバランスなのかな!? その辺を意識しながらワッグルしてみましたが、う~ん、わからない!! RMX116もRMX216と同じような感じでしたが・・・。実際に打ってみてまず感じたのは、やはり打ちやすさかな。RMX216に比べるとグースは軽減されていますが、それでも弾道を見る限りRMX216とほぼ一緒な結果でした。高弾道でほぼストレートでしたが、落ち際で若干左にいっているようにも見えました。でも、まぁ、コースなら誤差の範囲かな。RMX116も打ちやすいですね。

スカイトラックデータはこんな感じで、RMX116 7I ST3D

その各球データです。RMX116 7I ST

【3球平均】
HS38.2m/s、初速48.8m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量4137.2rpm、サイドスピン-753.3rpm、飛距離159.6y
【ベスト】
HS38.2m/s、初速48.7m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量4178.4rpm、サイドスピン-601.0rpm、飛距離160.5y

打感はマイルド系。フェースの乗り感があって、いかにも中上級者が好みそうな感じでした。音も落ち着いた中音系ですね。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。RMX116 7I MST3D

弾道的には、高弾道。ロフト角31度と昨日紹介したRMX216よりもわずかに1度寝ていますが、たかが1度されど1度ですね。バックスピン量が確実に増えていましたわ~! 試打当日はアゲの風が吹いていたのでその影響もあったかもしれませんが、RMX216よりも吹け上がった感じもあったかな・・・

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート系。一般的に見ればロースピン系でしょうが、RMX216に比較したら若干スピン量多めに感じました。まぁ、この辺はある程度の操作性は意識してかもしれませんね。

シャフトの振り感ですが、RMX216同様インパクト時のグニャリ感が無いのは好印象でしたね。振り抜き感もいい感じでしっかり打ち込んでいけそうなイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。このクラブのポイントは、やはり打ちやすさですかね。一般的にはロースピンモデルでしょうが、RMX216に比較すると若干操作性も意識しているように感じました。とはいえ、限りなくオートマチック系でしょうね。飛距離と打ちやすさに特化したRMX216に対して、RMX116は打ちやすさを意識しつつもある程度の操作性を実現していると思います。その差がロフト角の“1度”の差なんじゃないかなぁ~とか思ったりして!!

<ヤマハ「RMX116」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO RMX95」(S=98g/未発表/中調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/未発表/元調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=129g/未発表/元調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット10万8000円+税、単品(#4)1本1万8000円+税。