どーもです。

連日紹介してきたヤマハ「NEW RMXシリーズ」ですが、今日は「RMX116 TB」アイアンを紹介しましょう。「TB」は「TOUR BLADE」の頭文字のようです。藤田寛之プロ&谷口徹プロ使用モデルで、2000セットの限定販売モデルのようですね。そんなわけで、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

形状的には、この「RMX116 TB」は正真正銘のキャビティタイプですね。ネック側がえぐれて、中間からトゥ側にかけてバックフェースのボリュームが確保されている感じでした。RMX116 TB IRON BACK

フェースはコンパクトフェースでした。トゥがツンと立った感じもツアーモデルの伝統的な形状ですよね。RMX116 TB IRON FACE

ソールは思った以上に確保されていますが、リーディングエッジ&トレーリングエッジ削られているので実際には狭い感じかな。RMX116 TB IRON SOLE

ネックはストレートネック。ボディが薄めですね。RMX116 TB IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。コンパクトフェースが認識できると思います。トゥが立っているとフトコロが浅めでもしっかりつかまりそうなイメージが持てる感じですね。RMX116 TB IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの#7。スペックはロフト角34度、ライ角61度、長さ36.75インチ、総重量442g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク未発表、元調子。RMX116 TB IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感じは、重量的にはずっしり重め。DGってこんなに重かったっけってな感じでしたが、これはボクが病み上がりだからでしょうね。この辺をしっかり振れるようにならないと・・・(汗) ワッグルしてみると、しなりを感じられません。普段の生活にはなんの支障もありませんが、ブランクに加えこの辺に影響がでているかもしれませんね。確実に倒れる前の感覚と違う感じでしたわ。実際に打ってみると、やはり振れていないというか、#7で150yしか飛ばない自分にビックリ!! 「スカイトラック、マジか!?」って疑っちゃうほどでした。まぁ、ロフトも寝ていますからね。でも、そのわりにはスピン量少なめですね。これは打ち込めてない証拠なのかな!? 弾道的には「RMX216」「RMX116」とほぼ一緒でしたが、いかんせん飛距離が・・・(汗) 病み上がり&ブランクの影響だと信じたいですね。

スカイトラックデータはこんな感じで、RMX116 TB 7I ST3D

その各球データです。RMX116 7I ST

【3球平均】
HS37.1m/s、初速47.3m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量4466.1rpm、サイドスピン-774.0rpm、飛距離153.9y
【ベスト】
HS37.6m/s、初速47.9m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量4498.5rpm、サイドスピン-1046.5rpm、飛距離154.9y

打感はマイルド系。フェースの乗り感があって、分厚いインパクトでした。この辺はさすがですね。音も落ち着いた中音系でした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。RMX116 TB 7I MST3D

弾道的には、高弾道。打ち出し角はいい感じでしたが、それでもバックスピン量が少なめですね。まぁ、ボクは元々バックスピン量少なめですが、果たしてこれがクラブの影響なのか、ボクのスイングによるモノなのかは時期が時期だけに判断が厳しい感じです。でも、サイドスピンは1000rpm越えですから、フェースに開閉はしやすいのでしょうね。ってことは、ボクのスイングの影響か・・・(汗)

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。っていうか、操作性が高く振った通りの球筋が出るでしょうね。

シャフトの振り感ですが、久し振りに打ってみると「ダイナミックゴールドってこんなに厳しかったっけ!?」です。この辺のギャップを埋めたいですね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低HS45~46m/sは必要かな。さすがプロ使用モデルって感じかな。ある程度のミスはクラブがカバーしてくれるイメージはありましたが、やはり操作性が高めなのでスイングのミスがそのまま出球に反映しそうなシビアさも同時に感じました。見た目はこの「RMX116 TB」が好みでしたが、今のボクには「RMX216」が1番あっていそうな感じかも!?

<ヤマハ「RMX116 TB」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:6▽上がりやすさ:10▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(S200=129g/未発表/元調子)
■価格:6本(#5~PW)セット12万円+税、単品(#3、#4)各1本2万円+税。