どーもです。

いよいよヤマハ「NEW RMXシリーズ」も今日紹介する「RMX ウエッジ」がオオトリです。今までヤマハのウエッジって打ったことが無かったので、今回の「RMXウエッジ」が初体験となります。というわけで、早速いっていましょう!!

まずは見た目から。

プレーンなバックフェースですが、ネック側がえぐれているのが特徴的。トップブレードバックがフォーティーンをイメージさせる形状でした。RMX WEDGE BACK

フェースはコンパクトフェースでしたね。トップラインの丸みが特徴的ですね。RMX WEDGE FACE

ソールはミッドサイズかな。ネック側の削りが絶妙な感じでした。開いても座りがいい感じでした。RMX WEDGE SOLE

ネックはストレートネック。トップブレードのバックにボリュームがある逆テーパーブレドタイプですが、この辺はスピン量を意識してでしょうね!!RMX WEDGE SIDE

構えてみるとこんな感じ。ティアドロップ系ですね。リーディングエッジが特徴的で、なんかボールを拾ってくれそうな感じでしたね。RMX WEDGE TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの52度。スペックはロフト角52度、バンス角6度、ライ角63.5度、長さ35.25インチ、総重量469g、バランスD3。シャフトスペックは、重量129g、トルク未発表、元調子。RMX WEDGE SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感じは、重量的にはずっしり重めでしたね。ボクの状況を差し引いてもしっかり重量級でしょう。ワッグルしてみると、ヘッドがかなり効いている感じでした。

まずはフルショットですが、これはいい感じですね。ヘッドが効いているので、ヘッドを感じて自然に下ろしてやるイメージで振っていければ、いい感じに打てそうです。6度とローバンスモデルなので、少なくともレンジで打っている分には気になりませんでしたが、芝の上からだとシビアがあるかもしれませんね。

スカイトラックのデータがこちらで、RMX WEDGE FULL ST3D

その各球データです。RMX WEDGE FULL ST

※3球目の打ち出し角13.2度となっていますが、明らかにエラーでしょうね!!

フルショットしている分には、スピン量も安定して弾道もそろっている感じでした。

続いて苦手な中途半端な50yイメージですが、やはり弾道がバラけますな!! でも、これくらいならボクの実力を考えれば、誤差の範疇かな(笑)

スカイトラックデータでRMX WEDGE HALF ST3D

こちらがその各球データです。RMX WEDGE HALF ST

データ的には・・・、バッラバラですな(汗) スピン量も安定していませんが、この辺はボクの腕の問題ですわ!!

最後に15yイメージのアプローチですが、これはいい感じでした。まぁ、左右のブレは腕の問題ですが、ヘッド重量を意識して落としてやればちょうどいい感じかな。まぁ、芝の上からじゃないからねぇ~

スカイトラックデータはこんな感じで、RMX WEDGE AP ST3D

その各球データです。RMX WEDGE AP ST

最後にバンカーですが、レンジ横のバンカーで試打してみました。ローバンスモデルなのでバンカーショットに不安がありましたが、フェースを開いてハンドレート気味を意識してスパンと打てば、いい感じにエクスロージョンショットが打てました。まぁ、技術は求められそうですが、少なくとも出すだけならローバンスでも出そうな感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでやはり最低HS45m/sは欲しい感じですね。フェースの開閉がしやすく、開いても座りがいいのは好印象ですね。そういう意味では、打ち手に技術があれば対応してくれる操作性の高いウエッジという印象でした。

<ヤマハ「RMXウエッジ」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(各10点満点)
▽スピン性能:9▽操作性:10▽抜けの良さ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄
■ロフトバリエーション(ロフト角/バンス角):50度/6度、52度/6度、56度/10度、58度/10度
■シャフト(重量/調子):「ダイナミックゴールド」(S200=129g/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/中元調子)、「NSPRO RMX95」(S=98g/中調子)
■価格:1本1万8000円+税