どーもです。

ナイキのニューモデル「VAPOR FLY」シリーズを試打出来ましたので、今日から紹介しましょう。昨年登場した「VAPOR」シリーズの後継モデルなのか、それとも兄弟モデルなのか。入院していたのでなんの情報もないまま試打してみましたが、結果はいかに!? ドライバーだけで3モデルもありますからね。まずは「VAPOR FLY」ドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

この「VAPOR FLY」はおそらく「VAPOR SEED」に対応するモデルでしょう。コンプレッションチャネル、コバートに端を発するドライバーのキャビティ構造もいよいよ熟成の時期を迎えるのでしょうか!?NIKE VAPOR FLY DR SOLE

フェースはディープ気味かな。「VAPOR SPEED」はシャロー気味でしたが、この「VAPOR FLY」はややディープ気味に見えましたね。形状的にも、丸みを帯びた感じになっていました。NIKE VAPOR FLY DR FACE

ボディもややディープ気味に変更されていました。ブルー&VAPORイエローがなんか新鮮だな!!NIKE VAPOR FLY DR SIDE

後ろ姿ですが、こんもりボリューミーですね。NIKE VAPOR FLY DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめですね。それにしてもスカイブルーのクラウンとは斬新ですな!!NIKE VAPOR FLY DR TOP

今回試打したのは、オリジナルシャフト「VAPORグラファイト」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角58.5度、長さ45.75インチ、総重量309g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク4.8、中調子。試打ポジションは、ロフト角10度でニュートラル。なんかフェースが開いているように見えましたが、確認してみると1度オープンでした。NIKE VAPOR FLY DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

持ってみた感じは、やや軽めでしたね。グリップが太めだったのが印象的でしたね。ワッグルしてみると、ヘッド重量が軽めなのか、それともカウンターバランス設計なのか、D2とは思えない感じでした。実際に打ってみると、思った以上にヘッドが走る感じでしたね。やっぱりカウンターバランスなのかもしれません。どうやらクラウンが「VAPRO SPEED」よりも薄めになっているようで、より低重心になっているようです。スピン量ですが、「VAPOR SPEED」は危険領域なほど低スピンのイメージでしたが、この「VAPOR FLY」は適度に確保された感じかな。それでも、一般的なドライバーよりも少なめですけどね。クラブが球も上げてくれるし、スピン量も少なめだけどボクには適度な感じで、確実に進化を感じました。ボク的には、この「VAPOR FLY」は「VAPOR SPEED」とは別モノのイメージでしたね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、NIKE VAPOR FLY DR ST3D

こちらがその各球のデータです。NIKE VAPOR FLY DR ST

【3球平均】
HS44.6m/s、初速62.0m/s、打ち出し角13.9度、バックスピン量2476.0rpm、サイドスピン-535.8prm、飛距離232.0y
【ベスト】
HS44.1m/s、初速61.4m/s、打ち出し角14.5度、バックスピン量2704.4rpm、サイドスピン-428.5rpm、飛距離232.3y

打感はマイルド系。フェースに乗った感じの分厚いインパクトが特徴的でしたね。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。NIKE VAPOR FLY DR MST3D

弾道的には、高弾道ですね。打ち出しから高めで、スピン量もいい感じかな。「VAPOR SPEED」がお辞儀していそうな感じだっただけに、ここには確実な進化を感じました。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。左右のバラツキはボクの腕の問題ですが、出球的にはドロー系かつ高さもほぼ一緒でした。

シャフトと振り感ですが、Sでもやや柔らかめなのと、タメる感じで打っても自然にヘッドがターンする感じでした。振り抜き感もいい感じで、キッチリフィニッシュも決まりました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメですね。オートマチックに打てる感じで、多少打点がバラけてもクラブが仕事をしてくれそうなイメージ。ただし、あまりタメすぎるとシャフトが戻ってこない感じもありました。そういう意味では、ボディターンタイプでフェースの開閉が少なめなタイプにオススメかな。まぁ、打ちやすいクラブに仕上がっているのは間違いないですね。ナイキらしい革新的な色使いですが、果たしてこの色が保守的な日本のゴルファーに受け入れられるかどうかが問題かもしれません。聞くところによると、「コバート」の赤は受け入れられていたようですが、黒に戻した「VAPOR SEED」は赤を超えていないようです。ということは、ナイキユーザーにとっては、色も個性という感覚でしょうか。個人的にも「アリ」だと思いますので、動向を見守りたいですね!!

<ナイキ「VAPOR FLY」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「VAPORグラファイト」(S=56g/4.8、SR=54g/4.9、R=52g/5.0/中調子)。「VAPORグラファイト+」(S=60g/3.9/中調子)。「KUROKAGE XM60」(S=63g/3.7/中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)。「ATTAS G7 6」(S=65g/3.8/中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」(S=69g/3.8/中調子)。
■価格:「VAPORグラファイト」「VAPORグラファイト+」装着モデル各1本6万円+税。「KUROKAGE XM60」「ツアーAD GP-6」「ATTAS G7 6」「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」装着モデル各1本7万9000円+税。