どーもです。

昨日に引き続き「2016ジャパンゴルフフェア」ネタですが、今日は後編をお届けしましょう。年末年始のゴルフクラブ新製品発表ラッシュ時に入院していたため、今年の新製品をまだこの目で見ていません。そういう意味では、今年はボク自身にとっても読者目線でお届けできるのでは・・・とか思ったりして! そんなわけで、早速いっていましょう!

まずは「キャロウェイ」ですな!

空力を極めるためにボーイング社と提携して開発したという「XR16」シリーズですが、アイアンは昨年発表されていますよね。今年発表されたのは、「XR16」シリーズのウッド系と限定販売(?)のアイアン。

まずはドライバーですが、写真左が「XR16」、写真右は「XR16 PRO」。流線型ボディがいかにも空力モデルといった感じですね。「XR16」のほうが、若干後方に長めなイメージですね。2016JGF CAL XR DR MAIN

写真右の「XR16 PRO」はディープフェースになっていました。2016JGF CAL XR DR FACE

クラウンも「XR16 PRO」のほうがコンパクトですね。見た目的には、「XR16」のほうが安心感はあるかもしれませんね。2016JGF CAL XR DR TOP

続いてFWですが、これも写真左が「XR16」で写真右が「XR16 PRO」です。2016JGF CAL XR FW MAIN

フェースを見る限り「XR16」は打てそうな気配がありますが、「XR16 PRO」のディープフェース振りを見ると自信がないかも・・・(汗)2016JGF CAL XR FW FACE

クラウンですが、ボクには「XR16」のほうが安心感があるかなぁ!2016JGF CAL XR FW TOP

UTですが、このUTは「OS」となっていました。Over Size(オーバーサイズ)の略ですね。2016JGF CAL XR UT

限定販売の「XR16 OS」アイアンはこんな感じでした。2016JGF CAL XR OS IRON MAIN

ネックの曲がり方がすんごいことになっていますね!2016JGF CAL XR OS IRON FACE

トップラインも厚めでした。2016JGF CAL XR OS IRON TOP

ちょうどJGF初日が発売日でしたので、なる早で試打レポをアップします!!

続いて「ヨネックス」です。

EZONE XPGシリーズですが、こちらは現在試打クラブをお借りしていますので近く試打レポをアップしましょう。今日は見た目のみで・・・

まずはドライバーですが、X字のソールがなかなかですね!!2016JGF YONEX XPG DR MAIN

フェースですがややディープ気味かな!?2016JGF YONEX XPG DR FACE

クラウンはやや大きめでした。2016JGF YONEX XPG DR TOP

このシャフトがなかなかハードそうな気配でした。ワッグルしてみても、先端部にしっかり感があるように感じましたね! この辺は後日レポしましょう。2016JGF YONEX XPG DR SHAFT

FW2016JGF YONEX XPG FW

UT2016JGF YONEX XPG UT

アイアンはこんな感じ。2016JGF YONEX XPG IRON MAIN

セミラージフェースですね。2016JGF YONEX XPG IRON FACE

顔付きはこんな感じでした。2016JGF YONEX XPG IRON TOP

アイアンですが、「N1MB」アイアンと「N1CB」アイアンの2モデルを発見!! 「N1MB」は展示会で見たまま今日に至るまで実際に打っていませんでした(汗) この2モデルに加え、スコアラインが斜めになったUTもあるようなので、今年のヨネックスは目が離せない感じですね。写真左が「N1MB」で、右が「N1CB」です。2016JGF YONEX N1 MAIN

フェース2016JGF YONEX N1 FACE

顔付きはこんな感じ!!2016JGF YONEX N1 TOP

ボク的には結構好きな顔ですが、問題は今のボクに打ちこなせるのかどうかですね。

次は「ツアーエッジ」です。

ニューモデルは「EX9」シリーズですが、デフォルトモデルの「EX9」シリーズと「EX9ツアー」があるようですね。まずはドライバーから見てみましょう。

写真左が「EX9」、右が「EX9ツアー」です。ウエートの配置位置が「EX9」はよりネック側ですが、これはつかまりを意識してでしょうね。2016JGF TOUR EDGE EX9 DR MAIN

フェースはほぼ一緒かな!?2016JGF TOUR EDGE EX9 DR FACE

クラウンは「EX9」のほうが気持ちストレッチバック気味でしたかね。2016JGF TOUR EDGE EX9 DR TOP

FWですが、どうやら「EX9」「EX9ツアー」「EX9ロング」と3モデルあるようです。「EX9ツアー」に気が付かず、「EX9ロング」がツアーに相当するモデルかと思ってしまいました。すみませんです。2016JGF TOUR EDGE EX9 FW MAIN

フェース2016JGF TOUR EDGE EX9 FW FACE

クラウンはこんな感じ。2016JGF TOUR EDGE EX9 FW TOP

ハイブリッドはこんな感じ。2016JGF TOUR EDGE EX9 UT MAIN

明らかにツアーモデルはコンパクトですね。2016JGF TOUR EDGE EX9 UT FACE

クラウン2016JGF TOUR EDGE EX9 UT TOP

最後にアイアンですが、アイアンは打ちやすそうな雰囲気のモデルですね。2016JGF TOUR EDGE EX9 IRON MAIN

フェース2016JGF TOUR EDGE EX9 IRON FACE

顔付きはこんな感じでした。2016JGF TOUR EDGE EX9 IRON TOP

続いては「キャスコ」ですが、おもしろそうなパターがありました! その名も「RED9/9」。センターシャフトの高慣性モーメントモデルかな。2106JGF KASCO PUTTER MAIN

フェースもなかなかいいですね。2106JGF KASCO PUTTER FACE

構えてみるとこんな感じ。余談ですが、このツートンカラーのボールは、スピンを視認できるのでいいかも!?2106JGF KASCO PUTTER TOP

そして、一世を風靡したドルフィンウエッジのアイアン版「ドルフィンアイアン」を発見! これ、1度打ってみたいですね!!2106JGF KASCO DOLPHINE IRON

「ダンロップ」ブースではXXIO9がメインで展示されていましたが、このゴルフ体験主義でもすでに紹介しているので、ここでは割愛します。代わりといっては何ですが、ニューボール「XXIO UX」を紹介しておきましょう。これは、ウレタンカバーのディスタンス系ボールでした!2016JGF DS XXIO UX

次はシャフト系ですが、まずビッグニュースだったのは「セブンドリームス」が尾崎将司プロと契約したことですね。ボクはこの会見に参加できなかったのですが、使用契約ではなく、所属契約だったようです。東建から「セブンドリーム」で闘うとのことでした。2016JGF SEVEN DREAMS MAIN

最近パターもカーボンシャフトが流行りつつあるようです。そういえば、ゴルフイラストレーターの野村タケオ氏もパターにカーボンシャフトを使っていましたね。「セブンドリーム」もパター用カーボンシャフトを用意していました。2016JGF SEVEN DREAMS PUTTER SHAFT

続いて「フジクラ」ですが、こちらで注目したいのは「ZERO Speeder」。30gを切る超軽量モデルですが、持ってみるとウソみたいな軽さでした!2016JGF FUJIKURA ZERO SPEEDER

「フジクラ」もパター用シャフトを開発中で、プロトタイプが展示されていました。内径にゴムを巻き込むことで振動を抑え、よりマイルドな打感を実現しているとのことです。実際に打ってみると、確かに柔らかかった!!2016JGF FUJIKURA PUTTER SHAFT1

右は普通のカーボンシャフトですが、左側がゴムを巻き込んだシャフトです。外側3分の1くらいのところにツヤありブラックの層が見えると思いますが、これがゴムの層なんだとか!2016JGF FUJIKURA PUTTER SHAFT2

「MCI」の第2世代「MCI BLACK」も登場。また、ウエッジ用「MCI SOLID/MILD」(写真)も登場のようです。2016JGF FUJIKURA SPEEDER WEDGE

「三菱レイヨン」では、アルディラNV-JV(写真左)、ROUGE(同中央)、KUROKAGEシリーズ(写真右)がそれぞれ展示されていました。2016JGF MRC

「グラファイトデザイン」では、「GP」シリーズをフューチャー!2016JGF GD GP

「トゥルーテンパー」では、「ブルーアロイ」がドーン!!2016JGF TRUE TEMPER

グリップ系では、「ゴルフプライド」がパター用グリップを展示。今年もD・レッドベターがレッスンをしていました。2016JGF GOLF PRIDE

会場ネタ最後は「Boa」社ですが、アジア圏におけるゴルフシューズは半分以上がBoa搭載モデルなんだとか! Boa搭載ゴルフシューズは、現時点で7社から発売されているようです。2016JGF BOA

そして毎年恒例のロマロ展示会ですが、今年は「RAY V」シリーズが一新されていました。ドライバーはこんな感じ。フェース後部のミゾが気になりますな!!2016JGF ROMARO RAY V DR MAIN

フェースですが、角いっ!!2016JGF ROMARO RAY V DR FACE

クラウンはいい感じ!2016JGF ROMARO RAY V DR TOP

FW2016JGF ROMARO RAY V FW

UT2016JGF ROMARO RAY V UT

アイアンですが、構造はポケキャビ。ソールのミゾがいい感じですね!2016JGF ROMARO RAY V IRON MAIN

フェース2016JGF ROMARO RAY V IRON FACE

顔付きはこんな感じでした。2016JGF ROMARO RAY V IRON TOP

そして、新ブランド「Ballista」(バリスタ)からまずはハイブリッドが登場。アイアン型の中空構造ハイブリッドでした。2016JGF ROMARO BH001

まだ参考出展でしたが、このアイアンのほうが気になりましたわ~!!2016JGF ROMARO B501 MAIN

フェース2016JGF ROMARO B501 FACE

顔付きはこんな感じ。2016JGF ROMARO B501 TOP

この顔付きは、ビビッと来ましたわ~!!

また、数量限定モデル「RAY MC」アイアン。これもいいねぇ~!2016JGF ROMARO RAY MC MAIN

小顔~!2016JGF ROMARO RAY MC FACE

顔付きもいい感じじゃん!!2016JGF ROMARO RAY MC TOP

去年登場した「RAY-α」シリーズは驚きの飛びでしたが、「RAY V」シリーズといえばロマロの代名詞ですよね。そして、新ブランド「Ballista」の参考出展アイアンも気になりますわ~!! ロマロというメーカーは、ボクにとっては文句なしに見た目カッコいいクラブ作りをするメーカーだったりしますが、今年のモデルにもやられましたわ~(笑)

最後はパターですが、ボクってセンターシャフトモデルが好きなのかも・・・2016JGF ROMARO SCOONER PROTO

今更ですが、今年のゴルフフェアはなんと50周年記念だったのですね。それにしては、メーカーの参加が少なかったように思います。というか、出展社事態が減ったように感じました。しかし、主催者発表によれば、来場者は3日間トータルで5万5927人と対前年103.4%(前年来場者数5万4081人)だったようです。何よりも、一般来場者が4万920人と対前年104.6%(前年3万9109人)と増えていることは朗報かも知れません。

今回ボクも一般入場者のような気分でしたが、やはり各メーカーには参加していただいて、新商品を展示して欲しいですね。参加していた某メーカー担当者によれば、「試打ブースはいつもより早めに予約が埋まった」とのことでした。やはり、クラブは「打ってナンボ」なんだな~って。とはいえ、やはり見せることから始めるのもありなんじゃないかと強く感じました。

来年以降はぜひ本会場で3日間これまで通り展示会を開催し、土日は別会場で合同試打会開催とかやって欲しいですね。一般ゴルファーに対してどんなサービスを提供できるかを考慮したらいいんじゃないかと感じた次第です。

次回は「パシフィコ横浜」に会場が変わるとのことで、会場も狭くなるようですね。盛況感は出るかも知れませんが、もし都会の通勤電車のような感じだとストレスでしかないですからね。主催者の手腕に期待しましょう!