どーもです。

ナイキのニューモデル「VAPOR FLY」シリーズですが、今日は「VAPOR FLY PRO」ドライバーを紹介しましょう。これは先代「VAPOR PRO」に対応するモデルでしょうが、ボク的には昨日書いた通りこの「VAPOR FLY」シリーズは全くの別モノのイメージでしたからね。先代「VAPOR」シリーズの進化バージョンで後継モデルといった感じでした。そんなわけで、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

さぁ、困ったぞぉ!! 一体どこが違うのでしょうか。昨日紹介した「VAPOR FLY」とほぼ一緒じゃないですか! 唯一の違いは、キャビティ部分の兜の角のような部分の色が「VAPOR PRO」は黒になっているところかな。そういえば、先代もそんな感じでしたよね。NIKE VAPOR FLY PRO DR SOLE

フェースは意外にもシャローでしたわ!! 「VAPOR FLY」は三角形っぽいイメージでしたが、この「VAPOR FLY PRO」は四角っぽい感じでしたね。フェースも黒になっていました!!NIKE VAPOR FLY PRO DR FACE

ボディはややコンパクトですかね。「VAPOR FLY PRO」のほうが、重心深度は浅めな感じでした。NIKE VAPOR FLY PRO DR SIDE

後ろ姿です。クラウンのこんもり感は「VAPOR FLY」と一緒ですが、ネック側下部の処理が変更されていますね。NIKE VAPOR FLY PRO DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が小さめで、洋ナシ型ですね!! 操作性を意識した結果なのかな!?NIKE VAPOR FLY PRO DR TOP

今回試打したのは、オリジナルシャフト「VAPORグラファイト」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角58.5度、長さ45.75インチ、総重量310g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク4.8、中調子。試打ポジションは、ロフト角10度でニュートラル。これも1度オープンのようです。NIKE VAPOR FLY PRO DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

持ってみた感じはやや軽めで、グリップは太めでした。ワッグルしてみると、「VAPOR FLY」同様カウンターバランスなイメージでした。実際に打ってみると、意外だったのは打感。この「VAPOR FLY PRO」のほうが、弾き感強めに感じました。球離れも速い感じで、これは意外でしたね。固定観念といわれればそれまでですが、「PRO」と命名されたモデルのほうが打感はマイルド系なイメージだったので・・・。あと感じたのは、つかまりの違いかな。「VAPOR PRO」ドローヒッターが叩きにいっても、左を気にしなくていい感じでした。逆をいえば、フェードヒッターやスライサーがこのポジションで打ったら、さらに右に行く感じかな。まぁ、その辺はスリーブで調整できそうですけどね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、NIKE VAPOR FLY PRO DR ST3D

こちらがその各球のデータです。NIKE VAPOR FLY PRO DR ST

【3球平均】
HS44.9m/s、初速62.3m/s、打ち出し角12.9度、バックスピン量2524.2rpm、サイドスピン-171.2prm、飛距離231.1y
【ベスト】
HS44.8m/s、初速62.3m/s、打ち出し角12.6度、バックスピン量2495.9rpm、サイドスピン142.8rpm、飛距離232.3y

打感は、前述通り弾き系。球離れも速い感じでしたね。音もカンカンした感じで、いかにも弾いている感を演出していたかも。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。NIKE VAPOR FLY PRO DR MST3D

弾道的には、高めの中弾道。ボクのスイングだとプッシュアウト気味でしたが、これはボクの腕の問題ですな。でも、叩きにいってもこの感じだったので、これはおそらく左を気にせずに叩けるモデルなんじゃないかな~って思いました。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレートですがプッシュアウト系でした。まぁ、多分にボクの腕の問題が影響していそうですけ・・・。

振り感ですが、昨日紹介した通りSでもやや柔らかめ。ただし、タメる感じだとシャフトのしなり戻りがイマイチかな。ヘッド自体は「VAPOR FLY」と同じ460cm3ですが、気持ち重心距離が短めなのかフェース開閉はしやすいようにも感じました。でも、シャフトとの関係で開いたフェースは閉じにくい感じもあったように思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメですね。これは、ヒッタータイプが左を気にせずに叩けるモデルなんじゃないかと思います。「PRO」と命名されていますが、打感が弾き系ってのが、ど~も納得できませんねぇ・・・。でも、素材が一緒でも打感って変わるモノなんですね。原因は、「重心位置の違い」なのかな? いずれにせよ、フェードヒッターやスライサーはスリーブをクローズにしてつかまりを調整する必要がありそうです。

<ナイキ「VAPOR FLY PRO」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「VAPORグラファイト」(S=56g/4.8、SR=54g/4.9、R=52g/5.0/中調子)。「VAPORグラファイト+」(S=60g/3.9/中調子)。「KUROKAGE XM60」(S=63g/3.7/中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)。「ATTAS G7 6」(S=65g/3.8/中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」(S=69g/3.8/中調子)。
■価格:「VAPORグラファイト」「VAPORグラファイト+」装着モデル各1本6万円+税。「KUROKAGE XM60」「ツアーAD GP-6」「ATTAS G7 6」「Speeder661 EVOLUTIONⅡ」装着モデル各1本7万9000円+税。