どーもです。

ヨネックスのニューモデル「EZONE XPG」シリーズを試打出来ました。ドライバーからアイアンまで全て試打出来たので、今週は土曜日更新アリで「EZONE XPG」シリーズを特集しましょう! これまでのヨネックスには無かったような叩けそうなモデルの気配だっただけに興味津々! まずがドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、X字のデザインがカッコいいかも!! 後部に長そうな、いわゆるストレッチバックなデザインでした。YONEX EZONE XPG DR SOLE

フェースですが、トップラインのラウンドが特徴的。この影響でディープフェースに見えましたね。YONEX EZONE XPG DR FACE

でも、ボディはシャローかつストレッチバックです。かなりヒップダウンしているので、低重心を意識したモデルだと思います。YONEX EZONE XPG DR SIDE

後ろ姿です。YONEX EZONE XPG DR BACK

構えてみるとこんな感じでした。フェースが開いています。スペックを確認してみると、どうやら1.5度オープン!! クラウン自体の投影面積は大きめで丸形でしたね。YONEX EZONE XPG DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「EX310J」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.25インチ、総重量319g、バランスD1.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク5.0、中調子。試打ポジションは「S」でしたが、これはスタンダードでいいのかな?YONEX EZONE XPG DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると、グリップエンドに重量感があってその分カウンターバランスになっているように感じました。総重量的には、今のボクにとってもまずまずでした。ワッグルしてみると中間がしなる感じでしたが、結構先端がしっかりしていそうな気配も・・・。実際に打ってみると、まずはそのロースピン振りにビックリですね!! 見た目でも書いた通りフェース角がオープンなので叩けそうな印象でしたが、実際に打ってみてもその通りでしたね。シャフトとのマッチングも含めスイングで球をつかまえられるタイプにオススメで、最近のヨネックスには珍しいヒッター向けのモデルに感じました。ヒッタータイプが左を気にせず叩けるモデルですが、今のボクレベルならSRフレックスでも良かったかもしれません。

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、YONEX EZONE XPG DR ST3D

その各球データがこちら。YONEX EZONE XPG DR ST

【3球平均】
HS45.2m/s、初速62.7m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量2212.9rpm、サイドスピン-407.4rpm、飛距離237.3y
【ベスト】
HS45.7m/s、初速63.4m/s、打ち出し角13.6度、バックスピン量2302.7rpm、サイドスピン-605.5rpm、飛距離238.0y

打感は弾き系で、球離れもやや速めな感じでした。音も澄んだ甲高い感じで、弾き感を演出していました。

弾道はこんな感じでした。

そのスカイトラックデータがこちら。YONEX EZONE XPG DR MST3D

弾道的には、高めの中弾道でしたね。ロフト角10.5度を考慮するとなかなか硬派な弾道かもしれません。しかも、バックスピンが少なめ!! ロフト角は調整できるので、球が上がりづらいと感じた人は増やしてもいいかもしれませんね。

出球傾向はボクのスイングでほぼストレートですが、ちょっと気を抜くと右に抜ける感じがあったのも否めないですね。これはヘッドとシャフトのマッチングだと思います。その辺は後述しましょう。

そのシャフトですが、ボク的には先端部のしっかり感が印象的でしたね。中調子で中間がしなる感じはありますが、先端部のしっかり感も感じました。この辺が叩けるモデルの秘密かもしれませんが、いずれにせよヘッドとのマッチングでヒッタータイプが左を気にせず叩けるモデルであることに間違いは無いでしょうね。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じかな。オススメは、自分のスイングで球をつかまえられるヒッタータイプ。重心距離が長めのヘッドに先端がしっかりしたシャフトを組み合わせ、加えてフェース角がオープン設定なので、テイクバックをシャットに引けるタイプ向けかな。このマッチングだと1度フェースが開いたら開きっぱなしで右に抜ける可能性も大きいように感じました。季節的な問題もあるかもしれませんが、シャフトフレックス的には1フレックス落としてもいいかもしれません。というわけで冒頭書いた通り、ヨネックスにしては珍しいなかなか骨のあるモデルでした!

<ヨネックス「EZONE XPG」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ&フェース=チタン合金、クラウン=高強度軽量カーボン、ウエートビス=タングステン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「EX310J」(S=59g、SR=56g、R=54 g/5.0/中調子)
■価格:オープン価格