どーもです。

ヨネックスのニューモデル「EZONE XPG」シリーズですが、今日は「EZONE XP」を紹介しましょう。ドライバーが最近のヨネックスには珍しいヒッタータイプ向けでしたが、当然FWもそのような味付けということが想像出来ます。ということは、もし本当にそうであれば今のボクに果たして打てるのか? その辺も含めて検証してきましたので、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインはドライバーと同じ感じですね!! まぁ、当然といえば当然ですが・・・(汗)YONEX EZONE XPG FW SOLE

フェースはセミディープかな。トップラインはほぼストレートで、ドライバーとは別モノでしたね。YONEX EZONE XPG FW FACE

ボディはシャローかつストレッチバックな形状になっていました。YONEX EZONE XPG FW SIDE

後ろ姿です。YONEX EZONE XPG FW BACK

構えてみるとこんな感じ。FWもフェースが開いていますね。確認してみると、これまた1.5度オープンでした。リーディングエッジが球を拾ってくれそうな気配!YONEX EZONE XPG FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「EX310J」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43.25インチ、総重量329g、バランスD0。ヘッド体積183cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.4、中調子。試打ポジションは「S」でした。YONEX EZONE XPG FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると、総重量的にはいい感じ。このFWもグリップエンドに重量感があって、カウンターバランスのようですね。ワッグルしてみると、結構先端がしっかりしていそうな感じで、直打ちからは一抹の不安も・・・。実際に打ってみると、ボクのスイングでもとりあえず球は上がりましたね。でも、右に抜ける傾向が強かったのも否めないですかね。ヒッタータイプが左を気にせずに叩けるモデルと結論付けられますが、まぁ、ドライバーの性格を考えれば当然の結果でしょうね!

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、YONEX EZONE XPG FW ST3D

その各球データがこちら。YONEX EZONE XPG FW ST

【3球平均】
HS45.0m/s、初速59.5m/s、打ち出し角12.6度、バックスピン量3133.7rpm、サイドスピン16.4rpm、飛距離219.1y
【ベスト】
HS45.7m/s、初速60.1m/s、打ち出し角12.3度、バックスピン量3214.0rpm、サイドスピン-45.9rpm、飛距離221.1y

打感は弾き系で、球離れもやや速め。この辺はドライバーと同じイメージでした。音も澄んだ甲高い感じ!

弾道はこんな感じでした。

そのスカイトラックデータがこちら。YONEX EZONE XPG FW MST3D

弾道的には、中弾道ですね。多少芯を外しても中弾道程度に球は上げてくれる寛容性はありますね。スピン量も少ないですね~!!

出球傾向はボクのスイングでほぼストレート系ですが、やや右に抜ける感じもありましたね。

シャフトと振り感ですが、ドライバー同様先端部のしっかり感が印象的でした。ムキになって振っていくと帰って戻ってこない感じで、タメすぎず自然にタメをリリース出来ればいい感じに振り抜けそうですね。その辺は、スカイトラックデータの3球平均と動画の結果でわかっていただけるのではないかと思います。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じですね。オススメは、スイングで球をつかまえられるヒッタータイプですね。ある程度芯を外してもクラブが球を上げてくれる寛容性はありそうですが、基本的には叩けるモデルというか叩く必要があるモデル。そういう意味でも、やはりヒッタータイプ向けかな!!

<ヨネックス「EZONE XPG」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール、クラウン=高強度軽量カーボン、ウエートビス=タングステン合金
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度
■シャフト(重量/トルク/調子):「EX310J」(S=58g、SR=56g、R=54 g/4.4/中調子)※3W
■価格:オープン価格