どーもです。

ヨネックスのニューモデル「EZONE XPG」シリーズですが、いよいよ今日紹介する「EZONE XPG」アイアンがオオトリです。昨日紹介したUTはつかまりがいい感じでしたが、このアイアンは叩けるモデルなのでしょうか。それともオートマチックにつかまるモデルなのでしょうか。その辺も確認しつつ、最後にボクなりのシリーズ総括をしたいと思います。

まずは見た目から。

構造的には、ポケキャビ。しかも、360度アンダーカットキャビティ構造のようです。YONEX EZONE XPG IRON BACK

フェースはセミラージでしたね。トゥ・ヒールにやや長めにも感じました。YONEX EZONE XPG IRON FACE

ソールはワイドですが、実際にはつや消しになっている部分が接地面だと思います。トレーリングエッジは、滑っても抜けが良さそうな形状になっていました。その辺は、写真を見てもらえればわかると思います。YONEX EZONE XPG IRON SOLE

ネックはセミグース。リーディングエッジが特徴的ですね。っていうか、どこからどこまでがトレーリングエッジなんだろう!?YONEX EZONE XPG IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。トップラインが太めかつフトコロが深く、いかにもつかまりが良さそうな見た目でした。YONEX EZONE XPG IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH HT」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29.5度、ライ角62.5度、長さ36.5インチ、総重量425g、バランスD2。シャフトスペックは、重量98g、トルク2.0、中調子。YONEX EZONE XPG IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、総重量的にはやや軽めかな。軽量スチールシャフトでも「NS950GH HT」を採用ということで、これは球を上げてくれそうですね。ワッグルしてみると、若干先がしなりそうな感じでした。実際に打ってみると、まずその低スピン&高弾道は好印象でしたね。打ち出しから高弾道でそのままグングン前に行く感じでした。ちなみに、ボク的にはフェース下部でのミスヒットの寛容性が高かったように感じました。というのも、若干フェース下部気味に当たっても、しっかり球を上げてくれる感じで、距離もほぼ変わらない感じでした。

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、YONEX EZONE XPG IRON ST3D

その各球データがこちら。YONEX EZONE XPG IRON ST

【3球平均】
HS39.4m/s、初速50.4m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量3895.7rpm、サイドスピン-955.3rpm、飛距離170.4y
【ベスト】
HS39.5m/s、初速50.7m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量3931.4rpm、サイドスピン-1033.8rpm、飛距離170.8y

打感は弾き系で、球離れもやや速めでしたね。打音も「パチン」と弾いている感じでした。

弾道はこんな感じでした。

そのスカイトラックデータがこちら。YONEX EZONE XPG IRON MST3D

弾道的には、高弾道。クラブがしっかり球を上げて、かつオートマチックにつかまえてくれる感じでした。フェースを開閉するタイプよりもシャットに引いてそのまま下ろせる人のほうが合いそうですね。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。これはクラブがしっかり仕事をしてくれる感じで、シャットに上げたままそのまま下ろしてやればOKのように感じました。スピン量自体少なめなモデルなので打ち込んでもOKでしょうが、最も合いそうなのはレベルブローかな。

シャフトと振り感ですが、若干先がしなる感じで振り抜き感はいい感じでした。NSPROといえばインパクト時のグニャリ感が気になるところですが、この「EZONE XPG」アイアンはついては全く無かったですね。HTだからかな!?

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS42~43m/sにオススメ。性格的にはオートマチック系ですね。クラブがガッツリ仕事をしてくれるイメージで、ミスヒットの寛容性の高さにも注目したいですね。スチールシャフト装着モデルは、ダウンブローに打ち込んでもOKでしょうが、レベルブローのほうが曲がりも少ない感じだったかな。

最後にシリーズ総括ですが、ドライバー&FWはヒッタータイプが左を気にせず叩けるモデルですが、UTとアイアンは少なくともボクが打った限りではオートマチックにつかまるモデルのように感じました。これはボクが長いクラブが苦手なところに起因している可能性もありますけどね。そういう意味ではドライバー&FW、UT&アイアンで性格が真逆なイメージがあったのも正直なところですが、個人的には、最近ここまでオープンフェースなドライバー&FWは無かったので、ヨネックスの挑戦を支持したいですね。UT&アイアンは従来通りのイメージでした。

<ヨネックス「EZONE XPG」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:(#4~#7)クロムモリブデン鋼、(#8~SW)SUS431ステンレススチール
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH HT」(S=98g/1.6~2.0/中調子)。カーボンシャフト「EX310J」(SR=58g、R=56g/2.8/中調子)
■価格:オープン価格