どーもです。

テーラーメイドのニューモデル「M2」シリーズを試打出来ました。ドライバーからアイアンまで試打出来ましたので、それぞれお届けしたいと思います。「M1」シリーズを試打した時はその飛距離に驚きでしたが、今回の試打は季節的に寒いのに加え、いかんせん病気後ということも影響しているかもしれませんのでその辺も勘案してもらえれば幸いです。そんな状態ですが、まずはドライバーからいってみましょう。

まずが見た目から。

「M1」で採用されていた重心を左右に変えられる「フロント・ウエート・コントロール・システム」、前後に変えられる「バック・トラック・ウエート・システム」は、「M2」では不採用でした。その代わりといってはなんですが、専用開発の「スピードポケット」とソール後部にウエートが搭載されていました。TM M2 DR SOLE

フェースですが、「M1」に比較すると「M2」は若干シャロー気味になっていたように見えましたね。TM M2 DR FACE

ボディはほぼ一緒でした。ファットで、かつかなりヒップダウンしていました。TM M2 DR SIDE

後ろ姿です。TM M2 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。そもそも「M」は「Material(マテリアル)」の頭文字だったと記憶していますが、これは複合素材によるコンポジット構造でしたよね。というわけでこの「M2」も、クラウンのカーボン素材はそのまま採用されています。見た目は、「M1」と一緒ですね!!TM M2 DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M2」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.75インチ、総重量297g、バランスD3.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク4.5、先中調子。TM M2 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると、重量的には軽めですね。そのわりにはグリップが太めにも感じました。ワッグルしてみると中間から先がしなりそうな雰囲気でしたが、素振りしてみると思った以上にヘッドが効いている感じでした。実際に打ってみると、とにかくその球の上がり方がハンパ無いですね!! この辺は「M1」に比較しても、より低重心化を実現しているように感じました。今回の試打ですが、「M2」は「M1」に比較すると15g軽量化していますが、そのわりにはHSが遅くなっています。この辺は病気の影響があるかもしれませんが、3球平均のミート率が「M1」の1.38に対して、「M2」は1.39ですから、スイートエリアはより広くなっているのかもしれません。

前回「M1」ではヘッドとシャフトのマッチング、自分のスイングとクラブのマッチングが良かったと思いますが、この「M2」について、ボク的にはシャフトの差を感じてしまいました。ボクのスイングとの相性がイマイチ合わなかったように感じてしまいましたが、その辺は後述しましょう。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、TM M2 DR ST3D

その各球データがこちら。TM M2 DR ST

【3球平均】
HS44.4m/s、初速61.8m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2415.8rpm、サイドスピン-82.1rpm、飛距離238.6y
【ベスト】
HS44.4m/s、初速61.8m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量2378.8rpm、サイドスピン102rpm、飛距離240.9y

打感は弾き系。「M1」はソリッド系でしたが、この「M2」は弾き感強めで、球離れも速い感じでしたね。音はやや高めで、その辺の影響もあるかもしれませんね。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。TM M2 DR MST3D

弾道は、超高弾道!! 「M1」に比較しても球が上がりやすい感じですが、他のドライバーと比較しても上がりやすいかもしれませんね。スピン量少なめなのは、「M1」同様かな。ここまででボク的には、「M1」の軽量バージョンといった感じでした。

出球傾向は、ボクのスイングでもほぼストレート系でした。直進性が高いモデルに感じました。

振り感ですが、前述通りぶっちゃけボクのスイングにはイマイチ合わなかった感じでした。というのは、ヘッドがかなりきいている感じで、タメると微妙にヘッドが戻ってこない感じがしちゃいました。「M2」はヘッド重量自体軽量化されているようですが、シャフトはそれ以上に軽量化されているので、その辺のマッチングかもしれません。「M1」はオリジナルシャフトのデキが良かったと記憶していますが、「M2」シャフトはインパクト時のねじれ感も強めで、「M1」とはシャフトの差を感じてしまいました。リストターンタイプのヒッターには若干タイミングが取りづらいかもしれませんが、逆を言えば素直に振れるボディターンタイプのスインガーにはドンピシャかも!!

今回ボクが試打した限りは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。ボクにとっては「M2」は「M1」の軽量バージョンといった感じで、そのターゲットの違いから味付けも変わったのではないかと推測しています。「M1」はある程度叩けるヒッタータイプの使用を意識したモデルだったと思いますが、この「M2」はボディターンタイプのスインガーでもキッチリ飛ばせるモデルなんじゃないかと感じました。つまり、「M1」と「M2」は、性格的には相反するモデル。この位置付けによって全ゴルファーをカバーしようというのが、メーカーの狙いなんじゃないかなって感じた次第です。米ツアーでは「M2」のほうが使われているなんて情報もありますが、その辺は未確認なので・・・(汗)

<テーラーメイド「M2」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&フェース=6-4チタン、クラウン=グラファイト・コンポジット
■シャフト(重量/トルク/調子):「TM1-216」(S=52g/4.5、SR=47g/4.8、R=45g/5.1/先中調子)
■価格:1本6万3000円+税。
■備考:9.5度、10.5度モデルは左用あり