どーもです。

テーラーメイドのニューモデル「M2」シリーズですが、いよいよ今日紹介するアイアンがラストですね。「M1」にはアイアンの設定はありませんでしたが、「M2」はアイアンまで設定されていました。見るからにオートマチックにつかまりそうな顔つきですが、同時に安心感のある顔つきでもあります。果たして、その通りなのか? 早速、いってみましょう。

まずが見た目から。

構造的には、どうやら360度アンダーカットキャビティのようです。フェース下部にボリュームがあって、低重心化は意識しているようですね。バックフェースの2本の角のようなバーがなんともいえない格好良さを演出しているように感じました!TM M2 IRON BACK

フェースはラージフェースで、安心感たっぷりですね。ネック側上部の処理が特徴的に感じました。TM M2 IRON FACE

ソールはセミワイド。スピードポケットの存在は、もはやテーラーメイドのアイアンにとっては当然ですね。TM M2 IRON SOLE

ネックはセミグース。なんか、オートマチックにつかまりそうな感じ!TM M2 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。ちょっとフックフェースにも見えますね。トップラインが丸みを帯びているのが特徴的でした。TM M2 IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「REAX90 JP」Sフレックス装着モデルの#7 。スペックは、ロフト角28.5度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量415.5g、バランスD1.5。シャフトスペックは、重量99g、トルク1.8、中調子。TM M2 IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると重量的にはやや軽め。グリップの太さがこれまでのウッド系とは違って、太めでもなく、細めでもなく、ちょうどいい感じでした。このシャフトは初体験(だったかな?)でしたが、個人的には良い印象でしたね。スチールシャフトのわりにはしなりを感じるシャフトで、素振りしてみても振り抜き感が良さそうな感じでした。実際に打ってみると、まぁ、このロフトでこの球の上がり方は文句なしですね。最近のモデルは、ストロングロフトでもホントに良く球があがりますね。オートマチックにつかまる印象でしたが、決してつかまりすぎの印象もなく、ボクのスイングでも出球がそろう感じはグッドフィーリングですね。2球目のサイドスピンが1400rpmってのはご愛敬かな(笑)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、TM M2 IRON ST3D

その各球データがこちら。TM M2 IRON ST

【3球平均】
HS38.8m/s、初速49.5m/s、打ち出し角18.0度、バックスピン量3861.0rpm、サイドスピン-1004.7rpm、飛距離166.5y
【ベスト】
HS38.4m/s、初速48.9m/s、打ち出し角18.0度、バックスピン量3703.8rpm、サイドスピン-586.9rpm、飛距離167.1y

打感は弾き系。弾き感強めですね。球離れも若干速めに感じましたが、これはレスキューほどでは無かったように感じました。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。TM M2 IRON MST3D

弾道は高弾道。このロフトでこの球の上がり方は文句なしですわ! オートマチックにつかまる感じでしたが、決してつかまりすぎの感じではありません。実際サイドスピンも500rpm台程度でした。それにしても、バックスピンが少なっ!!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。再三書いていますが、オートマチックにつかまる感じですが、決してつかまりすぎの感じは無かったですね。

振り感ですが、スチールシャフトのわりにはしなりを感じて振りやすく、振り抜きもいい感じ。インパクト時のグニャリ感もなく好印象!

今回ボクが試打した限りは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。ダウンブローに打ち込む必要もなく、これならボディターンのスインガータイプでもしっかり球が上がってくれると思います。オートマチックに球がつかまるので、スライサーにとっては安心感タップリでしょうね。このアイアンはなかなかいい感じですわ!!

「M2」シリーズの総括ですが、「M1」とは真逆のボディターンタイプのスインガーが飛ばせるクラブのシリーズかなと感じました。「M1」はどちらかといえばヒッタータイプ向けですが、「M1はキツイかも」という人にとってはこの「M2」がオススメ。そういう意味では、「M1」は合わなかったという人をフォローするために「M2」が出たのかもしれませんが、その辺は邪推かな? もちろん、シャフトフィッティングすれば、「M1」ユーザー層もフォローできると思います。いずれにせよ、この球の上がりやすさとロースピンぶりは魅力的でした。

<テーラーメイド「M2」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:#4~#7=450SS、#8~SW=17-4SS
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「REAX90 JP」(S=103g/1.8、R=97g/1.9/中調子)。カーボンシャフト「TM7-216」(S=59g/3.0、R=56g/3.2/中調子)。
■価格:スチールシャフト「REAX90 JP」装着モデル6 本(#5~PW) セット9万6000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本1万6000円+税。カーボンシャフト「TM7-216」装着モデル6本セット10万8000円+税、単品各1本1万8000円+税。
■備考:左用あり