どーもです。

ミズノ「JPX EⅢsv」シリーズですが、今日はFWを紹介しましょう。ドライバーはつかまりを調整できるモデルでしたが、基本性格的にはつかまりがよいモデルに進化していたと思います。では、このFWはどんな感じなのか。直打ち前提のFWは、アマチュアにとっては難しささえ感じてしまう場合もありますからね。その辺も確認したいと思いますので、早速いってみましょう!

まずは見た目から。

ソールデザインですが、フェース後部に採用された「ウエーブテクノロジーソール」が採用されているせいか、先代「JPX EⅢ」というよりは「JPX850」に近い印象を受けましたね。とはいえ、両者を足して2で割ったような感じかな!!MIZUNO JPXEⅢSV FW SOLE

フェースですが、先代「JPX EⅢ」「JPX850」よりもほんの気持ちディープになっているように感じました。見た目的には、フェースの横幅(トゥ・ヒール方向の距離)も気持ちコンパクトになっていたかもしれません。しかも、ドライバー同様トゥ側の重量を抑え、ネック側にウエートを置くことでつかまりを良くしているようなので、相当つかまりを意識したモデルってことかもしれません。MIZUNO JPXEⅢSV FW FACE

ボディはシャローですね。これは先代の遺伝子を正統に引き継いだ形状かもしれません。MIZUNO JPXEⅢSV FW SIDE

後ろ姿です。MIZUNO JPXEⅢSV UT BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は、先代「JPX EⅢ」同様大きすぎず、小さすぎずで、安心感のある大きさですね。ただひとつ気になったのでは、クラウンのマーク位置。フェースセンターではなく、ややネック寄りになっているようですね。これは芯がネック寄りになっている証拠でしょうが、気になる人には気になるポイントかもしれません。MIZUNO JPXEⅢSV FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Orochi Light」SRフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角61度、長さ43インチ、総重量310g、バランスD2。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.4、先調子。MIZUNO JPXEⅢSV FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみると、ドライバー同様今のボクにとっても軽めで、やはりグリップも細め。ワッグルしてみるといかにも先がしなりそうな感じ、素振りしてみてもその感覚通りでした。この辺はドライバーと同じようなイメージでしたが、それはそれでいい感じ!! 実際に打ってみると、クラブがガッツリ球を上げてくれるので、この辺はドライバー同様文句なし。特に直打ちからでもガッツリ球を上げてくれるのは、ボクらアマチュアにとってはうれしい限りですね。前作に比較してつかまりが良くなっている感じは実感できましたが、FWはシャフトフレックスがSRということで、これは一般的なRフレックス程度の硬さ難じゃないかと感じました。その辺の影響か、3球でさえも弾道がバラバラって・・・(汗) クラブのせいでなく、ボクのスイングのせいかな(笑) でも、なかなかの飛距離ですな!!

スカイトラックの弾道データがこちらで、MIZUNO JPXEⅢ SV FW ST3D

その各球データはこんな感じでした。MIZUNO JPXEⅢ SV FW ST

【3球平均】
HS44.2m/s、初速60.6m/s、打ち出し角14.2度、バックスピン量3177.4rpm、サイドスピン-561.8rpm、飛距離223.7y
【ベスト】
HS44.3m/s、初速61.6m/s、打ち出し角13.6度、バックスピン量2662.3rpm、サイドスピン-1037.0rpm、飛距離225.2y

打感は、やはり弾き系。ドライバーほど球離れの速さは感じませんでしたが、一般的なFWに比較すればやや速めかな・・・!? 音も、ドライバー同様落ち着いた中高音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。MIZUNO JPXEⅢ SV FW MST3D

弾道は高弾道。ドライバー同様文句なしの高弾道ですね。先が走る感じなので球はしっかり上げてくれますが、そのわりにはスピン量少な目に感じました。

出球傾向ですが、ボクのスイングでハイドロー系。つかまりがいい感じでしたね!!

シャフトと振り感ですが、これはドライバー同様シャフト的には先がしなってヘッドが走る感じでした。そういう意味は、ボクのようにタメるタイプにはタイミングがあわないと右に抜ける感じもありましたが、振り抜きがいいので気持ちよく振れるんじゃないかと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにオススメ。ドライバーのような調整機能は付いていませんが、クラブの性格的にはオートマチック系クラブで働きモノですね!! 直打ちでこれだけしっかり球を上げてくれると、安心感はあるでしょうね。スイングタイプ的にはボディターン系のスインガータイプ、持ち球的にはフェード系もしくはスライス系の人にオススメ。先代以上につかまりを意識したモデルだと思います。

<ミズノ「JPX EⅢ sv」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(SUS630)、フェース=高強度マレージングステンレススチール(NSSHT1770M)
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W-21度、9W=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Orochi Light」(S=53g/4.4、SR=48g/5.0、R=43g/5.5/先調子)
■価格:3万8000円+税