どーもです。

ミズノ「JPX EⅢsv」シリーズですが、今日はUTを紹介しましょう。先代JPX EⅢもつかまりが良いモデルだったと記憶していますが、ドライバー&FWの印象から行くと、ボクにとっては「つかまりすぎ」がちょっと気になるところです。その辺も含めてレポしたいと思います。

まずは見た目から

ソールデザインですが、これはFW同様「ウエーブテクノロジーソール」採用。しかも、トゥ側の軽量化&ヒールウエート装着で、つかまりを意識した形になっていました。MIZUNO JPXEⅢSV UT SOLE

フェースですが、これはFW同様先代「JPX EⅢ」「JPX850」よりも若干ディープかつトゥ・ヒール方向にコンパクトになっているように見えました。MIZUNO JPXEⅢSV UT FACE

ボディはシャローですね。しかも、かなりヒップダウンしているようにも見えました。MIZUNO JPXEⅢSV UT SIDE

後ろ姿です。MIZUNO JPXEⅢSV UT BACK

構えてみるとこんな感じ。どちらかといえば「JPX850」よりも先代「JPX EⅢ」の遺伝子を色濃く受け継いでいるような形状ですが、先代との違いはトゥ側フェースの切り方ですかね。本作のほうが、若干ボリュームがあるような形状に仕上がっていました。MIZUNO JPXEⅢSV UT TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Orochi Light」SRフレックス装着モデルの4U。スペックは、ロフト角22度、ライ角61.5度、長さ39.75インチ、総重量339g、バランスD0。ヘッド体積110cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.5、先調子。MIZUNO JPXEⅢSV UT SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

持ってみると、重量的には軽め。グリップはやや細めですが、ドライバー&FWほどではなかったかもしれません。長さ的にちょっと短めに感じましたが、ワッグルしてみた感覚はドライバー同様先がしなりそうな気配でした。実際に打ってみると、これはつかまりますわ~!! ボクのスイングだと、強めのドロー(っていうかフックですな!!)でサイドスピンが3球とも1000rpm越え!! シャフトの設定もUTからはSR以下ということで、この辺はゆったりスイングタイプをターゲッティングしているということですかね。球を上げてくれるのはOKですが、これはさすがにボクにとってはつかまりすぎかも・・・

スカイトラックの弾道データがこちらで、MIZUNO JPXEⅢ SV UT ST3D

その各球データはこんな感じでした。MIZUNO JPXEⅢ SV UT ST

【3球平均】
HS40.2m/s、初速53.8m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量3771.7rpm、サイドスピン-1259.1rpm、飛距離186.8y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速53.2m/s、打ち出し角18.2度、バックスピン量3173.0rpm、サイドスピン-1288.0rpm、飛距離189.1y

打感は、弾き系。FWと同じような感じかな。音は、一貫して落ち着いた中高音系。この辺は、さすがですね。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。MIZUNO JPXEⅢ SV UT MST3D

弾道は高弾道。ガッツリ球を上げてくれますが、同じくガッツリ球をつかまえてくれます。オートマチックにつかまる感じなので、ボク的には右手前に打ち出すイメージでちょうどいい感じのようにも感じました。

出球傾向ですが、ボクのスイングでハイフックでした。オートマチックにつかまる感じですが、ボクにとってはつかまりすぎに感じてしまいまいた。

シャフトと振り感ですが、短めの設定のせいかドライバー&FWほど先のしなり感はなかったように思います。もしかしたら、その辺を感じて自分につかまえにいったのかもしれませんが、今となってはどっちなのかはわかりませんのであしからず・・・。って、すみませんです(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにオススメ。性格的にはオートマック系で、ガッツリ球を上げてくれるし、ガッツリつかまえてくれます。オートマチック系クラブはマニュアル系と違ってはスイングのミスにリニアに反応しないので、そのクラブの性格というかクセを把握していれば対処できるので、想定外のミスというのは起こりづらいというのも利点だと思います。ボクにとってはつかまりすぎの傾向が強いので、その辺を勘案して右に打ち出せればOKなんじゃないかなって思いました。まぁ、スイングタイプと持ち球的には、ボクと真逆で、ボディターンタイプのスインガーでスライサー向けですね。

<ミズノ「JPX EⅢ sv」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(SUS630)、フェース=高強度マレージングステンレススチール(NSSHT1770M)
■ロフトバリエーション:3U=19度、4U=22度、5U=25度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Orochi Light」(SR=50g/4.5、R=45g/5.0/先調子)
■価格:3万6000円+税