どーもです。

ミズノ「JPX EⅢsv」シリーズですが、いよいよアイアンに突入です。この「JPX EⅢ sv」シリーズも先代同様2モデルが用意されていますが、今回は「ホットメタル」「チタンフェース」となっていました。先代は「ホットメタル」「フォージド」でしたよね。まずは「ホットメタル」から紹介したと思いますので、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

今回の「JPX EⅢ sv ホットメタル」アイアンですが、先代「JPX EⅢホットメタル」アイアンとは見た目でも全くのベツモノの感じですね。先代はトゥ・ヒールに長めで縦幅は無かったのですが、新作は縦幅もかなり確保されていました。そして、バックフェースのネック側にニュッとポケットが設定されていました。MIZUNO JPXEⅢSV HM BACK

フェースはセミラージ。先代もセミラージなイメージでしたが、先代はいかにも低重心を意識したシャローな見た目でしたが、新作は全体的に大きくなったように感じます。この辺こそ進化かもしれませんね!!MIZUNO JPXEⅢSV HM FACE

ソールも先代同様のセミワイドですが、根本的に別モノのイメージでした。トレーリングエッジの形状が別モノ!!MIZUNO JPXEⅢSV HM SOLE

ネックはグースネック。新作はかなり重心深度が深めに見えました。MIZUNO JPXEⅢSV HM SIDE

構えてみるとこんな感じ。トゥがツンと立った感じとグースネックの影響でフトコロが深く、つかまりが良さそうな見た目でした。MIZUNO JPXEⅢSV HM TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Orochi Light」SRフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量373g、バランスD0。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.2、先調子。MIZUNO JPXEⅢSV HM SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず今回の「ホットメタル」アイアンは、デフォルトモデルがカーボンシャフトのみに変更されていました。スチールシャフトは別注対応でした。持ってみると重量的には軽めですが、グリップが太め。これは意外でしたね。つかまりを意識したモデルはグリップが細くなる傾向がありますが、そういう意味で意外だったかも。ワッグルしてみると、先端部が走ってヘッドが走りそうなイメージでした。実際に打ってみると、まずその打感に驚き!! かなりカンカンした弾き感満載な打感で、「あれっ、こんな打感だったけ?」と過去のブログを読み返してみましたが、「好き嫌いが分かれるかも…」って。今回の「JPX EⅢ svホットメタル」アイアンも、そういう意味では好き嫌いが分かれるかもしれませんね。でも、高弾道で飛びますわ~!!

スカイトラックの弾道データがこちらで、MIZUNO JPXEⅢ SV HM ST3D

その各球データはこんな感じでした。MIZUNO JPXEⅢ SV HM ST

【3球平均】
HS39.2m/s、初速50.1m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量3585.4rpm、サイドスピン-778.0rpm、飛距離174.0y
【ベスト】
HS39.5m/s、初速50.7m/s、打ち出し角17.7度、バックスピン量3679.9rpm、サイドスピン-911.7rpm、飛距離175.9y

打感は、前述通りかなりの弾き系。超球離れが速く、音もカンカンした感じの甲高い音でしたね。ん~、やっぱり、好き嫌いが分かれそうな気配…

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。MIZUNO JPXEⅢ SV HM MST3D

弾道は高弾道。ロフト角を考えればガッツリ球を上げてくれますね。先代はスチールシャフトだったので単純比較はできませんが、球のつかまりが抑えられているようなイメージでした。この「JPX EⅢsv ホットメタル」アイアンは若干手元にしっかり感がありましたね。スピン量少なめで、グングン前にいってくれる感じはいいかも!

出球傾向ですが、ボクのスイングでハイドロー系。UTほどつかまる感じがなかったのは、ボクにとっては安心して振っていける感じでした。

シャフトと振り感ですが、若干手元にしっかり感がある感じでしたね。実際、重量的にも軽量級なので振っていけますが、そのわりには球筋が暴れない感じでしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS36~38m/sあたりにオススメ。性格的にはやはりオートマック系でガッツリ球は上げてくれますが、つかまりは先代ほどオートマチックにつかまるイメージはなかったかもしれません。先代はつかまり過ぎの傾向もあったので、ボク的にはこれはこれで進化だと思いますが、ボクと真逆のスライサーにとってもつかまり過ぎないのはいいことでしょうね。これもボディターンタイプのスインガーで、持ち球的にはフェードヒッターがハイドローを打ちやすいモデルって感じかな。打感が気になるところですが、とにかく飛距離的にはメチャクチャ飛ぶので、アイアンでも飛距離重視のプレーヤーにオススメです!!

<ミズノ「JPX EⅢ sv ホットメタル」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:5▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ソフトステンレス(SUS431)、フェース=高強度マレージングステンレススチール(C465)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Orochi Light」(SR=50g/4.5、R=45g/5.0/先調子)
■価格:5本(#6~PW)セット13万円+税、単品(#5、GW、SW)各1本2万6000円+税。