どーもです。

マルマン「マジェスティ ヴァンキッシュ」シリーズのFWとアイアンを試打できましたので、レポートしたいと思います。まずはFWですが、見た目的にはディープフェースでなんだか難しそうなオーラを感じます。果たして、ボクに打てるのでしょうか? 早速、いってみたいと思います。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、奇をてらうことないシンプルなデザインですね。やや小振りなヘッドに見えました。MARUMAN MJVQ FW SOLE

フェースはディープフェースです。フェース面のミーリングデザインがまた何ともいえないですね。トゥ・フェースの色が変わっていますが、この辺は素材が違うのかな!?MARUMAN MJVQ FW FACE

ボディもディープでハイバック。シンプルですが、なんか手強そうな雰囲気も・・・MARUMAN MJVQ FW SIDE

後ろ姿です。MARUMAN MJVQ FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積もやや小さめで、しかも洋ナシ型。見た目的には硬派なモデルっぽいオーラをビンビンに感じます。MARUMAN MJVQ FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「HV310」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ58度、長さ42.75インチ、総重量325g、バランスD3。ヘッド体積185cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク4.2、先中調子。MARUMAN MJVQ FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、重量的には気持ち軽めかな。グリップはいい感じの太さでした。ワッグルしてみると意外としっかり感があって、素振りしてみるとヘッドの効き方がいい感じで、振り抜きがいい感じでした。これは後でわかりましたが、一般的な3Wよりも0.25インチ短いようで、その影響かもしれませんね。実際に打ってみると、とにかく強弾道!! スピン量もいい感じで直進性が高く、その強弾道振りに驚きましたね。スピン量確保については、フェースに加工された模様の影響か・・・!? でも先中調子にはしては、球の上がり方がイマイチだったようにも感じました。直打ちの平均打ち出し角が11.6度というのはちょっと不本意でした。でもこれは、多分にボクのスイングに問題があるはずなので・・・。見た目でディープフェースなので「叩かないと!!」という意識が働いてしまったのかもしれません。それにしても、この強弾道振りは感動モノですわ!!

スカイトラックデータがこちらで、MARUMAN MJVQ FW ST3D

その各球データがこちら。MARUMAN MJVQ FW ST

【3球平均】
HS42.1m/s、初速60.2m/s、打ち出し角11.6度、バックスピン量3223.9rpm、サイドスピン-396.3rpm、飛距離222.6y
【ベスト】
HS41.5m/s、初速60.4m/s、打ち出し角12.0度、バックスピン量3042.0rpm、サイドスピン-571.5rpm、224.5y

打感は、弾き系。打音が若干高めに感じたので、その影響もあるかもしれませんが、まぁ、弾き系が主流の今となっては、違和感のない感じでした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。MARUMAN MJVQ FW MST3D

弾道は中弾道でしたね。直打ち前提のFW的にはもうちょい上がった方がいい感じもしましたが、繰り返しになりますが、これはボクのスイングの問題もあるでしょうからね。スピン量には、世の中のクラブが減少傾向にあるなか、しっかり確保されている感じでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでも見た目はほぼ真っ直ぐなストレート系。左右の曲がり幅は少ないかもしれません。

シャフトと振り感ですが、シャフト的には手元側に重心位置があるのか、ダウンでは素直に下りてきて、そこから中間から先のあたりがしなってヘッドを走らせてくれるイメージでした。先中調子のシャフトに対してバランスD3と重めですが、振り遅れることなくヘッドが戻ってきてくれる感じで、これはシャフト長の影響かもしれませんね。たかが0.25インチ、されど0.25インチかも!?

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりに合いそうな感じでした。ボクレベルのヒッターなら充分使えそうなイメージでしたが、どちらかというとボディターンタイプでレベルブローに打てる人ならもっと球も上がりそうかなと思いました。マジェスティといえばマルマンのフラグシップモデルですが、スペック的にはボクら40代後半にとってはアンダースペックなイメージがありました。ここ数年「ロイヤルブラック」シリーズの登場や今回試打した「ヴァンキッシュ」シリーズの登場もあって、スペック的には、手を出しやすくなっているイメージはあります。問題は価格ですね。この3Wも定価は7万5000円+税とドライバー並みの設定。「飛距離は金で買え!」か!?

<マルマン「マジェスティ ヴァンキッシュ」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:7▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ソール=6-4チタン+高比重タングステン、フェース+ネック=6-4チタン、クラウン=6-4チタンGrade5
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「HV310」(S=59 g/4.2、SR=54g/4.3、R=52g/4.3/先中調子)
■価格:3W=7万5000円+税、5W・7W=6万5000円+税。